彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

雑学

あっちでもこっちでもバレーボール、そんな1日でしたね。 正直、世界クラブ選手権最終日、行く気になれば行けましたが、昨日のダメージが残っているので回避しました。 三階席でもいいかな、とは思いましたが、NECと久光のカード見ちゃうと、結局ファイナルまでいて、戻っ
『バレーボール夜話 Vol.206 世界のバレーボール』の画像

NECとエジザージュバシュとの試合を見て、ふと「またラーソン選手か」とふと思った。 日本とアメリカとの大事な試合には常にラーソン選手がいて、全日本でも再三苦杯を飲まされています。 ラーソン、ネスリハン、コシェレワ、アクマン選手ら、国際試合の各国の代表と思
『バレーボール夜話 Vol.204 これから』の画像

今日は世界クラブ選手権の休養日。 久光製薬スプリングスとNECレッドロケッツを除く、全てのVリーグのチームがオフ。 その様子は、なんだか学校の春休みのよう。 日本全国津々浦々、いや世界中で選手はホリデー真っただ中。 休暇の過ごし方は人それぞれ。 アクティブな
『バレーボール夜話 Vol.203 風薫る5月。』の画像

平素より当ブログをご愛顧頂きまして、誠にありがとうございます。 別項でも記載しました通り、4月は全日本、Vともにオフシーズンであり、人事以外話題の乏しい時期でした。そうしたことを踏まえ、4月はオール企画ものという年間でも数少ない時期となりましたが、皆さま方の
『4月度・人気記事ランキング』の画像

遂に唯一の毎日レギュラー企画、バレーボール夜話も記念すべき200回を達成しました。 平素ご愛顧頂いている皆様、誠に有り難うごさいます。 近いうちに200回達成特別企画とかやれたらと思います。検討中ですので、楽しみにして頂けたらと思います。 ここからはいつもの感
『バレーボール夜話 Vol.200 ここまで違う、男子と女子』の画像

黒鷲旗の決勝戦に向け 一足早く関西に来たが 来て早々に関東との違いを味わった。 関西は何度か脚を運んだものの、大阪に脚を 踏み入れるのは実は始めて。 京都には数年前に行ったことがあるが、大阪は一見東京と同じ都会ではあるか、似ているようで全く似ていない。
『バレーボール夜話 Vol.199 初大阪ととんぼ返り』の画像

デンソーが東レをストレートで撃破し、 遂に決勝戦に漕ぎ着けた。 日立と岡山はフルセットの末 日立が岡山を振り切り、決勝進出を決めた。 実際のところ、 東レも日立も消えてしまっては 2016/17 Vプレミアリーグの 上位6チームが揃いも揃って全滅する。 そういう意
『バレーボール夜話 Vol.198 開き直りと責任感』の画像

バレーボールの面白いところは、前のセットで接戦だったものが、優劣が決した途端、ガタガタとなってしまう。 とても同じチームとは思えない。 体力の消耗もあるが、やはりメンタル。 接戦を落とす落胆は想像に難くない。 ある意味バレーボールは積み木崩しに似ている
『バレーボール夜話 Vol.196 七不思議』の画像

いやいや、高校生のレベルの高さには ぶったまげた。 東レに食い下がる金蘭会。 岡山に食い下がる下北沢成徳。 高校生とは言ってもトップクラスともなると 違うものだ。 無論、強いのは高校生ばかりじゃない。 大学のチームもだ。 筑波大もフルメンバーではないにして
『バレーボール夜話 Vol.195 いよいよ時代が動く』の画像

バレーボールも好きだけど、それ以上にのんびりするのが好きです。 どのみち、黒鷲旗が始まれば、間髪入れず世界クラブ選手権が始まり、U-23アジア選手権、そしてアジアクラブ選手権と「嵐の5月」が始まり、そして「空白の6月」が待っています。 これは単なる勘ですが、
『バレーボール夜話 Vol.191 ぬくぬく』の画像

↑このページのトップヘ