彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

バレーボール夜話

たまにはこの際だから、バレーボール夜話でも全く違う話、それも昼間のブログ徒然草で漏れた部分について書いてみます。 そう、「女子バレーはなぜ人気があるか?」 前から謎でした。 というのも、スポーツ写真撮影とかも、あまり他の競技では聞かない話だし、「何故女子
『バレーボール夜話 Vol.209 女子バレーは何故人気があるか?』の画像

全日本男子が深津英臣選手をキャプテンとして始動する中、今日は女子バレー界の移籍報道が賑わせた。 今日のWeekly Volleyballでも、PFU、東レの退団選手の記事を書かせて頂いたが、この方は寝耳に水である。 鳥越未玖選手のNECレッドロケッツからの退団が発表されたか
『バレーボール夜話 Vol.208 嵐の船出、全日本』の画像

あっちでもこっちでもバレーボール、そんな1日でしたね。 正直、世界クラブ選手権最終日、行く気になれば行けましたが、昨日のダメージが残っているので回避しました。 三階席でもいいかな、とは思いましたが、NECと久光のカード見ちゃうと、結局ファイナルまでいて、戻っ
『バレーボール夜話 Vol.207  世界のバレーボール』の画像

世の中は百聞は一見にしかず、という。 今日、世界クラブ選手権に行ってきたものの、正直、色々なことがあって、何から話せば良いのやら。 全部書くと、ただの道中記になってしまうので、要点だけかいつまんでお話する。 今回、不入り不入りと言われたいる世界クラブ選
『バレーボール夜話 Vol.206 色々なことがあった世界クラブ選手権』の画像

NECとエジザージュバシュとの試合を見て、ふと「またラーソン選手か」とふと思った。 日本とアメリカとの大事な試合には常にラーソン選手がいて、全日本でも再三苦杯を飲まされています。 ラーソン、ネスリハン、コシェレワ、アクマン選手ら、国際試合の各国の代表と思
『バレーボール夜話 Vol.205 これから』の画像

今日は世界クラブ選手権の休養日。 久光製薬スプリングスとNECレッドロケッツを除く、全てのVリーグのチームがオフ。 その様子は、なんだか学校の春休みのよう。 日本全国津々浦々、いや世界中で選手はホリデー真っただ中。 休暇の過ごし方は人それぞれ。 アクティブな
『バレーボール夜話 Vol.204 風薫る5月。』の画像

世界クラブ選手権にバレー関係者が続々集結している。 JTの吉原監督、PFUの寺廻監督。 そして、全日本のコーチに就任した フェルハト・アクバシェさん。 木村沙織さんも来ていた。 吉原監督は試合のない時でも、よく他チームの試合を偵察しているのをお見かけする。
『バレーボール夜話 Vol.203 もっと注目されるべき試合』の画像

いよいよ始まった世界クラブ選手権。 正直、あのNECがサーブで崩され、調子を取り戻すことが出来ぬまま敗れたのはショックだった。 相手は世界屈指のチーム。 厳しい闘いになることは予想されていたが、正直、ニコロバ選手がいたら、どうなっていたかと頭をよぎった。 N
『バレーボール夜話 Vol.201 高さ、パワー差、経験値』の画像

遂に唯一の毎日レギュラー企画、バレーボール夜話も記念すべき200回を達成しました。 平素ご愛顧頂いている皆様、誠に有り難うごさいます。 近いうちに200回達成特別企画とかやれたらと思います。検討中ですので、楽しみにして頂けたらと思います。 ここからはいつもの感
『バレーボール夜話 Vol.200 ここまで違う、男子と女子』の画像

黒鷲旗の決勝戦に向け 一足早く関西に来たが 来て早々に関東との違いを味わった。 関西は何度か脚を運んだものの、大阪に脚を 踏み入れるのは実は始めて。 京都には数年前に行ったことがあるが、大阪は一見東京と同じ都会ではあるか、似ているようで全く似ていない。
『バレーボール夜話 Vol.199 初大阪ととんぼ返り』の画像

↑このページのトップヘ