彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

特集

ワクフバンクの優勝に終わった世界クラブ選手権。 日本はNECレッドロケッツが7位、久光製薬スプリングスが8位とほろ苦い結果に終わった。 落差の大きなサーブと高さとパワーに蹂躙され、厳しい大会となったが、最終順位と個人賞について改めて記載する。 優勝:ワク
『Weekly Volleyball 5/15』の画像

世の中は百聞は一見にしかず、という。 今日、世界クラブ選手権に行ってきたものの、正直、色々なことがあって、何から話せば良いのやら。 全部書くと、ただの道中記になってしまうので、要点だけかいつまんでお話する。 今回、不入り不入りと言われたいる世界クラブ選
『バレーボール夜話 Vol.206 色々なことがあった世界クラブ選手権』の画像

平素より当ブログをご愛顧頂きまして、誠にありがとうございます。 別項でも記載しました通り、4月は全日本、Vともにオフシーズンであり、人事以外話題の乏しい時期でした。そうしたことを踏まえ、4月はオール企画ものという年間でも数少ない時期となりましたが、皆さま方の
『4月度・人気記事ランキング』の画像

世界クラブ選手権にバレー関係者が続々集結している。 JTの吉原監督、PFUの寺廻監督。 そして、全日本のコーチに就任した フェルハト・アクバシェさん。 木村沙織さんも来ていた。 吉原監督は試合のない時でも、よく他チームの試合を偵察しているのをお見かけする。
『バレーボール夜話 Vol.203 もっと注目されるべき試合』の画像

いよいよ始まった世界クラブ選手権。 正直、あのNECがサーブで崩され、調子を取り戻すことが出来ぬまま敗れたのはショックだった。 相手は世界屈指のチーム。 厳しい闘いになることは予想されていたが、正直、ニコロバ選手がいたら、どうなっていたかと頭をよぎった。 N
『バレーボール夜話 Vol.201 高さ、パワー差、経験値』の画像

今日でベスト4が出揃った黒鷲旗大会。 JTマーヴェラスは東レアローズに敗れ 三連覇を逃した。 何度も執念の追い込みを見せたが 最後に力尽きた。 正直、心のどこかで決勝行って欲しいと思う気持ちはありましたが、勝負の世界、やむを得ません。 今日でJTのユニフォーム
『バレーボール夜話 Vol.197 世界クラブ選手権の重要性』の画像

いよいよ始まった第66回黒鷲旗大会。 各チームのスタンスはそれぞれだが、世界クラブ選手権を控える久光製薬スプリングスとNECレッドロケッツを除く殆どのチームが本気モード。 ラヒモワ、ヒュルスト、ジャクソン、カーリー、ドリス選手らを参加させる各チームにはそれだ
『バレーボール夜話 Vol.194 予想外』の画像

あっけにとられた。 こういうのを虫の知らせというのだろうか。 本日、中村亜友美選手の特集を組んだその数時間後に退団発表があるなど、想像すらしていなかった。 こんなことあるんだろうか…。 絶句である。 明日から始まる黒鷲旗を最後にコートを去る選手もいる。 黒
『バレーボール夜話 Vol.193 物悲しくもある、春の総決算』の画像

いよいよ明日より開幕の第66回黒鷲旗全日本男女選抜大会。 その出場メンバーが発表された。 ・大会日程 ・グループ戦の対戦カード ・各チームの出場メンバー ・A組出場チーム NECレッドロケッツ(39回目の出場) 山田晃豊監督  2 古賀紗理那
『特集:黒鷲旗出場登録メンバー一覧』の画像

このところ、全日本女子バレーボールの今日、そして明日で「思い出の全日本・ショートストーリー」と言うのを手掛けている。 過去の全日本の名試合を振り替える企画だが、第一期眞鍋ジャパンは何がすごかったのか? それを検証する機会でもあった。 正直なところ第二期
『バレーボール夜話 Vol.192 勝つ条件。』の画像

↑このページのトップヘ