彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

Weekly Volleyball

佐藤琢磨選手、インディ500優勝おめでとうございます。 日本人としては勿論初。 これで日本は世界三大レースと言われるモナコグランプリ、ル・マン24時間、インディ500のうち、二つ目の勝利を成し遂げたことになります。 F1からインディに転戦して、はや8年目、40歳を迎え
『Weekly Volleyball アジアクラブ選手権 準々決勝』の画像

全日本女子バレーボールチームの活動が明確化し、これ以降は、バレー界が「全日本」と「全国のバレー界」に枝分かれします。 Vリーグはこれから来季に向けた新体制作り、そして引退、退団、移籍、新外国人選手の獲得も含め、これより人事の話題が多くなります。 そして、
『Weekly Volleyball アジアクラブ選手権とこれからのバレーボール日程』の画像

久光製薬スプリングスが2連勝を飾り、今日が予選ラウンド最終日のアジアクラブ選手権。 昨日は中国のTianjinを3-1で破る。 ※大会概要はこちらからJUMP ※大会日程はこちらからJUMP ※VリーグのHPより、アジアクラブ選手権の特別ページです。 B組の全勝は
『Weekly Volleyball 〜アジアクラブ選手権 第三戦〜』の画像

昨日より開幕したアジアクラブ選手権。 日本からは久光製薬スプリングスが出場。 昨日はフィリピンのPSLマニラを破り、白星発信。 ※大会概要はこちらからJUMP ※大会日程はこちらからJUMP ※VリーグのHPより、アジアクラブ選手権の特別ページです。 二日目
『Weekly Volleyball 〜アジアクラブ選手権・二日目〜』の画像

懸念されていたスーパーリーグ問題の結論の余波が醒めやらない昨今、 先日の記事で、収益の話が出たところで、テレビや放映媒体についても触れてみたいと思います。 現在、バレーボールの試合は単発の放送を除けば、一応放映媒体が決まっています。 しかし、その実態は複雑
『Weekly Volleyball 別冊 日本のバレー界② テレビ問題』の画像

いよいよ今日より開幕した、日本の久光製薬スプリングスが参戦するアジアクラブ選手権。 ※大会概要はこちらからJUMP ※大会日程はこちらからJUMP ※VリーグのHPより、アジアクラブ選手権の特別ページです。 初日の今日は、フィリピンのPSLマニラと対戦。
『Weekly Volleyball ~アジアクラブ選手権初戦~』の画像

結局、この半年余りは何だったのか。 また、Vリーグはプロ化を断念することとなった。 現在、下記の内容がメディアを駆け回っている。 〜Yahooより一部抜粋〜 Vリーグ機構が2018年の発足を目指したプロ化を推進する「スーパーリーグ構想」が計画通りに実現しな
『Weekly Volleyball号外 Vリーグ プロ化を断念』の画像

平素より当ブログをご高覧下さり、誠にありがとうごさいます。 今は全日本のシーズンですが、例年になくシーズンインが遅く、表だった活動も少ないため、シフトチェンジがしずらい年となりました。 当初の予定では全日本の活動が始まったら、黒鷲旗、世界クラブ選手権、ア
『Weekly Volleyball 別冊 特集:日本のバレー界①』の画像

今、充足感で一杯です。 それは勿論、久しぶりに「全日本」と名の付くチームが優勝したからに他なりません。 恐らく、バレーボールを応援する人全てが、心の奥底で日本が世界のトップになる姿を再び見たい、そう思っているに違いありません。 今回はアジアですが、まずはU-
『Weekly Volleyball 5/22〜』の画像

ワクフバンクの優勝に終わった世界クラブ選手権。 日本はNECレッドロケッツが7位、久光製薬スプリングスが8位とほろ苦い結果に終わった。 落差の大きなサーブと高さとパワーに蹂躙され、厳しい大会となったが、最終順位と個人賞について改めて記載する。 優勝:ワク
『Weekly Volleyball 5/15』の画像

↑このページのトップヘ