彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

ここが変だよ、女子バレーボールの世界

Vリーグの各チームを率い、戦略の根幹を司るのが監督だ。 主役があくまで選手ならば、監督は管理職であり指揮官。それぞれ采配や指導方針が異なる。 それが各チームのカラーとなっているのだが、今回はVプレミアリーグの各監督について、印象を述べてみる。 ・日立リヴ
『ここが変だよ、女子バレーボールの世界 11th 監督(前編)』の画像

二年後に控えたスーパーリーグ。 だが、問題も山積み。 プロリーグ参加表明も今月末。 で、気になることがひとつ。 外国人枠だ。 これはプロリーグだけの問題ではない。 日本のプロスポーツ全体が抱える問題。 日本はかつて260年も続いた鎖国政策のなごりかどうかは
『ここが変だよ、女子バレーボールの世界 10th  〜外国人枠〜』の画像

バレーボールの試合を見に行く時にいつも思うことがある。 リーグや会場別で料金が異なることだ。 どの世界にも相場というものがある。 例えばプロ野球。 東京ドーム・野球料金表 神宮球場・野球料金表 上記は東京ドームと神宮球場のチケット代を比較したものだ
『ここが変だよ、女子バレーボールの世界  9th  収益』の画像

Vリーグにはチャレンジリーグというものがある。 平たく言うと、Vプレミアリーグを頂点とするVリーグの下部組織、と言えば分かりやすい。 ■ 現行の組織体系 ・Vプレミアリーグ(Vリーグ最高峰) ・VチャレンジリーグⅠ ・VチャレンジリーグⅡ ※2015/16シーズン
『ここが変だよ、女子バレーボールの世界 8th  〜チャレンジリーグ〜』の画像

この記事をご覧の方で、実際にバレーボールの試合を見に会場へ足を運ばれたことのある方はどのぐらいいらっしゃるだろうか? その中で大別すると、下記の通りとなる。 ・全日本女子バレーボールチームの試合だけ見に行かれる方…★ ・全日本もVプレミアリーグも見に行か
『ここが変だよ、女子バレーボールの世界 7th  〜ファン層とファン心理〜』の画像

70年なら一瞬の夢さ やりたくねえ事 やってる暇はねえ やりたくねえ事 やってる暇はねえ 冗談みたいな世の中だからさ 頭にくるぜ 冗談みたいな世の中だからさ やりたいようにやらせてもらうぜ やりたい放題 やらせてもらうぜ ブルースをけとばせ 運命なんて自分で決
『ここが変だよ、女子バレーボールの世界。 6th 〜トレンド〜』の画像

お気に入りや愛用品が見つかるのは嬉しいことだ。 デスクワークの仕事柄、革靴は必須なのだが、 筆者の足は幅広で、高かろうが安かろうが、どんな靴を買っても1年持たなかった。 ところがある時、無造作に選んだ靴が凄くフィットした。ASBEEという自社ブランドの靴で1万
『ここが変だよ、女子バレーボールの世界。5th ~ブログ~』の画像

何だかんだで日本のプロスポーツの中で一番メジャーなのはプロ野球だ。 勿論、プロ野球ファンといっても同じではない。 12球団ある。 阪神ファンの集まりの中でうっかり巨人の話をしようものならば、たちまち居場所がなくなる 阪神ファンのたまり場の飲み屋さんやスポー
『ここが変だよ。女子バレーの世界。4th ~バレオタ~』の画像

女子バレーボールの世界は、ある意味一般人に近く、ある意味渡世離れしている。 その理由は色々あるのだか、概ね「大きい」ことに起因する。 日本の球技で、長身選手は概ねバレーボールとバスケットボールに二分される。 かつてツイートで「随分昔のことだが、新百合ヶ丘
『ここが変だよ。女子バレーの世界。3rd  〜心優しき現代版ガリバー旅行記〜』の画像

バレーボールはスポーツ。 競争だから、当然火花が散る。 言うなればスポーツは 負けず嫌い王決定戦。 選手は気が強くて当然なのだが 全部が全部、そういう訳ではない。 例えば、負けん気を全面に出す 現役選手と言えば 近江あかり選手 竹田沙希選手 そして、佐藤あり
『ここが変だよ。女子バレーの世界。2nd ~強すぎる女たち~』の画像

↑このページのトップヘ