彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

バレーボール夜話

今年のVプレミアリーグ開幕戦は2試合×2日間という日程でスタートした。 昨年の開幕戦は久光vs日立による前年優勝×準優勝チームの激突だったが、1日2試合ぐらいがベストなのかもしれない。 昨年のスタイルだとセレモニーやイベントに時間を割けるが、その分、初日が1試
『バレーボール夜話 Vol.368 来年に向けての「今年」』の画像

Vプレミアリーグの開幕戦が終わり、いよいよこれからが長くて短いシーズンの始まりです。 が、この時期は、筆者個人にとってある意味憂鬱な時期です。 試合詳細があまりにも重労働だからです。で、ある時ふと思いました。 「これ、本当に必要なのだろうか?」と…。 そん
『バレーボール夜話 Vol.367 マイフェイバリットを探せ!』の画像

バレーボールって面白いなあ、と思った今日の試合。 まず、日立とJTの試合。 JTの開幕セッターは柴田選手でした。  国際経験も豊富な良い選手なんですが、第一セットを接戦で落として、ちょっと苦しかったです。 結局、第三セットから田中美咲選手に変え、形成逆転しました
『バレーボール夜話 Vol.366 まず、一試合。』の画像

まだ全チームの試合を見た訳ではないので、なんとも言えませんが、少しだけ分かりました。 正直、ビックリしたのがNECです。 完敗したからではありません。 思いきったオーダーを組んできたからです。 ちなみに9月時点で予想した開幕戦のオーダーはこうでした。 ・NECレ
『バレーボール夜話 Vol.365 謎解き』の画像

今日の会社でのこと。職場で席が対面の人から「休みの日は何してるんですか?」と聞かれ「バレーボール見に行ったりしてます」と言う。こういう時、大抵の場合「へー!」となる。この「へー!」はどういう意味かというと「珍しいね」の意味だ。こういう時、大体の場合知って
『バレーボール夜話 Vol.364 結果ありき、そしてエナジー』の画像

Vプレミアリーグの開幕を前に、ツイッターのタイムラインが賑わってきました。 あれは楽市楽座みたいなもので、関税とかなく自由に行き来が出来るから人が集まります。 勿論、その中でも耳よりな話があれば、「行ってみよう」、「やってみよう」と思う人が続出するでしょう
『バレーボール夜話 Vol.363「怖さ」と「涙もろさ」』の画像

いよいよ待ちに待ったVプレミアリーグの開幕が迫って来ました。 全日本の活動終了後、なんか物足りなさを、感じていた方も多いと思いますが、今年は世代交代の時期。 思わぬニューヒロインも登場するのではないかと楽しみです。 さて今日は、Vプレミアリーグの開幕が迫って
『バレーボール夜話 Vol.362 遠征』の画像

いよいよ開幕間近となってきたVプレミアリーグ。 僭越ながら、今週末は会場応援にいきます。 今年は仙台・ゼビオアリーナ仙台で迎える開幕戦。 果たして、最終戦となるファイナル。 東京体育館へ駒を進めるのはどのチームか? 昼間の記事ではありませんが、メディアも
『バレーボール夜話 Vol.361 開幕前』の画像

バレーボールのテレビ、動画視聴の楽しみに解説がある。主に川合俊一さんや大林素子さん、竹下佳江さんが務めることが多いのだが、やはり解説にも個性がでる。 川合さんはバラエティーなどテレビ慣れしているので一般的には普及している。 ところが先日、グラチャンの男子バ
『バレーボール夜話 Vol.360 解説』の画像

去年は、何となくどんなリーグになるのか、イメージが湧いた。今年はサッパリ湧かない。どうなるのか、さっぱり分からない。ただ、結局のところ勝負は水物。やってみないと、分からない。楽しみは、沢山ある。だが、不確定要素が多くて、よく分からない。序盤は体制変更が少
『バレーボール夜話 Vol.359 行き先は未知』の画像

↑このページのトップヘ