彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

試合(国内)

黒鷲旗のグループ戦も、あっという間に最終日。 まず、結果を整理しよう。 A組: デンソーが2勝で準々決勝進出 NECとPFUの勝者が準々決勝進出。 B組: 久光と岡山が2勝で準々決勝進出。 C組: 東レと日立が2勝で準々決勝進出。 D組: トヨタ車体とJTが2勝で準々決勝進出
『Weekly Volleyball 第66回黒鷲旗大会 グループ戦最終日』の画像

Vリーグも学生も、思ったより力が拮抗していた初日。 セットの優劣次第では、どう転ぶか分からない。 勝ってるのは意地の差だけとも取れるが、果たして2日目、どう転ぶか? 番狂わせか? 返り討ちか? 開けてビックリ玉手箱。 魔の2日目。 ・5月3日(水)グルー
『Weekly Volleyball 第66回黒鷲旗大会 グループ戦2日目』の画像

誰が勝つか、誰が負けるか? 言い訳無用、情け無用。 勝てば官軍、負ければ賊軍。 勝った者が勝者。 会うは別れの始まり。 そして、新たなる歴史の始まり。 行き先は未知。 いざ、勝負。 第66回黒鷲旗、グループ戦ご開帳。 ・5月2日(火)グループ戦初日 ・A
『Weekly Volleyball 第66回黒鷲旗初日・グループ戦』の画像

いよいよ明日より開幕の第66回黒鷲旗全日本男女選抜大会。 その出場メンバーが発表された。 ・大会日程 ・グループ戦の対戦カード ・各チームの出場メンバー ・A組出場チーム NECレッドロケッツ(39回目の出場) 山田晃豊監督  2 古賀紗理那
『特集:黒鷲旗出場登録メンバー一覧』の画像

いよいよだ、春高バレー。 待ってたよ、Vリーグ。 私事で申し訳ないが、自分の中でVリーグは今や、全日本と同じぐらいの比重を占めている。 時々思うが、勝負は下駄を吐くまで分からなく、水物。 かたやあと二日間で日本の頂点へ。 かたや日本一への闘いが始まる。 そ
『Weekly volleyball   〜第69回春高バレー 準決勝 / Vプレミアリーグ/チャレンジリーグⅠ 2017第一戦〜』の画像

遡ること約一年と三ヶ月ほど前。 当時、筆者は「全日本女子バレーボールの今日、そして明日」を手掛けていた。 リオデジャネイロオリンピックのラストイヤー。 全日本女子バレーボールチームが稼働する直前。 Vプレミアリーグ・ファイナルはこの2チームで争われた。 久
『Weekly volleyball 天皇杯・皇后杯決勝戦』の画像

誇りとは、それぞれの胸の内にある。 誇りとは、大切なものを守るために 自分が自分であることの証のためにある。 誰が一番強かったか それは見た人が決める。 結果は安易に買えるものではない 努力を重ねて 正々堂々持てる能力を尽くして闘うものだけがつかみと
『Weekly Volleyball    天皇杯・皇后杯 準決勝』の画像

各チームの躍進と共に台頭、或いは将来を嘱望される若手選手。 本編では各チームの「今」を生きる 若手選手にスポットを充ててみたい。 久光製薬スプリングス: 中大路絢野選手 日立リヴァーレ: 長内美和子選手 NECレッドロケッツ: 廣瀬七海選手 JTマーヴェラス: 田中瑞
『明日に駆けろ 〜Young generation2016① 中大路絢野選手〜』の画像

一発勝負のトーナメント戦も、遂にベスト4。 久光製薬スプリングス NECレッドロケッツ 東レアローズ 日立リヴァーレ 準々決勝で日立に敗れたJTを除くと、リーグ戦の上位勢が残った。 そこは組み合わせの妙。 続きは今週末の準決勝となるが、それは週末のお楽しみ。
『Weekly Volleyball  12/19〜』の画像

ベスト8が出揃った天皇杯・皇后杯。 ここから見慣れたVプレミア勢同士による争い。あとは相性の問題と戦術の優劣。 そして、勝利への執念。 準々決勝からはDAZNの動画配信があります。 DAZNへJUMP → DAZN トーナメント表へJUMP→ トーナメント表 ・
『Weekly Volleyball 天皇杯・皇后杯 準々決勝』の画像

↑このページのトップヘ