彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

Vリーグ

今日は中1日という形で休養の久光製薬スプリングス。この試合が全て終了してから、予選の最終順位と対戦相手が出揃う。嵐の前の静けさというやつだ。昨日はヴォレロ・チューリヒ(スイス)とワクフバンク・イスタンブール(トルコ)と、レクソナSesc(ブラジル) 2-3 エジザ
『FIVB世界クラブ選手権 第四戦』の画像

早々と予選ラウンドでセミファイナルラウンドの進出が閉ざされてしまった久光製薬スプリングス。 世の中、上には上があるということを再認識させられる大会となった。 現実は極めて厳しいが、今日の相手は勝てない相手ではない。 最も、近年日本の強力なライバルとして
『FIVB世界クラブ選手権 第三戦』の画像

連日、世界のオールスターとの対戦となる世界クラブ選手権。久光製薬スプリングスはこれが予選ラウンド第二戦。 これでもか、これでもかとアタックを打ち続け、ネットを越えなかったりした。 それでもチームは諦めない。 懸命にボールを拾い続け、手替え足替え、様々な方
『FIVB世界クラブ選手権 第二戦』の画像

2015/16シーズンにおけるVプレミアリーグ・チャンピオンチーム、久光製薬スプリングスが世界列強のクラブチームに挑むFIVB世界クラブ選手権。 今年はマニラ(フィリピン)の地にて執り行われる。出場チームは以下の通り。 参加チームは全8組。4チームずつA組、B組に分か
『FIVB世界クラブ選手権第一戦』の画像

今年の日立リヴァーレのテーマをつけるとしたら、ズバリ「チャレンジ」だ。 実はこのキーワード、JTマーヴェラスの吉原監督も同じ言葉を残している。 来季は昨年と2チーム入れ替わっている。 監督も2チーム入れ替わっている。 昨年までと同じではない。 日立リヴァ
『隔月刊 We ♥ Hitachi Rivale 【side B】』の画像

今季は真価が問われるシーズン。 ペイオもいない。 佐々木美麗選手もいない。 ムックさんもいない。 今年は昨年よりも群雄割拠。 欲しいのは昨年以上。 チーム悲願の優勝へ。 日立リヴァーレ。 そのこれまでの歩みを振り返る。 日立リヴァーレは、Vプレ
『隔月刊 We ♥ Hitachi Rivale 【side A】』の画像

「分かりやすさ」と「明確さ」は大事だ。 勿論、バレーボールでも重要。 そして 下記が大事なのである。 大義名分 例えば戦争は闇雲にやるものではない。 自分達の正統性を主張し、それを理由に 宣戦布告する。 大義名分のない戦闘行為は ただの殺戮や暴動でしかない。
『Weekly Volleyball 10/10 〜【side two】』の画像

とにかく、何だかせわしない今のバレー界。 今週は人事を巡る大きな話題が立て続けに二つ起こった。 こうした最中、世間では、時代を先どった吟遊詩人、いやフォークシンガー、ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞。 彼の偉大なる才能を思えば、別段取り立てて凄い
『Weekly Volleyball 10/10~ 【Side one】』の画像

Vリーグの開幕がゆるゆると近づいている。 その前哨戦たるいわて国体が終了した。 Vプレミアリーグ復帰を目指す上尾メディックスが久光製薬スプリングスを破り、優勝を成し遂げている。 いわて国体と各チームの動きは? そして、11月末に登録チームが出揃うとされるVプロ
『Weekly Volleyball 10/3〜 Vリーグ視点で視るいわて国体と、プロリーグ〜』の画像

※以下の記事は久光製薬スプリングスファンのためのページです。が、ご興味のある方は是非ご一読下さい。 フィクションは好きではない。 ノンフィクションが好きだ。 事実を知ることは大変興味がある。 そこから学ぶことは多い。 空想は空想。 面白くもあるが、 リアリ
『隔月刊  WE ♥ Hisamitsu springs 9/10月号【A面】』の画像

↑このページのトップヘ