彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

特集

このところ、新チームの創設に伴う引退選手の復活が増え、バレーボール選手の活躍の幅が広がりつつある。 こうした動きが顕著になるのは良いことだ。 日本では引退、結婚でバレーキャリアが終了するケースが多いが、世界では決して珍しくない。確か2013年のグラチャンでロシ
『特集:バレーボールの未来を考える③ 育成と連携。』の画像

ユニフォームはチーム、選手のもうひとつの顔であり、ファンはユニフォームのカラーでチームを識別するとともに、チームのイメージを引き立たせる。 バレーボールのユニフォームは、目下青、白、赤がトレンド。 特に清涼感ある青白系統は、全体的にトレンド。 2016/17シ
『ユニフォームミュージアム お洒落ユニフォーム・オブ・ザ・イヤー』の画像

普段記事にしないことでも、ふと気付くことや 何気に面白いことが結構ある。 このチーム、雰囲気いいな、とか、このチームは笑わないな、とか。 それもチームカラー。 先日ご紹介したJTマーヴェラスが 当たりたくないチームなら 敵として最も厄介なチームのひとつ トヨタ車
『ファン目線で見たこのチーム 〜トヨタ車体クインシーズ〜』の画像

嵐の前の静けさか、少しずつ色々なことが見え隠れしてきたバレー界。 3月末が予定されていたスーパーリーグ問題が滞る中、全国でバレーボーラーが復帰。 昨日のルートインチームの新規創設など、バレー界に新たな風が吹き始めています。 先日の岡山シーガルズの話ではあり
『バレーボール夜話 Vol.177 夜明け前』の画像

2016/17シーズンも終わり、来月には春のオールスター戦、黒鷲旗が待っている。 これでⅤリーグも一段落を迎えるのだが、各陣営は早くも来季に向けて動き始めている。 おおよそ決まった各チームの内定選手だが、来季晴れてチームの一員として活動を始める。 ということ
『明日の新人王たち ~2017/18シーズンの主役候補~ Vプレミアリーグ編』の画像

毎日ブログを更新していて気づくことは、おおよその場合、選手それぞれにファンが付いている、ということです。 勿論、人気と言っても、男女それぞれに違いがあり、「男性人気の高い選手」、「女性人気の高い選手」など意見の分かれるところなのですが、この前のオールスタ
『今を生きる、V② 〜格好良い女子編〜 チャレンジリーグⅠ、Ⅱ編』の画像

端から見ると、全日本の中田監督と姫路ヴィクトリーナの体制発表がほぼ同じ時期というのも、ある意味意図的な話題作りにも映ります。 しかも、双方とも、まだ絵に書いた餅。 具体的にどのような活動展開をするのか、大まかなビジョンしか示されていません。 ただ、姫路
『特集:バレーボールの未来を考える① ~プロリーグ、その側面②~』の画像

ちょっとだけ尻尾が見えた全日本。 このブログの主旨は全日本ではないのだけれど、詳細は中田久美監督、眞鍋GM、全日本を語るをご高覧頂きたい。 正直、全日本の話題はファンのみならず、全国のバレーボーラーの関心事。 まだ実際に全日本の活動が始まっていないので、具
『バレーボール夜話 Vol.174 大型セッター争奪戦』の画像

Vリーグオールスター戦が、Vリーグのベストメンバーによる交流戦ならば、天皇杯・皇后杯と黒鷲旗は、バレー界のオールスター戦。 そんな位置付けにある。 それもVリーグオールスター戦のようなアトラクション的要素の大会とは違い、「ガチ試合」。 スケールからすれはブ
『Weekly Volleyball 4/10〜 特集:黒鷲旗』の画像

※OGを足してしまうときりがないので、現役のみにします。 バレーボール選手の多くは「名門校」出身です。 全国には数多くの名門校がありますが、その多くは優勝候補として名を連ね、その中の一校が高校三冠(春高、インターハイ、国体)の頂点に名を連ねます。 特に春
『橘だよ、全員集合。〜そうです私が橘です(京都)〜』の画像

↑このページのトップヘ