彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

シリーズ(単発・不定期連載)

※記載の内容はフィクションです。 「やったぁ! 今日はステーキ、ステーキ」 「ママ、やったよ」 「良い子ね、後で千歳飴あげるからね」 「えーと、昨日のご飯代、確か払ったよね」 「お嬢さん、ワルツを一緒に」 「アスさん、ちょっと痛い…」 「パ
『踊る大バレーボーラー 3rd season』の画像

※OGを足してしまうときりがないので、現役のみにします。 バレーボール選手の多くは「名門校」出身です。 全国には数多くの名門校がありますが、その多くは優勝候補として名を連ね、その中の一校が高校三冠(春高、インターハイ、国体)の頂点に名を連ねます。 特に春
『九文だよ、全員集合  〜そうです私が九文です〜』の画像

※OGを足してしまうときりがないので、現役のみにします。 バレーボール選手の多くは「名門校」出身です。 全国には数多くの名門校がありますが、その多くは優勝候補として名を連ね、その中の一校が高校三冠(春高、インターハイ、国体)の頂点に名を連ねます。 特に春
『成徳だよ、全員集合 ~そうです私が成徳です~』の画像

※OGを足してしまうときりがないので、現役のみにします。 バレーボール選手の多くは「名門校」出身です。 全国には数多くの名門校がありますが、その多くは優勝候補として名を連ね、その中の一校が高校三冠(春高、インターハイ、国体)の頂点に名を連ねます。 特に春
『東龍だよ、全員集合 ~そうです私が東龍です~』の画像

2014年、ハイブリッド6の頓挫により暗礁に乗り上げた全日本女子バレーボールチーム。 果たして、以後はどのような戦術が取られるのか、2015年は以後の進路も含め色々な意味で注目が集まった。 ・セッター 古藤千鶴選手(久光製薬スプリングス) 土田望未選手(上尾メディ
『月刊 大長編 第二期眞鍋Japanとは何だったのか?③ 2015年』の画像

MB1の一応の成功で、メダル圏内のチームであることを再認識させた第二期眞鍋Japan。 毎年の全日本の活動開始は、まるでF1の開幕戦を思わせる華やかさと熾烈さ。 Vリーグの各チームや、大学、高校から精鋭が集まってくる。 新戦力テストの色合いが濃かった2013年からメン
『月刊 大長編 第二期眞鍋Japanとは何だったのか?② 2014年』の画像

ロンドンオリンピックが終わった2013年。 喜びも束の間、眞鍋JAPANは次なる準備を余儀なくされた。 オリンピックでの銅メダルは、勿論、続投を意味する。 求められるのは銅メダル以上。 国内の人気も後押しし、その機運は高まった。 ニッポンのお家芸の復活。 さあ、
『月刊 大長編 第二次眞鍋JAPANとは何だったのか?①2013年』の画像

※内容は全てフィクションです。 人間は感極まると、どうやら踊り出すらしい。 それは、万国共通なのだが…。 宝くじで三等当たっちゃったー! 「えっ、マジー!?」 「気のせいか、私、小さくなったような気がする」 「今年も、いつもよりも多く回しておりま
『踊る大バレーボーラー リターンズ』の画像

慌ててバレー界を変えたいのかい? 何で? お金がないからだってさ ふうん、そうかい みんな良い方向に変えたいさ 君らが望むのは進化なのかい ふうん、そうかい みんなバレー界を良い方向に変えたいさ でも独善はごめんだぜ そんなのには付き合えないよ 世の
『レボリューション (一部改編)』の画像

今年もたくさんの皆さまにご愛顧頂き、誠に有難うございました。 来年も様々なことがあるとは思いますが、バレーボール界にとって、ファンの皆さまにとって、希望に満ち溢れる2017年でありますよう、心からお祈り申しあげます。 昨年に引き続き、今年も皆さま方のご多幸と
『笑顔でさようなら、笑顔でこんにちは2017』の画像

↑このページのトップヘ