※このコーナーはバレーボールの小ネタとノンジャンルで綴ります。※昼の小話はお昼夕方・不定期更新です。


_20210115_065959




筆者は昔から、寒くなると足取りが早くなる。
理由は単純、寒いから早く暖かい場所に辿り着こうとする。

これは生存本能らしい。

今朝、駅までの徒歩の際、黒いランドセルを背負った小学生と一緒だった。
驚くのは地下歩道を歩くのが大人並みに速い。

立派なものだ。

筆者もその昔、保育園に通っていた頃はバス通学だったが、今の小学生ほど立派だったかというと疑問で、毎日バス停まで母に送って貰っていた気がする。

見習わないといけない。


さて、久しぶりにバレーボールの大会が元通りになったが、正直、更新がかなりしんどい。

本音をいうと、そろそろ辞め時かと思っていた。

特に近年、女子よりも男子に目が行きがちで、既に終了を報告している"全日本女子バレーボールの今日、そして明日 ~東京オリンピック編~"も中田ジャパンがあまりに呆気ない終わり方で、かつ後任監督の発表も遅れに遅れたため、引き際が難しくなった。

正直、監督も協会も誰も自らの失敗を認めず、その尻拭いすらしないのには呆れる。
 
映画でいうところのバッドエンドだ。

このところ、V-leagueの開幕もあり、お陰様でブログアクセスは元に戻ってきたが、今後をどうすると思い悩んでいた時に眞鍋さんの全日本復帰の知らせが舞い込んできた。


正直、来年の全日本の編成や育成プランがどうなるか、とても気になる。

たった三年しかないパリまでの道、それを踏まえたV-league2021/22シーズン。

終わりなきエンドレスワルツ。
どうするべきか、思案中。