彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

Weekly Volleyball

黒鷲旗大会終了から僅か1日のインターバル。 この大会に挑むため、NECレッドロケッツと久光製薬スプリングスは、主力を温存してきた。 ナショナルチームよりも強い、世界中のエースを揃えたスーパーチームが神戸に集結。 待望の日本開催、世界クラブ選手権。 ※詳細は
『Weekly Volleyball 世界クラブ選手権初日』の画像

春のオールスター戦、第66回黒鷲旗大会はデンソーエアリービーズが全勝優勝を飾り、幕を閉じました。 勝利こそならなかったものの、連日善戦健闘した金蘭会高校の活躍など見るべきところも多く、今年も白熱の好勝負を展開してくれました。 世界クラブ選手権を間近に控
『Weekly Volleyball 5/8〜』の画像

気がつくと、Vプレミアリーグ8、チャレンジリーグ3、大学3、高校2。 総勢16チームで始まった黒鷲旗大会も 遂に2チームとなった。 予定通りならVプレミアリーグは来季で最後。 以後、プロリーグに名前を変える筈。 残ったのは、来季2017/18シーズン、最後のVプレミアリ
『Weekly Volleyball 第66回黒鷲旗大会 決勝戦』の画像

黒鷲旗大会もいよいよ準決勝。 Vプレミアリーグの優勝、準決勝チームが 揃って姿を消した中、 4強が出揃った。 チャレンジリーグ2016/17優勝チーム デンソーエアリービーズがベスト4。 優勝を片手にプレミアへ殴り込みか? 復活を懸ける岡山シーガルズ。 この大会
『Weekly Volleyball 第66回黒鷲旗準決勝』の画像

火曜日からのグループ戦も終わり、いよいよベスト8へ。 グループ戦最大の話題は何と言っても金蘭会高校。 連日、Vリーグの強豪を相手に善戦健闘。 昨日の上尾戦ではあわやの場面を作り、高校生のレベルの高さを伺わせた。 それでもベスト8はやはり予想通りVリーグ
『Weekly Volleyball 第66回黒鷲旗準々決勝』の画像

黒鷲旗のグループ戦も、あっという間に最終日。 まず、結果を整理しよう。 A組: デンソーが2勝で準々決勝進出 NECとPFUの勝者が準々決勝進出。 B組: 久光と岡山が2勝で準々決勝進出。 C組: 東レと日立が2勝で準々決勝進出。 D組: トヨタ車体とJTが2勝で準々決勝進出
『Weekly Volleyball 第66回黒鷲旗大会 グループ戦最終日』の画像

Vリーグも学生も、思ったより力が拮抗していた初日。 セットの優劣次第では、どう転ぶか分からない。 勝ってるのは意地の差だけとも取れるが、果たして2日目、どう転ぶか? 番狂わせか? 返り討ちか? 開けてビックリ玉手箱。 魔の2日目。 ・5月3日(水)グルー
『Weekly Volleyball 第66回黒鷲旗大会 グループ戦2日目』の画像

誰が勝つか、誰が負けるか? 言い訳無用、情け無用。 勝てば官軍、負ければ賊軍。 勝った者が勝者。 会うは別れの始まり。 そして、新たなる歴史の始まり。 行き先は未知。 いざ、勝負。 第66回黒鷲旗、グループ戦ご開帳。 ・5月2日(火)グループ戦初日 ・A
『Weekly Volleyball 第66回黒鷲旗初日・グループ戦』の画像

嵐の前の静けさそのもののバレー界。 大きな動きは少なく、相変わらず動きがあるのは大学バレーぐらいのもの。 あとは終始一貫、人事などの話題のみ。 バレーファンにとって退屈だった4月がようやく終わり、いよいよ春のオールスター戦、黒鷲旗大会、世界クラブ選手権が近
『Weekly Volleyball 4/24〜 特集:ザ・ゴールデンカード』の画像

春が一気に押し寄せた感のあるこの週末。 完全な谷間の時期のバレー界。 大学の地区リーグなどが実施されてはいるものの、シニア以上は次なる大会に備える時期。 これまで、全日本の活動がVリーグ終了後すぐであっただけにいささか退屈というか、手持ちぶさたな方も多いこ
『Weekly Volleyball 4/17〜』の画像

↑このページのトップヘ