どこの世界にいても目立つひとというのがいる。 異彩を放つというやつだ。 チャレンジリーグⅡは、それほど華やかではない。チームの応援団が一生懸命エールを送ったりするのだが、それ以外の観客は割と冷やか。