彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

特集

平素より当ブログをご高覧下さり、誠にありがとうごさいます。 今は全日本のシーズンですが、例年になくシーズンインが遅く、表だった活動も少ないため、シフトチェンジがしずらい年となりました。 当初の予定では全日本の活動が始まったら、黒鷲旗、世界クラブ選手権、ア
『Weekly Volleyball 別冊 特集:日本のバレー界①』の画像

全日本の話題がボチボチ出始めて、ストーブリーグが落ち着くまで、まだもう少し掛かりそうな状況。 恐らく、会場応援はサマーリーグぐらいまでお預けになりそうな状況だが、6月末の東日本インカレを見に行ってみようかな、と考え中。 今だから言える話、会場応援とか当初は
『バレーボール夜話 Vol.215 会場応援』の画像

久しぶりに血湧き肉踊った。 正直、第一セットを先行しながらアウェーの空気に呑まれ、セットを落とすと、続く第二セットもミスが目立ち、もはやこれまでか、と思った。 だが、試合は生き物だ。 地元の大歓声がむしろプレッシャーとなったかのように、第三セット以降、
『バレーボール夜話 Vol.213 アジアナンバーワン!』の画像

※内容はフィクションです。 「だ、る、ま、さ、ん、が、転んだ!」 「掴まえた」 「い、痛い…」 「掴まったかと思った…」 「セーフ!」 「勝ったぞー‼」 「あ、あの、すいません、決勝戦、まだ、残ってます…」 「え?! 優勝じゃないの?」 「新
『バレーのススメ』の画像

※OGを足してしまうときりがないので、現役のみにします。 バレーボール選手の多くは「名門校」出身です。 全国には数多くの名門校がありますが、その多くは優勝候補として名を連ね、その中の一校が高校三冠(春高、インターハイ、国体)の頂点に名を連ねます。 特に春
『誠英だよ、全員集合 〜そうです私が誠英です〜』の画像

2016/17シーズンが終わり、黒鷲旗も終了。 ほとんどのチームがオフシーズン。 全日本で合宿頑張ってる選手も、アジアクラブ選手権に向かう、久光製薬スプリングスの皆様も そして、来季に向けて、動き始めている各チーム、選手の皆様も ともあれ、まずはお疲れ様でし
『世界の果てまでイッテV! ~ガッツポーズ2016/17~』の画像

毎日ブログを更新していて気づくことは、おおよその場合、選手それぞれにファンが付いている、ということです。 勿論、人気と言っても、男女それぞれに違いがあり、「男性人気の高い選手」、「女性人気の高い選手」など意見の分かれるところなのですが、この前のオールスタ
『今を生きる、V⑤ 笑顔が素敵な女子編 〜Vプレミアリーグ編〜』の画像

全日本男子が深津英臣選手をキャプテンとして始動する中、今日は女子バレー界の移籍報道が賑わせた。 今日のWeekly Volleyballでも、PFU、東レの退団選手の記事を書かせて頂いたが、この方は寝耳に水である。 鳥越未玖選手のNECレッドロケッツからの退団が発表されたか
『バレーボール夜話 Vol.208 嵐の船出、全日本』の画像

ワクフバンクの優勝に終わった世界クラブ選手権。 日本はNECレッドロケッツが7位、久光製薬スプリングスが8位とほろ苦い結果に終わった。 落差の大きなサーブと高さとパワーに蹂躙され、厳しい大会となったが、最終順位と個人賞について改めて記載する。 優勝:ワク
『Weekly Volleyball 5/15』の画像

世の中は百聞は一見にしかず、という。 今日、世界クラブ選手権に行ってきたものの、正直、色々なことがあって、何から話せば良いのやら。 全部書くと、ただの道中記になってしまうので、要点だけかいつまんでお話する。 今回、不入り不入りと言われたいる世界クラブ選
『バレーボール夜話 Vol.206 色々なことがあった世界クラブ選手権』の画像

↑このページのトップヘ