彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

バレーボール夜話

日本のバレー界が変わってきた。 何と言うか、勝利至上主義。 女子だけではなく、男子も。 ヘッドコーチに外国人コーチを置き 監督が全てを背負うスタイルから 細かな戦術はコーチ任せ。 変わったのはそれだけではない。 これまでは下のカテゴリーでも良い人材がいれ
『バレーボール夜話 Vol.272 結果第一主義』の画像

今、全日本シニアが、ジュニアが 世界を舞台に頑張っている。 全日本シニアはワールドグランプリの第三次ラウンドへ。 高さのある中国(5位)、セルビア(1位)、ロシア(9位)と対戦。 ロシアが9位と言っても勝ち点9は日本と同点。決勝ラウンドに進むには最低でも勝ちが必要
『バレーボール夜話 Vol.271 天王山を迎える「二つの全日本」』の画像

こういう残り方は、ありだと思う。 いや、むしろ、こうした機会が増えて欲しい。 久光製薬スプリングスの黄金期を知る、レギュラーとして活躍した水田祐未さんが、強化スタッフとして在籍することとなりました。 水田祐未さんのコメント 「この度、強化スタッフとして久
『バレーボール夜話 Vol.270 残して欲しい「人材」』の画像

今日はアップが遅くて、申し訳ありませんでした。 正直、何も書くことが思い浮かびませんでした。 それは嘘ですが、それでも時折ネタ切れと言うか、余り良い原稿が書けなかったりします。 それが「ボツ原稿」です。 実はこの記事は書き直しです。 あんまり面白くないので
『バレーボール夜話 Vol.269 「ボツ原稿」』の画像

長い間、打倒ブラジルは夢だった。 せっかく決勝まで駒を進めても、どうしても超えられなかったブラジルの壁。 そして、試合後に見るジャケリネ選手やシェイラ選手たちの投げキッスを見るのがしゃくだった。 別にブラジルのチームが嫌いな訳ではないが、日本が負ける姿を
『バレーボール夜話 Vol.268 夢が叶う。そして「3人のセッター」』の画像

まだ対戦中の世界バレー・アジア最終予選だが、日本がオーストラリアから第一セットを奪った段階で来年の世界バレーの切符を掴みました。 おめでとうございます。 とはいえ、第二セットを落としてしまったのは気の緩み。ここはしっかり勝って、次のアジア選手権に繋いで
『バレーボール夜話 Vol.267 「オムニバス」か「大河ドラマ」か』の画像

こんなにバレーボールだらけの週は極めて珍しい。 昼は全日本男子。 ついさっきまで全日本女子。 そしてもうまもなく全日本ユニバチームがVTVカップのセミファイナルを韓国と闘う。 そして深夜、U-20世界ジュニア選手権が開幕する。 まー、大忙しの1日。 まさにプレミア
『バレーボール夜話 Vol.266 プレミアムフライデー』の画像

全日本シニアがワールドグランプリ、全日本ユニバチームがVTVカップへそれぞれ参戦する中、全日本ジュニアチームがU-20世界ジュニア選手権へ参戦します。 U-20全日本ジュニアチームはエース黒後愛選手をはじめ、荒谷、小川、兵藤、山口、堀江選手ら今年Vリーグのルーキー選
『バレーボール夜話 Vol.265 三階級の全日本』の画像

昼間のWeekly Volleyballでは関東は快晴とお伝えしましたが、みるみるうちに雷雨やら竜巻やらで大変なことになっています。 とにかく、全国的に異常気象で集中豪雨がおきたりと気の抜けない状況です。外出の際は天候の変化にくれぐれもご注意され、状況の変化に併せて的確
『バレーボール夜話 Vol.264 世界のどこかで「全日本」』の画像

VTVカップ。 楽々日本が三連勝を飾りました。 なんてったって、このメンツですから、正直勝って当たり前と言えます。 小田桃香選手(トヨタ車体クインシーズ) 今村優香選手(久光製薬スプリングス) 村永奈央選手(トヨタ車体クインシーズ) 柴田真果選手(JTマーヴェ
『バレーボール夜話 Vol.263 前哨戦。』の画像

↑このページのトップヘ