彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

バレーボール夜話

東日本大震災以降、街中に自転車の数が酷く増えたような気がする。実際、あの日、歩いて帰った人が沢山いたか、自転車が飛ぶように売れた。電車か止まり、結局帰れたのは翌日。1時間半のところを5時間半掛けて帰った。話を元に戻そう。東京は住宅事情も相まって、自転車がつ
『バレーボール夜話 Vol.332 サーブ』の画像

近年、食の好みが変わり、肉や油ものを好まず、魚とかさっぱりした和食を好むようになった。だから、店屋物が続いたあと、家庭の食卓みたいなさっぱりした食事を採ると、妙に安心感をおぼえる。  和食は最高だ。 それはさておき世の中にはイメージというものがある。特にテ
『バレーボール夜話 Vol.331 世間』の画像

今年の全日本も何名かキャプテン経験者がいた。 佐藤美弥選手佐藤あり紗選手長岡望悠選手鍋谷友理枝選手古賀紗理那選手島村春世選手井上琴絵選手小幡真子選手。 そして、荒木絵里香選手 来季キャプテンを務める奥村麻依選手、高橋沙織選手。 先行きも含めてキャプテン経
『バレーボール夜話 Vol.330 キャプテン』の画像

厳密には、明日、U-23のファイナルが残っているが、ファイナル進出はなくなってしまったので、全日本の2017年は、男子のグラチャンの最終戦・ブラジル戦を以て終了した。最後に来て、男子と女子との立場の違いがくっきりしてしまった。 実際、初年度で世界の列強と肩を並べる
『バレーボール夜話 Vol.329 さよなら全日本2017』の画像

何て言えばいいだろう…。 途中まで、あれほど噛み合っていたにも関わらず、コンビミスが出てから、まるで力尽きたかのように、一気にガタガタ、と来てしまった。 出だしは悪くなかった。 第一セットは終始優勢のまま先制したものの、第二セットを落としてから、徐々に主導権
『バレーボール夜話 Vol.328 流れのスポーツ』の画像

日増しに良い雰囲気になっている全日本男子。負けは負けなのだが、日に日に良くなっている全日本男子。今日は柳田選手が凄く良かったし、第一セット取っていれば分からない展開。第四セットも終盤詰めていたので雰囲気は悪くない。試合が始まってしまえば、格上とか関係ない
『バレーボール夜話 Vol.327 雰囲気はかなり良好』の画像

先程の特集ではないが、試合観戦の興味に「見たい選手」と言うのがある。全日本などで名の売れたスター選手、或いはご贔屓の選手もそうだが、対象はそれだけでない。この選手、一度見ておきたい、と言うのがある。例えば、チャレンジリーグⅡのダブル佐藤こと佐藤優花、佐藤
『バレーボール夜話 Vol.326 見たい選手』の画像

グラチャン第二戦、全日本男子はフランスにストレート負けを喫した。だが、試合内容は昨日のアメリカ戦とは全くの別物。 第一セットを離されたものの、サーブレシーブの練習の成果がズバリ。出耒田選手と柳田選手が好調で、特に出耒田選手の出来が素晴らしかった。それだけ
『バレーボール夜話 Vol.325 同じ負けでも全然別物。』の画像

甘くないことは分かっていても、こうまで力が違うとは…。 グラチャン開幕戦。 男子のアメリカ戦は完敗だった。 アタックは決まらず、サーブレシーブは崩され、完敗だった。 見せ場もあった。 第一セット、石川選手のサーブで連続得点で急追する場面もあったが、徐々に離
『バレーボール夜話 Vol.325 突きつけられた現実』の画像

立ち食いそばも常連になると、良いことがある。そばとミニカレーのセットを頼んだところ、頼みもしないのに、並々大盛にしてくれる。こうした小さな親切が嬉しい。それはさておき。昨夜、Goingを視聴していた時のヒトコマ。 “この人、誰よりも負けたくないんだ”全日本女子
『バレーボール夜話 Vol.324 また、来年。』の画像

↑このページのトップヘ