彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

バレーボール夜話

スポーツは結果が全てだ。 だから、反応がダイレクトに繋がる。 ただ、世の中には後に評価されるものもある。 スポーツでも後に評価される場合が全くない訳ではない。裏方に回るコーチやアナリストなど、革新的な仕組みを作った人は後に評価される。 先日、全日本女子バレ
『バレーボール夜話  Vol.54   信念を貫く』の画像

来年の話をすると鬼が笑う、という。いささか、まだ気が早い気もするし、このブログの主旨とは合わないが、やはり気になるのは「全日本」。もっとも、全日本関連の記事は「全日本女子バレーボールの今日、そして明日 ~東京オリンピック編~」で記載することになっているの
『バレーボール夜話 Vol.52 来年の全日本』の画像

物事は線引きが必要だ。思ったことをそのまま書くなら、好きなことを好きなだけ書くなら子供でも出来る。アメリカナイズされてしまった今の日本には、奥ゆかしさとかが失われ、何でもかんでも白黒つけたがる、いささか窮屈な世の中になった。ハッピーハロウィンとか、いつの
『バレーボール夜話 Vol.51 葛藤と裁量』の画像

バレーボールにはコートネームというものがある。 ニックネームとも、仇名とも取れる。 勿論、ニックネームが独り歩きしている例は多い。 「サオリン」、「メグ」、「リオ」 この名前は時には一人歩きする。 選手のもう一つの顔。 シャツネームを下の名前にする場合も
『バレーボール夜話  Vol.50 コートネームとシャツネーム』の画像

↑このページのトップヘ