申し訳ありませんが、昨日はバレーボール夜話の更新を休ませて貰いました。

正直、それどころではありませんでした。
悠長にブログ更新する心境にはなれなかったからです。



日本一に王手がかかったNPB日本シリーズ第6戦。

筆者はこの試合、第七戦まで縺れたら不利だと感じていました。
 
第五戦が山田哲人選手の3ランで5-5の振り出しに戻すも守護神マクガフ投手が代打ジョーンズ選手のホームランを被弾して敗れる嫌な負け方をしていたからです。

第六、第七戦はオリックスバファローズのホームゲーム。それも第六戦は必勝を期してオリックスのエース・山本投手を持ってきました。

この試合の成り行き如何では流れはオリックスに傾きます。

だから、どうしても昨日の試合で決めて欲しかったのです。


しかし、東京ヤクルトスワローズの先発・高梨投手は立ち上がりの悪さを克服して山本投手に負けない快投を見せました。

が、極寒の中6時間を超える、余りに長すぎる試合…。

何も手が付かない。
ご飯も食べずに見ていました。

四の五の言わずに、黙って見ていたかったです。


"明日からスッキリした気持ちでバレーボールに専念したい"


"今日がもう、あとがないつもりで頑張ってくれ"


最後は祈る気持ちで、
最後までハラハラドキドキ。

そして、延長12回にも及ぶ死闘の末、
ヤクルトは代打の切り札・川端慎吾選手が価千金のレフト前タイムリーで勝ち越し。

不安視されてきた守護神・マクガフ投手が2回と1/3を投げ切り、東京ヤクルトスワローズは
遂に20年ぶりに日本一になりました。

本当におめでとうございます✨☀️✨
そして、ありがとう✨☀️✨

20211127_231248


ペナントレースからあれよあれよ。

本当にこれで何とかなるのか
クライマックスでもそう
日本シリーズでもそう。

正直、下馬評はどこもビリ予想で、開幕も阪神を相手にどん底の連敗スタート。

お世辞にも優勝など、微塵も思いませんでした。

思えば四年前。
真中満監督時代、前年優勝からまさかの96敗で最下位に沈み、小川監督にスイッチ。

前半戦ビリから交流戦首位、ここから連日の逆転勝利で2位に食い込むもCS敗退。

期待の翌年はオールスターゲーム前までは優勝争いも中継ぎ投手陣が崩壊し、一気に最下位へ。

そして翌年、高津臣吾監督が二軍監督より昇格。
やはり前半優勝争いするも、山田哲人選手のコンディション不良、そして中継ぎ陣の崩壊で二年連続最下位。


それだけに、何か今季は夢を見ているようなシーズンでした。

20211128_084301


特に読売ジャイアンツが日本シリーズで二年続けてソフトバンクに0-4で負けて、セ・リーグは弱いとか、セ・リーグもDHを導入すべきとか良く分からない話が多く、何だか肩身の狭い思いをしていたので、これでセ・リーグのファンは溜飲を下げたと思います。


そして、オリックスバファローズの皆様。
ありがとうございました。

本当に強かったです。

吉田正尚選手や杉本選手のプレッシャーは凄かったですし、山本投手をはじめ、ピッチャーも良くて、モヤ、ジョーンズ選手の一発にも泣かされました。

そして、能見投手の村上選手へのワンポイント登板。

阪神時代、何度となく対戦しましたが、まさか、こんな形で再び巡り会うとは夢にも思いませんでした。

ナイスピッチングでした。

坂口選手を迎え入れてくれた温かい拍手も素晴らしかったです。


それでは
またいずれ対戦したいと思います。


これで、心置きなく
これからはバレーボールに専念出来ます。



V-leagueの各チームの皆様も、ナンバーワンの称号がほしくて、或いは今目指すベストのために、日夜努力を重ねているのだと思います。

今年、最後に優勝決定戦に駒を進めるのはどのチームか?

昨日の日本シリーズに負けない、熱い試合を展開して欲しいと思います。


さて、V-leagueは年内の天王山に入りました。

今日は重要な試合が沢山ありました。

まず、東レと久光の一戦。

こちらは序盤から先手を取った東レが、第3セット、久光の追撃を振り切りストレートで快勝。
第一ラウンドを制しました。

そして、首位攻防戦となったJTvsNECの一戦は第一セットを鮮やかに先制したJTを、NECは古賀、柳田、ウィルハイト選手の三枚を軸に猛反撃し逆転勝ちでJTに土をつけました。

ホームの埼玉上尾はトヨタ車体をトータル47%の高い決定率で圧倒し、3-1で下し6勝目。


日立はホームの岡山と対戦、第一セットを岡山が26-24で先制するも、第二セット以降、メンバーが固まってきた日立の足並みが揃い、競り合いを征して3-1で逆転勝ち。

PFUvs姫路の一戦は前半PFU、後半は粘りの姫路と双方の持ち味が出た試合となりフルセットの末PFUが勝ちきり6勝目。

まだラインナップ固めの段階のKUROBE。
デンソーは兵頭、アコスタ、工藤選手のアタッカー陣を中心に45.4%の高い決定率で圧倒しストレート勝ちで8勝目。

結果、以上の順位となりました。


V-1 順位  ※赤字は上位対戦の少ない日程


1.JTマーヴェラス(2020/21 優勝) 
10勝1敗 勝ち点30

まだ当たっていないチーム:久光、デンソー、PFU、日立、岡山


2.NECレッドロケッツ (2020/21 3位) 
10勝1敗 勝ち点28

まだ当たっていないチーム:久光、デンソー、PFU、埼玉上尾、トヨタ車体


3.久光スプリングス(2020/21 8位) 
8勝3敗 勝ち点25

まだ当たっていないチーム:JT、NEC、PFU、姫路、岡山


4.東レアローズ(2020/21 準優勝) 
8勝3敗 勝ち点25

まだ当たっていないチーム:デンソー、埼玉上尾、日立、トヨタ車体、KUROBE


5.デンソーエアリービーズ(2020/21 4位) 
8勝3敗 勝ち点23

まだ当たっていないチーム:JT、NEC、東レ、姫路、岡山


6.埼玉上尾メディックス(2020/21 5位) 
6勝5敗 勝ち点18

まだ当たっていないチーム:NEC、東レ、日立、姫路、KUROBE


7.PFUブルーキャッツ(2020/21 9位) 
6勝5敗 勝ち点17

まだ当たっていないチーム:JT、NEC、久光、日立、岡山


8.日立astemoリヴァーレ(2020/21 7位)
5勝6敗 勝ち点15

まだ当たっていないチーム:JT、東レ、PFU、埼玉上尾、KUROBE


9.ヴィクトリーナ姫路(2020/21 10位) 
3勝8敗 勝ち点9

まだ当たっていないチーム:久光、デンソー、埼玉上尾、トヨタ車体、KUROBE


10.岡山シーガルズ(2020/21 6位) 
2勝9敗 勝ち点8

まだ当たっていないチーム:JT、久光、デンソー、PFU、トヨタ車体


11.トヨタ車体クインシーズ(2020/21 11位) 
11敗 勝ち点0

まだ当たっていないチーム:NEC、東レ、姫路、 岡山、KUROBE


12.KUROBEアクアフェアリーズ(2020/21 12位)
11敗 勝ち点0

まだ当たっていないチーム:東レ、埼玉上尾、日立、姫路、トヨタ車体


順位は埼玉上尾がじわりじわりと上げ6位に浮上。フルセット勝ちのPFUは7位に後退。

見た目上位の動きはそれだけですが、JTがNECに、久光が東レにそれぞれ敗れたため、上位の間隔が詰まりました。

JTとNECは勝敗同点の2ポイント差。
久光と東レも勝敗同点、ポイント差もなくなりました。その2ポイント差にデンソー。
日立が5勝目で、PFUのすぐ下に迫ってきました。


今年のリーグは長いです。
まだレギュラーラウンドが来年3月まで続きます。

だから、今苦しくても
先行きが見えなくても

"絶対大丈夫"

この言葉のバトンを繋いで行きたいと思います。



先週一週間。
デンソーvs埼玉上尾戦以外、カードがなかったV-1。

今週は元通り、全6カードが組まれている。


20211122_222217



V-leagueの現在の順位をおさらいする。


V-1 順位  ※赤字は上位対戦の少ない日程


1.JTマーヴェラス(2020/21 優勝) 
10勝 勝ち点30

まだ当たっていないチーム:NEC、久光、デンソー、PFU、日立、岡山


2.NECレッドロケッツ (2020/21 3位) 
9勝1敗 勝ち点25

まだ当たっていないチーム:JT、久光、デンソー、PFU、埼玉上尾、トヨタ車体


3.久光スプリングス(2020/21 8位) 
8勝2敗 勝ち点25

まだ当たっていないチーム:JT、NEC、東レ、PFU、姫路、岡山


4.東レアローズ(2020/21 準優勝) 
7勝3敗 勝ち点22

まだ当たっていないチーム:久光、デンソー、埼玉上尾、日立、トヨタ車体、KUROBE


5.デンソーエアリービーズ(2020/21 4位) 
7勝3敗 勝ち点20

まだ当たっていないチーム:JT、NEC、東レ、姫路、岡山、KUROBE


6.PFUブルーキャッツ(2020/21 9位) 
5勝5敗 勝ち点15

まだ当たっていないチーム:JT、NEC、久光、日立、姫路、岡山


7.埼玉上尾メディックス(2020/21 5位) 
5勝5敗 勝ち点15

まだ当たっていないチーム:NEC、東レ、日立、姫路、トヨタ車体、KUROBE


8.日立astemoリヴァーレ(2020/21 7位)
4勝6敗 勝ち点12

まだ当たっていないチーム:JT、東レ、PFU、埼玉上尾、岡山、KUROBE


9.ヴィクトリーナ姫路(2020/21 10位) 
3勝7敗 勝ち点8

まだ当たっていないチーム:久光、デンソー、PFU、埼玉上尾、トヨタ車体、KUROBE


10.岡山シーガルズ(2020/21 6位) 
2勝8敗 勝ち点8

まだ当たっていないチーム:JT、久光、デンソー、PFU、日立、トヨタ車体


11.トヨタ車体クインシーズ(2020/21 11位) 
10敗 勝ち点0

まだ当たっていないチーム:NEC、東レ、埼玉上尾、姫路、 岡山、KUROBE


12.KUROBEアクアフェアリーズ(2020/21 12位)
10敗 勝ち点0

まだ当たっていないチーム:東レ、デンソー、埼玉上尾、日立、姫路、トヨタ車体



年内あと二週となったV-league。
いよいよ首位攻防戦が激化する。

全勝のJTに挑む1敗のNEC。
昨年準優勝の東レは久光と対戦。

じわじわ押し上げてきた埼玉上尾はトヨタ車体と。

勝率五割に到達したい日立は今季苦戦の岡山と対戦。

目下五割のPFUは粘りの姫路と対戦。

上位を狙うデンソーは建て直しを図るKUROBEと対戦。


年末最後の大勝負に向けて
火蓋が切って落とされる。

笑って年始を迎えられるのはどのチームか?





・V-1

埼玉県・川越運動公園総合体育館

○埼玉上尾メディックス(2020/21 5位) 
6勝5敗 勝ち点18
3-0
(25-21 25-21 25-23)
トヨタ車体クインシーズ(2020/21 11位) 
11敗 勝ち点0


・埼玉上尾メディックスのスターティングメンバー

・レフト:内瀬戸真実選手、佐藤優花選手
・ライト:ロレンネ・ティシェイラ選手
・ミドル:青柳京古選手、サンティアゴ・アライジャタフニゴ選手
・セッター:山崎のの花選手
・リベロ:山岸あかね選手


・トヨタ車体クインシーズのスターティングメンバー

・レフト:
薮田美穂子選手、黒須咲良選手
・ライト:
ケルシー・ロビンソン選手
・ミドル:松本亜弥華選手、ハッタヤ・バムルンスック選手
・セッター:山上有紀選手
・リベロ:小出雛
選手


・ベストスコアラー
佐藤優花選手(埼玉上尾メディックス)

_20211016_165046

20得点


静岡県・このはなアリーナ
ピックアップゲーム

○東レアローズ(2020/21 準優勝) 
8勝3敗 勝ち点25
3-0
(25-23 25-22 25-16)
久光スプリングス(2020/21 8位) 
8勝3敗 勝ち点25


・東レアローズのスターティングメンバー

・レフト:クラン・ヤナ選手、石川真佑選手
・ライト:中田紫乃選手
・ミドル:小川愛里奈選手、大崎琴未選手
・セッター:関菜々巳選手
・リベロ:水杉玲奈選手、中島未来選手


・久光スプリングスのスターティングメンバー

・レフト:野本梨佳選手、今村優香選手
・ライト:中川美柚選手
・ミドル:フォルケ・アキンラデウォ選手、濱松明日香選手
・セッター:栄絵里香選手
・リベロ:池谷優佳選手、戸江真奈選手



第一セット

1セット東レ17-16より
樫村選手リリーフサーバー
野本選手レフトからのブロックアウト
小川選手戻る 石井選手リリーフサーバー
石川選手アタックアウト
久光18-17で東レ一回目のタイムアウト
今村選手レフトからのブロックアウト
石川選手レフトからのクロス
大崎選手ブロック

白澤選手ライトからのフェイント
中田選手レフトからのブロックアウト(東レチャレンジ成功)
クラン選手ブロック
今村選手レフトからのフェイント 
久光二枚換え戻す
クラン選手レフトからのフェイント
今村選手アタックアウト
久光一回目のタイムアウト
濱松選手ダイレクト
野本選手戻る
野本選手レフトからのクロス
中田選手ライトからのストレート
西川選手イン
中川選手アタックアウトで東レ25-23

セットカウント1-0で東レリード


・第二セット

アキンラデウォ選手アタックアウト
栄選手ツー
大崎選手アタックアウト

クラン選手レフトからのクロス
今村選手レフトからのクロス
中田選手ライトからのクロス
今村選手レフトからのブロックアウト
小川選手ブロード
中川選手ブロック
アキンラデウォ選手クイック
石川選手アタックアウトで久光7-4
東レ一回目のタイムアウト
クラン選手バックライト
野本選手レフトからのストレート
久光8-5とリード
石川選手レフトからのアタック
野本選手アタックアウト
野本選手レフトからのクロス
石川選手ブロック
久光オーバータイムス(久光チャレンジ失敗)
クラン選手レフトからのクロス
今村選手レフトからのブロックアウト
今村選手レフトからのクロス

今村選手ブロック
クラン選手レフトからのクロス
クラン選手ブロック
クラン選手プッシュ
大崎選手ネットインサービスエースで東レ14-12
久光一回目のタイムアウト
今村選手レフトからのクロス
中田選手アタックアウト

クラン選手アタックアウト
クラン選手レフトからのブロックアウト
西川選手イン
中川選手ライトからのアタック
久光16-15とリード
白井選手イン
白井選手ダブルコンタクト
今村選手サーブアウト
野本選手フェイント
石川選手レフトからのクロス
野本選手レフトからのクロス
井上美咲、白澤選手二枚換え
石川選手レフトからのインナークロス
関、中田選手戻る
久光得点
石井選手リリーフサーバー
石川選手ライトからのフェイント
クラン選手アタックで20-20
久光二回目のタイムアウト
今村選手レフトからのクロス
クラン選手フェイント
クラン選手レフトからのストレート
大崎選手サービスエース
大崎選手サーブアウト
中川、栄選手戻る
クラン選手レフトからのストレート
クラン選手レフトからのクロスで東レ25-22

セットカウント2-0で東レリード

第三セット

クラン選手レフトからのクロス
小川選手ブロック
今村選手レフトからのストレート
今村選手アタックアウト
中田選手サーブアウト
野本選手ブロック

関選手ツー
石川選手レフトからのブロックアウト
野本選手レフトからのクロス
小川選手ブロード
石川選手レフトからのカンチャンクロス
アキンラデウォ選手クイック
中川選手サーブアウト
東レ8-5とリード
アキンラデウォ選手プッシュ
中田選手レフトからのストレート
野本選手のアタック
クラン選手レフトからのクロス
クラン選手レフトからのソフトクロスで東レ11-7
久光一回目のタイムアウト
濱松選手ブロード
東レ得点
今村選手レフトからのストレート
今村選手ライトからのストレート
今村選手サービスエースで
東レ12-11
東レ一回目のタイムアウト
クラン選手レフトからのクロス
中川選手ブロック
小川選手ブロード
樫村選手リリーフサーバー
アキンラデウォ選手ブロック
小川選手戻る
野本選手アタックアウト
石川選手レフトからのブロックアウト
東レ16-13とリード
アキンラデウォ選手ブロード
野本選手アタックアウト
クラン選手ブロック
今村選手アタックアウトで東レ19-14
久光二回目のタイムアウト
野本選手アタックアウト
今村選手アタックアウト
石川選手サーブアウト
平山選手リリーフサーバー
クラン選手アタック
クラン選手ブロック
濱松選手ブロード
クラン選手フェイント
白井、西川選手二枚換え
白井選手サービスエースで東レ25-16

セットカウント3-0で東レ勝利

・ベストスコアラー
クラン・ヤナ選手(東レアローズ)

_20211015_211624

26得点




兵庫県・ベイコム総合体育館

○JTマーヴェラス(2020/21 優勝) 
10勝1敗 勝ち点30
3-0
(25-19 25-18 25-23)
NECレッドロケッツ (2020/21 3位) 
10勝1敗 勝ち点28


・JTマーヴェラスのスターティングメンバー

・レフト:林琴奈選手、西川有喜選手
・ライト:アンドレア・ドリューズ選手
・ミドル:芥川愛加選手、タットダオ・ヌクジャン選手
・セッター:籾井あき選手
・リベロ:小幡真子選手


・NECレッドロケッツのスターティングメンバー

・レフト:古賀紗理那選手、サラ・ウィルハイト選手
・ライト:柳田光綺選手
・ミドル:野嶋華澄選手、山田二千華選手
・セッター:澤田由佳選手
・リベロ:井上琴絵選手、小島満菜美選手 

・ベストスコアラー
アンドレア・ドリューズ選手(JTマーヴェラス)

_20211023_222602

22得点




○デンソーエアリービーズ(2020/21 4位) 
8勝3敗 勝ち点23
3-1
(22-25 25-17 25-12 25-14)
KUROBEアクアフェアリーズ(2020/21 12位)
11敗 勝ち点0


・デンソーエアリービーズのスターティングメンバー

・レフト:アコスタ・ロスランディ選手、兵頭由希選手
・ライト:工藤嶺選手
・ミドル:森谷史佳選手、横田真未選手
・セッター:松井珠己選手
・リベロ:福留彗美選手、石橋桃子選手


・KUROBEアクアフェアリーズのスターティングメンバー

・レフト:ラッツ・メレーテ選手、金杉由香選手
・ライト:ピンピチャヤ・コクラム選手
・ミドル:細沼綾選手、道下ひなの選手
・セッター:小西愛衣選手
・リベロ:立石優華選手

・ベストスコアラー
兵頭由希選手(デンソーエアリービーズ)

_20211023_223927

26得点


岡山県・ジップアリーナ

○岡山シーガルズ(2020/21 6位) 
2勝9敗 勝ち点8
3-0
(28-26 25-20 25-18)

日立astemoリヴァーレ(2020/21 7位)
5勝6敗 勝ち点15


・岡山シーガルズのスターティングメンバー

・レフト:金田修佳選手、高柳有里選手
・ライト:佐藤愛美選手
・ミドル:川島亜依美選手、長瀬そら
選手
・セッター:宮下遥選手
・リベロ:
船田芽依選手、楢崎慈惠選手


・日立astemoリヴァーレのスターティングメンバー

・レフト:上坂瑠子選手、室岡莉乃選手
・ライト:長内美和子選手
・ミドル:タップ・ハンナ選手、渡邊彩選手
・セッター:雑賀恵斗選手
・リベロ:小池杏菜選手、齋藤加奈子選手

・ベストスコアラー
長内美和子選手(日立astemoリヴァーレ)

_20211128_145112

18得点


福井県・トリムパークかなづ

○PFUブルーキャッツ(2020/21 9位) 
6勝5敗 勝ち点17
3-2
(25-14 25-16 19-25 18-25 15-11)
ヴィクトリーナ姫路(2020/21 10位) 
3勝8敗 勝ち点9


・PFUブルーキャッツのスターティングメンバー

・レフト:鍋谷友理枝選手、志摩美古都選手
・ライト:バルデス・メリーサ選手
・ミドル:ジャン・ティタントゥイー選手、綿引菜都美選手
・セッター:田原愛里選手
・リベロ:森田茉莉選手、和才奈々美選手


・ヴィクトリーナ姫路のスターティングメンバー

・レフト:セレステ・プラク選手、孫田菜奈選手
・ライト:田中咲希選手
・ミドル:佐々木千紘選手、宮地佳乃選手
・セッター:櫻井美樹選手
・リベロ:花井萌里選手

・ベストスコアラー
バルデス・メリーサ選手(PFUブルーキャッツ)
_20211016_164141


セレステ・プラク選手(ヴィクトリーナ姫路)

_20211023_223012

27得点


V-2は前半戦の天王山を迎えていました。
ルートインはホームで千葉を3-1で撃破し5勝目。

初勝利に燃える熊本とJAぎふの一戦はストレートでJAぎふに軍配。

そして、注目のアランマーレと群馬銀行の全勝対決は、双方全く譲らない互角の展開ながらクラリッチ選手初先発から中田選手投入など総力戦で群馬銀行が3-1で勝ちきり、満を持して首位に浮上。
 
結果、以下の順位となっています。  



V-2の順位



1.群馬銀行グリーンウイングス
(2020/21 優勝) 5勝 勝ち点15

2.プレステージ・インターナショナル アランマーレ
(2020/21 3位) 5勝1敗 勝ち点15

3.ルートインホテルズ・ブリリアントアリーズ
(2020/21 2位) 5勝2敗 勝ち点14

4.JAぎふリオレーナ
(2020/21 5位) 4勝3敗 勝ち点12

5.
GSS東京サンビームズ
(2020/21 8位) 2勝3敗 勝ち点7

6.大野石油広島オイラーズ
(2020/21 6位) 2勝2敗 勝ち点6

7.ブレス浜松
(2020/21 4位) 2勝3敗 勝ち点5

8.千葉エンゼルクロス
(2020/21 7位) 2勝5敗 勝ち点5

9.リガーレ仙台
(新加入)1勝4敗 勝ち点3

10.フォレストリーヴズ熊本
(2020/21 9位) 5敗 勝ち点1


20211122_222428

群馬銀行が首位とは言っても差はほとんどありません。追ってアランマーレ、ルートインまでがベスト3。4勝目をあげたJAぎふが4位で追撃体制。

V-2も年内残りが来週一週間です。



長野県・松本市総合体育館

○ルートインホテルズ・ブリリアントアリーズ
(2020/21 2位) 5勝2敗 勝ち点14
3-1
(21-25 25-21 25-15 25-21)
大野石油広島オイラーズ
(2020/21 6位) 2勝2敗 勝ち点6


・ルートインホテルズ・ブリリアントアリーズのスターティングメンバー

・レフト:高橋愛未選手、野嶋華鈴選手
・ライト:村山美佳選手
・ミドル:小茂田夏海選手、岩本周加選手
・セッター:横田実穂選手
・リベロ:水谷真友選手


・大野石油広島オイラーズのスターティングメンバー

・レフト:島田櫻子選手、濱田彩佳選手
・ライト:川瀬ちあき選手
・ミドル:増田美久選手、駒田真実選手
・セッター:坂口莉乃選手
・リベロ:土岡真央選手

・ベストスコアラー
濱田彩佳選手(大野石油広島オイラーズ)  

_20211128_142715

17得点


群馬県・桐生ガススポーツセンター

フォレストリーヴズ熊本
(2020/21 9位) 5敗 勝ち点1
2-3
(17-25 25-17 21-25 27-25 14-16)
○GSS東京サンビームズ
(2020/21 8位) 2勝3敗 勝ち点7

・フォレストリーヴズ熊本のスターティングメンバー

・レフト:川口美久選手、白岩蘭奈選手
・ライト:大谷芽衣選手
・ミドル:和田法子選手、入江彩水選手
・セッター:萩原透海選手
・リベロ:河合桃香選手、中條菜津紀選手


・GSS東京サンビームズのスターティングメンバー

・レフト:色摩知巳選手、勝見咲子選手
・ライト:西條華子選手
・ミドル:心穆意選手、及川佑加選手
・セッター:松尾由紀子選手
・リベロ:平岩沙紀選手、畠山初音選手

・ベストスコアラー
白岩蘭奈選手(フォレストリーヴズ熊本)

_20211106_145753

29得点



○群馬銀行グリーンウイングス
(2020/21 優勝) 5勝 勝ち点15
3-2
(25-12 27-29 29-27 20-25 15-9)
JAぎふリオレーナ
(2020/21 5位) 4勝3敗 勝ち点12

・群馬銀行グリーンウイングスのスターティングメンバー

・レフト:田中瑠奈選手、カルラ・クラリッチ選手
・ライト:新井祥選手
・ミドル:安福若菜選手、伊藤寿奈選手
・セッター:古市彩音選手
・リベロ:栗栖留生選手、吉岡みなみ選手


・JAぎふリオレーナのスターティングメンバー

・レフト:高石明美選手、柳沼優花選手
・ライト:齊藤望選手
・ミドル:本間真樹子選手、浜田栞選手
・セッター:唐川愛璃選手
・リベロ:高橋侑里選手、目加田莉央選手


・ベストスコアラー
高石明美選手(JAぎふリオレーナ)

_20211108_032547

35得点

※結果は随時、更新いたします。