彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

Vリーグ

何だかレギュラーラウンド終了が遠い昔に思える今日この頃。 ファイナル6は依然、混沌としている。 それも今日の結果次第。 チャレンジリーグⅠは、昨日、デンソーがJAぎふに手を焼き、あわやの場面があった。 油断は禁物。 勝負は下駄をはくまで分からない。 チャレンジ
『Weekly Volleyball 2月最終週二日目みどころ』の画像

世の中には面倒くさいことが沢山ある。 自分の進みたい道へいけなかったり 自分のことを棚に上げ、人の人生を羨んだり、邪魔したり そんなものどうだって良い。 正々堂々なんて言葉が死語になり、姑息で卑怯が当たり前になった。 こんな世の中だからこそ、あえて、知恵と
『Weekly Volleyball 2月最終週』の画像

普段記事にしないことでも、ふと気付くことや 何気に面白いことが結構ある。 このチーム、雰囲気いいな、とか、このチームは笑わないな、とか。 それもチームカラー。 久光製薬スプリングスと言えば Vプレミアリーグ一、選手層の厚い常勝軍団。 又の名を、全日本予備軍
『ファン目線で見たこのチーム 〜久光製薬スプリングス〜』の画像

チャレンジリーグⅠ、Ⅱともに佳境。 チャレンジリーグⅠはデンソーの首位通過の可能性が大だが、勝負は水物。 どのみち、1、2位はデンソー、上尾のいずれかというのは間違いない。 後は3位以下の争い。 3位の熊本と4位のKUROBEがポイント同点。勝敗差で熊本が3
『Weekly Volleyball 2/20〜②』の画像

さて、ファイナル6が前半の山場を迎える中、チャレンジリーグⅠ、Ⅱも終盤。 優勝争いに異変はあるか、チャレンジリーグⅠ。そして3位以下の最終順位は? トヨタ自動車に続く2位を巡る熾烈な争いのチャレンジリーグⅡ。 悲喜こもごも終盤戦。 笑うチーム、泣くチ
『Weekly Volleyball Vリーグ2月第三週 二日目』の画像

健全な肉体には健全な精神が宿る。 古来、日本にはそうした考えが息づいてきた。 人間の根幹は時代が変わっても変わらない。 人間はめんどくさがり屋。 50m昇るだけでもエスカレーターを使いたがる。あれが全てだ。 自分がどの程度の人間なのか、きちんを把握すること。そ
『Weekly Volleyball 2月第三週』の画像

思えばこの2週間、チャレンジリーグⅡ、Ⅰ、そしてVプレミアリーグ(こちらはDAZNですが…)と、Vリーグの全カテゴリーを見てきました。 こうして立て続けに観戦させて頂くと、何がどう違うのか、ということをふと、考えて見ることがあります。 正直、チャレンジリ
『バレーボール夜話 Vol.117  …。』の画像

現代バレーは日進月歩。 努力の積み重ねだ。 そして、裏のかきあい、騙し合い。 一時的に優位に立っても 上に行けば行くほど それも長くは続かない この2週間ぐらいで どれだけ進歩したか それを披露する場。 あとは、上がらず 慌てず 普段通りやれるか 今年の佳
『Weekly Volleyball  Vリーグ2月第二週二日目 ファイナル6開幕戦』の画像

さあ、ここからだ。 ここからが正念場。 この一年間が何だったのか、の闘い。 あれこれ理由を付けても 「勝つため」 「負けたくないため」 そのための闘い。 勝てば称賛され 負ければないもない。 1か、0か。 全てはここから。 必ず勝つチームはいるし 負けるチーム
『Weekly Volleyball Vリーグ2月第二週』の画像

普段記事にしないことでも、ふと気付くことや 何気に面白いことが結構ある。 このチーム、雰囲気いいな、とか、このチームは笑わないな、とか。 それもチームカラー。 皆様は東レアローズと言うと、何を連想するだろうか? そう、木村沙織選手と迫田さおり選手、田代佳奈
『ファン目線で見たこのチーム  〜東レアローズ〜』の画像

↑このページのトップヘ