相手コートの前後を揺さぶる、時に豪速球、時にはスピードを殺したサーブ。

image


コートに落ちるか否かのレシーブや、相手の強打を拾いまくるディグに感嘆。

image


相手ブロックの隙間を突いて、或いはトス廻しで撹乱し、目の覚めるようなスパイクが決まる。

image


或いは相手ブロックを巧みに利用して、時にはコートの隙間を図ったように狙い、そして時にはツーで返したり、トスフェイントもある。

image


時間にして長くても2分に満たない僅かな時間の中で繰り広げられる技と力と、駆け引きと攻防。

ある時には一気呵成に攻め込み、またある時は圧倒的不利を跳ね返す。

これがバレーボールの醍醐味です。


そんなバレーボールの魅力に取りつかれた皆様、「彼女はバレーボーラー」へようこそ。


私はかつて「全日本女子バレーボールの今日、そして明日」というブログをやっていました。

題


このブログの趣旨は、全日本女子バレーボールチームと世界を目指すバレーボール選手を応援するためのブログでした。

活動の最大目標であったリオデジャネイロオリンピックがひとつの区切りと思っていたので、もう少し肩の力を抜いて、女子バレーボールチーム、選手を応援するブログをマイペースで行う活動に切り替えようと考えました。

それが、この「彼女はバレーボーラー」です。

当初、男子バレーボールブログに着手することも考えましたが、折角2年以上、女子バレーボールブログに着手したので、そのノウハウを活かしたいと考え、この形になりました。

何よりも労力的に無理があるからです。

これまでよりは、更新頻度はまばらになるでしょうし、内容も散漫になるかも知れません。
その分、これまで書けなかった「この選手が好き」とか「イチオシ」と言った部分も書いていこうと思います。

もう少しのんびり、バレーボールを楽しみたいと思います。

どんな感じになるか、まだ何とも言えませんが、ゆるゆるとまいりましょう。

そして、今まで書かなかった、書けなかった部分も掘り下げて書こうと思います。

ただし、「2チャ●ネル」や、「掲●版」のような、重箱の隅をつつく、陰気臭いものにはしたくありません。

あくまで、明るく、前向きに、時には突っ込み、普段はゆるゆると。

ぐっと砕けた、時には突っ込む「彼バレ」を
宜しくお願いいたします。