彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

特集

2016/17Vリーグシーズンを終え、各チーム、選手の皆様、シーズンお疲れ様でした。 ファンの皆様におかれましては、今週末のオールスター戦並びに全日本のシーズン、黒鷲旗、世界クラブ選手権へ思いを馳せていることと存じます。 そこで本稿では、今年1年でブレイクし
『当ブログ限定 2016/17 ベストオブニューヒロイン チャレンジリーグⅠ編』の画像

勝負事には強者と弱者が存在する。 これは勝負事である限りの宿命。 問題はそこからだ。 軌道修正が上手く行ったチーム。 そうでなかったチーム。 そのいずれの明暗が分かれた。 あの久光製薬スプリングスですら 外国人選手を解禁した。 それぐらいリーグのレベルは上がっ
『Weekly Volleyball 2016/17 Vプレミアリーグ総集編②』の画像

たまにふと思う。 毎週毎週、バレーボールを追いかけ続けていて 「だから何だ?」と。 知ってる知識がどうだとか 「だから何だ?」と。 こんなことやってて、 「何かの役に立つのか?」と。 以前プロレスの実況のかの古舘伊知郎さんがプロレスのチャンピオンベルトのこと
『Weekly Volleyball  2016/17 Vプレミアリーグ総集編①』の画像

二日間ともフルセット、双方死力を尽くした攻防はNECレッドロケッツに軍配が上がった。 今のNECは総合力でも久光に引けを取らないぐらいの選手層と実力を持っている。 正直、二年前よりもははるかに強くなっている。 何しろ、レギュラーラウンド、ファイナル6、そしてフ
『バレーボール夜話 Vol.151 新旧交代か、新たなる時代か?』の画像

今日のVプレミアリーグ・ファイナルは、まさに決勝戦に相応しい大攻防戦だった。 この試合、流れを終始コントロールしていたのは久光に映った。 一週間のインターバルのあったNECに比べ、実戦で勝ち上がってきた久光は、第一セット序盤優位に攻めるNECに追い付き、セ
『バレーボール夜話 Vol.150 ガップリ四つ』の画像

※OGを足してしまうときりがないので、現役のみにします。 バレーボール選手の多くは「名門校」出身です。 全国には数多くの名門校がありますが、その多くは優勝候補として名を連ね、その中の一校が高校三冠(春高、インターハイ、国体)の頂点に名を連ねます。 特に春
『九文だよ、全員集合  〜そうです私が九文です〜』の画像

バレーボールは男子が強くても女子が強いとは限らない。 これがバレーボールの七不思議。 かつて、ニッポンのお家芸と言われたバレーボールだが 正直、全日本は男子よりも女子のほうが実績が上。 例えば高校バレー。 男子は東福岡高校が名門中の名門。 バレーボールのみ
『バレーボール夜話 Vol.148 謎』の画像

今年も今週末、いよいよVプレミアリーグのファイナルを迎える。 既に早々とファイナリストの切符を掴んでいたNECレッドロケッツ。 対するは日立リヴァーレとのファイナル3を制し駒を進めた昨年の覇者・久光製薬スプリングス。 2015/16シーズンでファイナルを闘った因縁のチ
『特集:2016/17 Vプレミアリーグ ファイナル』の画像

今日の試合は、色々な感慨がありました。 一言では語れないので、順を追って、これまであまり明言しなかった点に根本について述べてみます。 あくまで個人の感想なので、受け流して頂いても構いません。 まず、久光製薬スプリングスと日立リヴァーレについて。 久光
『バレーボール夜話 Vol.144 勝負のIfと、これから』の画像

↑このページのトップヘ