彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

Weekly Volleyball

2018年の国際大会も残すところ二つになった。今月末から開幕する女子の世界選手権。そして、アジアカップ。男子のアジアカップは既に閉幕しているので、残すところは女子。今年はU-23と称して、各カテゴリーの代表選手がはば広く集められている。※詳細は「Weekly Volleyball
『Weekly Volleyball アジアカップ6日目・7日目 優勝決定戦 / 秋季大学リーグ』の画像

2018年の国際大会も残すところ二つになった。今月末から開幕する女子の世界選手権。そして、アジアカップ。男子のアジアカップは既に閉幕しているので、残すところは女子。今年はU-23と称して、各カテゴリーの代表選手がはば広く集められている。※詳細は「Weekly Volleyball
『Weekly Volleyball アジアカップ 5日目』の画像

2018年の国際大会も残すところ二つになった。今月末から開幕する女子の世界選手権。そして、アジアカップ。男子のアジアカップは既に閉幕しているので、残すところは女子。今年はU-23と称して、各カテゴリーの代表選手がはば広く集められている。※詳細は「Weekly Volleyball
『Weekly Volleyball アジアカップ 3日目』の画像

2018年の国際大会も残すところ二つになった。今月末から開幕する女子の世界選手権。そして、アジアカップ。男子のアジアカップは既に閉幕しているので、残すところは女子。今年はU-23と称して、各カテゴリーの代表選手がはば広く集められている。※詳細は「Weekly Volleyball
『Weekly Volleyball アジアカップ 2日目』の画像

2018年の国際大会も残すところ二つになった。今月末から開幕する女子の世界選手権。そして、アジアカップ。男子のアジアカップは既に閉幕しているので、残すところは女子。今年はU-23と称して、各カテゴリーの代表選手がはば広く集められている。※詳細は「Weekly Volleyball
『Weekly Volleyball アジアカップ』の画像

天皇杯・皇后杯も最終章・ブロックラウンドへ突入した。国内大会において、春のオールスター戦・黒鷲旗大会と、冬のオールスター戦、天皇杯・皇后杯が二大オールスター戦だが、バレーボールの国内大会の中で、年間を通じ予選が行われるのは天皇杯・皇后杯だけである。国体も
『Weekly Volleyball 天皇杯・皇后杯ブロックラウンド / 秋季大学リーグ/特集:体制変更 日立リヴァーレに新外国人選手』の画像

バレーボールも秋の陣。世界選手権イヤーの今年、国内も活発化する。天皇杯・皇后杯も都道府県ラウンドが終わり、ブロックラウンドへ突入する。国内大会において、春のオールスター戦・黒鷲旗大会と、冬のオールスター戦、天皇杯・皇后杯が二大オールスター戦だが、バレーボ
『Weekly Volleyball 天皇杯・皇后杯ブロックラウンド / 関東秋季大学リーグ』の画像

男子の世界選手権と女子の世界選手権の狭間に行われるアンダーカテゴリーの年内最終戦、第6回アジアカップのメンバー発表がなされた。今回はU-23のメンバーから広く選手が集められた。1.長内美和子選手(日立リヴァーレ)WS2.工藤嶺選手(デンソーエアリービーズ)WS3.花井萌
『Weekly Volleyball アジアカップメンバー発表』の画像

今年10月24日からの開幕を前にV-Leagueも動き出す。 9月初旬としては異例の速さというべき動き出しの速さ。 V-League メディアキャラバン2018と題し、新生Vリーグの開幕を訴求するために、産経新聞社・サンケイスポーツ、朝日新聞社、DAZNなど各メディア参りを行っていま
『Weekly Volleyball  V-League メディアキャラバン2018』の画像

↑このページのトップヘ