彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

バレーボール夜話

Vプレミアリーグの開幕を目前に控え、いよいよ大詰めを迎える天皇杯・皇后杯ブロックラウンド。 今週は北信越と近畿で試合が行われました。特に目を惹いたのは高校生の活躍ぶり。北信越ブロックでは福井工大福井高校が決勝進出。上坂瑠子選手にとっては高校最後の天皇杯・皇
『バレーボール夜話 Vol.358 今の高校生の強さと来たら…。』の画像

Vリーグ開幕にともない、色々と動いてきたバレー界。 JTマーヴェラスで活躍した必殺のサウスポーこと中村亜友美選手の去就が決まったようです。  オーカバレーボールクラブ&スクール@ohca_volley今年 #JTマーヴェラス を退団した#中村あゆみ 選手がイスラエル #クファー
『バレーボール夜話 Vol.357 色々動いてきたバレー界』の画像

内瀬戸真実選手がイタリアへ旅立った。セリエA2のヘルマエア・オルビアへの移籍。「身長が高い相手に対して自分がどういう風に攻撃すれば通用するかを学びたい」周りは10cm以上大きな選手ばかりの海外。このまま日本にいても進歩は望めない。本人なりに考えてのことだろう。
『バレーボール夜話 Vol.356 それぞれのスタート』の画像

恒例の開幕記者会見も終わり、Vリーグの開幕間近であることを実感します。 各チームも決起集会などが盛んに行われ、いよいよだな、というムードになってきました。 こうした時期が一番楽しいのですが、今年は正直、よく分からないです。現時点での完成度が高く映るのは久光
『バレーボール夜話 Vol.355 いよいよ開幕間近!』の画像

どんなに周到に作戦を巡らしても、当然その通りにはならない。 勿論、目論見通りになればしめたものだが、そんなに簡単に物事がスンナリいけば、人間、努力は要らない。だから、知恵と度胸、そして臨機応変さが必要となる。 これらは得てして先天的な部分と、後天的に努力
『バレーボール夜話 Vol.354  ぶっつけ本番』の画像

改めまして、えひめ国体の成人女子の部を優勝されました久光製薬スプリングスのみなさま、優勝おめでとうございます。 チームが変わってきた久光、楽しみです。 若手中心の久光の優勝、恐るべしてす。 勿論、各チーム、外国人選手や主力選手が加わって様相が変わってく
『バレーボール夜話 Vol.353 国体終了、開幕間近』の画像

明日のえひめ国体は、前年覇者の上尾と前年準優勝の久光との因縁の対決となった。かたや連覇かたやリベンジ一年越しのto be continued果たしてどちらに軍配か?そして今日岡山はCLUB EHIMEを日立は鹿屋体大をそれぞれ下し、5位を確保した。正直、日立は大学勢に苦しめられっ
『バレーボール夜話 Vol.352 本番前の因縁対決』の画像

いやー、近頃の高校、大学はレベル高いですね。毎年、天皇杯や国体では番狂わせは得てして起こるものですが、今年も東北福祉大、やりましたね。プレミアのチームだからといって気を抜けないです。日立は佐藤あり紗選手や渡邊選手といった先輩の所属チーム。試合には出ていま
『バレーボール夜話 Vol. 351 明日は、どっちだ?』の画像

ようやく開幕したえひめ国体。 この時期の闘いだからこそ、出場各チームの事情や異なる思惑が重なるから面白い。 全部のチームがイコールコンディションで闘っている訳ではない。 出来れば、若手選手のテストでそのまま勝てれば良いと思っている陣営も少なからず存在するの
『バレーボール夜話 Vol.350「勝利」の定義 』の画像

日本人のよさはち密さとすばしっこさ。 かの松平康隆監督はそう評したそうだ。 ドイツは正確だが鈍重とか、それぞれの特徴をおっしゃっていたテレビ番組を拝見したことがある。 正直、ヨーロッパ同士の闘いも壮絶な力と力の打ち合いになり、大変見ごたえがあるのだが、トッ
『バレーボール夜話 Vol.349 やっぱり面白い、日本のバレーボール』の画像

↑このページのトップヘ