彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

ミドルブロッカー

以前からのトヨタ車体クインシーズのファン、並びにVリーグのファンの方ならば、彼女が車体のミドルの軸であることは、皆、知っている。 今季怪我で出遅れながら、存在感が失せることなくむしろ、より鮮明となった。 マチさんこと、平松美有紀選手。 多治見麻子さんが新
『月刊シリーズ別冊 存在感を増すミドルブロッカー トヨタ車体クインシーズ・平松美有紀』の画像

2016/17シーズン。 久光製薬スプリングスはフルタイムで外国人選手を投入した。 この数年、助っ人外国人選手はいたものの、あくまでリザーブ選手。セルビアのエース、ブランキッツア・ミハイロビッチ選手ですらリザーブ選手。 そんな久光も全体のレベルが上がっていること
『月刊シリーズ別冊 ストイックな助っ人 マヤ・トカルスカ選手』の画像

バレー界の助っ人外国人選手も、かつてはビッグネーム、或いは世界でも名の知られた選手が近年、日本に来るケースが多かった。 今や世界的大エースとなったキム・ヨンギョン選手、ブラジルのエース、ガライ・ロドリゲス選手、日本も手を焼かされたアメリカ代表、フォルケ・
『月刊シリーズ別冊 陽気なシージェイ   カースティ・ジャクソン選手』の画像

男子三日会わざれば刮目して見よ 、という言葉がある。 日々鍛錬する人が居れば、その人は3日も経つと見違える程成長しているものだと言う意味。 先日、1月15日の大田区総合体育館で行われた日立リヴァーレとのフルセットの死闘を制した最後の1本は彼女のものだった。 そ
『月刊 島村春世』の画像

この選手が戻ってきてくれたから 全日本は意地を見せてくれた。 リオデジャネイロオリンピックでもみせた 渾身のブロック。 そして、ロンドンを思わせるキャプテンシー。 ともすれば、おとなしめに映る 近年の全日本女子バレーボールチームの中で 見せてくれた母の包容力。
『月刊 荒木絵里香』の画像

玄人好みの技。 ターン打ちと見せかけてのストレート。 ネット際の押し合いも強い。 抜群のコース打ち。 日本バレー界屈指のテクニシャン。 隠れファンが多いこの選手は ユメさんこと山口舞選手。 男女問わず、ユメさんに憧れる人は多い。 そんな彼女の自己主張は、その
『月刊 山口舞』の画像

↑このページのトップヘ