彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

Vリーグ

日に日に月末が近づいてきた。月末から天皇・皇后杯の都道府県ラウンドが活発化し、東西インカレとサマーリーグ、更には成り行き次第では来月月初にネーションズリーグの決勝ラウンド進出の可能性もあり大忙し。今は男女ネーションズリーグで話題を占有。さて、新企画として
『Weekly Volleyball チーム便り② V-2編』の画像

サマーリーグの開幕により、本格的なシーズン代わりとなる。例年にない早いスケジュールだが、今年は開幕前にチャレンジマッチやファイナルステージの発表を完了させて欲しい。昨年は結構行き当たりばったりで、ファイナルステージの発表が極めて遅かった。東西分けがなくな
『Weekly Volleyball V-league チーム便り① V-1編 トヨタ車体・印東監督、今村、竹田コーチ就任』の画像

昨日モントルー・バレーマスターズと東西の春季大学リーグが閉幕したばかりだというのに、今のバレー界は展開が速い。 これもバレー界一本化の効果だろう。 さて、注目のサマーリーグの実施詳細がVリーグ機構より早くも発表された。 まず、先に行われる西部大会から。
『特集:サマーリーグ 実施詳細が決定』の画像

V-leagueファイナルが終わり、2018/19シーズンは大団円。東レアローズの鬼神の快進撃が新リーグ初年度を盛り上げるのに大きく貢献した。今日は男子ファイナル。ここでV-leagueは一区切り。さて、関東、関西春季リーグも開幕第二週。青学が連敗スタートと雲行きが怪しくなって
『Weekly Volleyball 春季大学リーグ第二週二日目』の画像

東京体育館と縁遠くなって久しい東京オリンピックも、また、ここではない。 東京郊外の武蔵野今年はここでV-leagueの頂点が決まる。初戦、王者久光はストレートで東レを打ち砕いた。この一週間で何が変わったか連覇か、奪回か? 第二期久光黄金期の到来となるか?今年、女
『Weekly Volleyball V-league V-1ファイナル第二戦/春季大学リーグ第二週』の画像

↑このページのトップヘ