彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

Vリーグ

化学反応ってあるんだ。 NECは首位に立ち、俄然やる気をだし 日立は苦戦の末連敗ストップ。 久光はフルセット2連敗。 JTは連勝で踏みとどまり。 トヨタ車体は連敗足踏み。 東レは起死回生の三連勝。 岡山は崖っぷちの7連敗。 そして復調の兆しを見せるPFU。 Vプ
『Weekly Volleyball Vリーグ年明け第五戦』の画像

いよいよVリーグのレギュラーラウンドも最終ラウンドへと向かっていく。 Vプレミアリーグはいよいよサードレグが本格開戦。 チャレンジリーグⅠは、セカンドレグ中盤に突入。 チャレンジリーグⅡは、これが年内初戦。 全国津々浦々、Vリーグ10試合の開戦だ。 ひとつ言え
『Weekly volleyball Vリーグ年明け第四戦』の画像

本稿では5位以下のチームについて掲載する。 5位.トヨタ車体クインシーズ 8勝7敗 (勝ち点22(-))  7日(土)日立リヴァーレ 3-2○  8日(日)東レアローズ  2-3× -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・- 今後の対戦予定: 14日(土)NECレッドロケ
『Weekly Volleyball 1/9〜②』の画像

嵐の三日間。 そう呼ぶに相応しかった。 たった三日間の間で、春高の頂点が決し Vプレミアリーグは首位が目まぐるしく交替 そして、チャレンジリーグⅠでは デンソーが上尾の全勝街道に土を付け、トップにたった。 これらの出来事は、一体何を意味するのか? それは勿論
『Weekly Volleyball 1/9〜①』の画像

改めまして、下北沢成徳高校の皆さま 並びに応援されていた皆さま。 おめでとうございます。 以前、ツイッターのフォロワーの方に 「選手にインタビュー」なんて企画を発案されましたが、もし、聞くことがあるとしたら それはひとつ 「今の気分は?」 それだけで十分。
『Weekly volleyball Vリーグ年明け第三戦』の画像

昨日の数々の激戦。 東レの試合を観て、あることに気付いた。 毎日あれこれ書いて書いているが 人は、人間は 自分が好きなチームや選手 そして、思い入れのあるチームや選手を応援することが幸せなのだ。 自分の言葉で 自分の気持ちを乗せて バレーボールは感情表現が豊
『Weekly volleyball  〜第69回春高バレー 決勝戦 / Vプレミアリーグ/チャレンジリーグⅠ 2017第二戦〜』の画像

人間は躍進を続けていると気力が充実し、アドレナリンが分泌する。 痛さを忘れたり、病気しなくなったり、治癒力が上がったりする。 生存本能というやつだ。 ところが、気力が減退するとモチベーションが下がり、治癒力も下がる。 病は気からというのはこのことだ。 と
『Weekly volleyball 12/26〜』の画像

先週、Vプレミアリーグの各監督について、印象(前編)を書いた時点で、天皇杯・皇后杯開幕前。既に来年の準備に入っているチームもあるが、今日は後編。 ・トヨタ車体クインシーズ 多治見麻子監督 ・生年月日:1972年6月26日 ・出身地:東京都 ・略 歴 パイオニアレ
『ここが変だよ、女子バレーボールの世界 12th  監督(後編)』の画像

いよいよ本日開幕の天皇杯・皇后杯ファイナルラウンド・トーナメント1回戦旭川大学 0-3 上尾メディックス(C1)(16-25 20-25 9-25)※上尾メディックスが勝利。明日久光製薬スプリングスと対戦します。龍谷大学 0-3 誠英高校(D1)(15-25 21-25 19‐25)※誠英高校が
『Weekly Volleyball別冊 天皇杯・皇后杯』の画像

中学生以上のバレーボールチームが日本一を目指し、カテゴリーの違いを越えて戦う「平成28年度 天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会」のファイナルラウンドがいよいよ本日開幕する。年に二度、冬と春に行われる学生・社会人の日本一を決定するオールスター戦
『Weekly Volleyball増刊  いよいよ天皇杯・皇后杯開幕』の画像

↑このページのトップヘ