彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

月刊(特集)

2015年で大方向転換を余儀なくされた全日本女子バレーボールチーム。 だが、古賀、宮部選手の台頭や長岡望悠選手のエースとしての独り立ち。島村、大竹選手の成長など、翌年に繋がる明るい要素は多かった。 それを踏まえての2016年。 そう、目指すはリオデジャネイロオリ
『月刊 大長編 第二期眞鍋Japanとは何だったのか?④2016年』の画像

2014年、ハイブリッド6の頓挫により暗礁に乗り上げた全日本女子バレーボールチーム。 果たして、以後はどのような戦術が取られるのか、2015年は以後の進路も含め色々な意味で注目が集まった。 ・セッター 古藤千鶴選手(久光製薬スプリングス) 土田望未選手(上尾メディ
『月刊 大長編 第二期眞鍋Japanとは何だったのか?③ 2015年』の画像

MB1の一応の成功で、メダル圏内のチームであることを再認識させた第二期眞鍋Japan。 毎年の全日本の活動開始は、まるでF1の開幕戦を思わせる華やかさと熾烈さ。 Vリーグの各チームや、大学、高校から精鋭が集まってくる。 新戦力テストの色合いが濃かった2013年からメン
『月刊 大長編 第二期眞鍋Japanとは何だったのか?② 2014年』の画像

ロンドンオリンピックが終わった2013年。 喜びも束の間、眞鍋JAPANは次なる準備を余儀なくされた。 オリンピックでの銅メダルは、勿論、続投を意味する。 求められるのは銅メダル以上。 国内の人気も後押しし、その機運は高まった。 ニッポンのお家芸の復活。 さあ、
『月刊 大長編 第二次眞鍋JAPANとは何だったのか?①2013年』の画像

↑このページのトップヘ