彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

Weekly Volleyball

人間は躍進を続けていると気力が充実し、アドレナリンが分泌する。 痛さを忘れたり、病気しなくなったり、治癒力が上がったりする。 生存本能というやつだ。 ところが、気力が減退するとモチベーションが下がり、治癒力も下がる。 病は気からというのはこのことだ。 と
『Weekly volleyball 12/26〜』の画像

遡ること約一年と三ヶ月ほど前。 当時、筆者は「全日本女子バレーボールの今日、そして明日」を手掛けていた。 リオデジャネイロオリンピックのラストイヤー。 全日本女子バレーボールチームが稼働する直前。 Vプレミアリーグ・ファイナルはこの2チームで争われた。 久
『Weekly volleyball 天皇杯・皇后杯決勝戦』の画像

誇りとは、それぞれの胸の内にある。 誇りとは、大切なものを守るために 自分が自分であることの証のためにある。 誰が一番強かったか それは見た人が決める。 結果は安易に買えるものではない 努力を重ねて 正々堂々持てる能力を尽くして闘うものだけがつかみと
『Weekly Volleyball    天皇杯・皇后杯 準決勝』の画像

一発勝負のトーナメント戦も、遂にベスト4。 久光製薬スプリングス NECレッドロケッツ 東レアローズ 日立リヴァーレ 準々決勝で日立に敗れたJTを除くと、リーグ戦の上位勢が残った。 そこは組み合わせの妙。 続きは今週末の準決勝となるが、それは週末のお楽しみ。
『Weekly Volleyball  12/19〜』の画像

ベスト8が出揃った天皇杯・皇后杯。 ここから見慣れたVプレミア勢同士による争い。あとは相性の問題と戦術の優劣。 そして、勝利への執念。 準々決勝からはDAZNの動画配信があります。 DAZNへJUMP → DAZN トーナメント表へJUMP→ トーナメント表 ・
『Weekly Volleyball 天皇杯・皇后杯 準々決勝』の画像

いよいよ今日からはVプレミア勢が参加する天皇杯・皇后杯。 昨日一回戦を勝ち抜いた高校、大学、そしてチャレンジリーグなどの精鋭がVプレミアリーグ勢に挑戦する。 言うなれば、これはチャレンジマッチだ。 いくら力の差があるとは言っても、その差は絶対ではない
『Weekly Volleyball 天皇杯・皇后杯2回戦』の画像

いよいよ本日開幕の天皇杯・皇后杯ファイナルラウンド・トーナメント1回戦旭川大学 0-3 上尾メディックス(C1)(16-25 20-25 9-25)※上尾メディックスが勝利。明日久光製薬スプリングスと対戦します。龍谷大学 0-3 誠英高校(D1)(15-25 21-25 19‐25)※誠英高校が
『Weekly Volleyball別冊 天皇杯・皇后杯』の画像

中学生以上のバレーボールチームが日本一を目指し、カテゴリーの違いを越えて戦う「平成28年度 天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会」のファイナルラウンドがいよいよ本日開幕する。年に二度、冬と春に行われる学生・社会人の日本一を決定するオールスター戦
『Weekly Volleyball増刊  いよいよ天皇杯・皇后杯開幕』の画像

非常に濃密だった昨日の試合。 やはり各チーム、年内最後の試合を勝って来年迎えたいという気持ちの現れだろう。 特に日立リヴァーレは、最後の最後で首位に立ち、最高の形で年を越せることになった。 勿論、順位が入れ替わったといっても、まだレギュラーラウンドは続く
『Weekly Volleyball  〜12/12〜』の画像

■Vプレミアリーグ 1位.久光製薬スプリングス 9勝3敗 (勝ち点28(ー)) 1ー3 (25ー27 22ー25 25ー23 17ー25) 2位.日立リヴァーレ 9勝3敗  (勝ち点27(ー)) ・久光製薬スプリングスのスターティングメンバー ・サイド:新鍋理沙選手、石井優希選手 ・オポジット:長岡望
『Weekly Volleyball  Vリーグ6週目・セカンドレグ3週目2日目』の画像

↑このページのトップヘ