彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

ウイングスパイカー

元気があれば、何でも出来る とは、かの有名なアントニオ猪木さんの言葉。 元気は回りにエネルギーを与え、チームをもり立てる。 最下位に沈んだ2015/16シーズンのVプレミアリーグ。 僅か一年で上尾メディックスは、再びVプレミアリーグのコートに帰ってくる。 元気ハツ
『月刊シリーズ別冊 弾けるブルー 上尾メディックス 近藤志歩選手』の画像

JTマーヴェラスはVプレミアリーグに復帰して初年度4位の好成績を収めた。 勿論、選手もチームも、このポジションには満足していない。 JTは全員バレーと良く言われる。 繋いで拾って、勝負を簡単に投げない。 競り合いの強さは特筆もので 吉原知子監督の闘魂が随所に滲み出
『月刊シリーズ別冊 必殺のサウスポー・中村亜友美選手』の画像

石田選手は苦労人である。 いく先々で波乱万丈な人生を歩み そして、今ここにいる。 来季は再び、Vプレミアリーグ。 そこへたどり着いたのも 石田選手のたゆまぬ努力と 忍耐強さから。 かつて世界ジュニア選手権で活躍した少女は いつのまにかキャリア十分のベテランとな
『月刊シリーズ別冊 信念のバレーボーラー 石田瑞穂選手』の画像

2014世界バレー。 第一戦のアゼルバイジャン戦。 石田瑞穂選手のサーブが走り、第一セット8ー0というこの上ない楽勝ムードの試合から一転、衝撃が走った。 弾丸のようなジャンプサーブ、そして二階から打ち下ろされるような強烈なスパイク。 サーブが早くアウトになって
『月刊シリーズ別冊  蒼い瞳のサムライ ポリーナ・ラヒモワ選手』の画像

Vプレミアリーグ2016/17シーズン。 日本のバレーボール界を背負い続けてきた この選手の現役生活が幕を閉じる。 10年にひとり、奇跡のバレーボーラー。 4回のオリンピック。 ロンドンオリンピックのエースと言えば そう、誰もがよく知る みんな大好き、木村沙織選手。
『月刊 木村沙織』の画像

↑このページのトップヘ