コロナが完全に下火に入った。

コロナ感染者1000人を超える都道府県は以下の通り

東京都       1273人
大阪府       1263人

遂に東京都と大阪府だけになった。

これもワクチン2回目の接種率が49.7%とほぼ50%に到達した証だろう。
 
アメリカと比較しても大差ない。


実は世界的にコロナの感染者数は全く下がっていない。

アメリカの9/10のコロナ感染者数は262076人。日本のざっと30倍。
イギリスの9/10のコロナ感染者数は36734人。日本のざっと4倍強。

なのに、アメリカの球場はほぼ満員でマスクを付けていない。

要はワクチン打ったから感染しても風邪をひくのと同じ感覚なのだろう。

イギリスはコロナ対策に追われ、健康保険料を1.25%引き上げる方針を固めている。



結局、コロナ感染者数は常に外国人入国者数の増加に左右されてきた。

昨年末は中国から大量の入国者、7~8月の大量増加は東京オリンピックとパラリンピック。

今後も外国人の入国規制が緩和されると同様のことが予想されるが、コロナで経済が疲弊している影響を鑑みるとこれらの方策で感染者数が左右される懸念がある。

ワクチン接種を二度済ませたといっても、100%の予防成果を得られる訳ではない。

よって、これまで通りソーシャルディスタンスに気を付けての暮らしは変わりなさそうだ。


さて、そのコロナの沈静化に伴い今日から関東秋季大学リーグが、明日からは男子のアジア選手権が開幕する。




日本は予選A組でインド、カタール、バーレーンと対戦。

ここで上位2チームに入ると1-8位戦へ進出。

日本、イラン、オーストラリアは順当に勝ち上がるだろう。

ただ、石川祐希選手が背中を痛めているとのことなので、予選ラウンドは出場を見合わせるかもしれない。

準優勝までが来年の世界選手権の切符を掴むのでここは優勝で出場権を勝ち取りたい。




さて、開幕が来月に迫ったV-league。

今回はV-1各チームの印象に残る直近のSNSをピックアップしたい。

どのチームのSNSがインパクトがあって、面白いか、チェックして貰いたい。

















それぞれに味わいがありますが、

JTはカチューシャ、こちらはファン感の時ですかね?

NECの動画、中々面白いですね(^^)

関選手のパーマがなんとなくサザエさんっぽく見えます(^^;
開幕の頃、どうなっているか、楽しみです(^^)

デンソーのポスター、かなり目立ちますね。
会場では一際目立ちそう(@_@)

金田選手、存在感ありますよね。
敵としてみたらかなり嫌な選手ですね。
来年も活躍しそうです(^^)


「るーるる、るるるるーりこ」のあのフレーズでお馴染みの上坂瑠子選手。
「なんだ、ふくらはぎって???」
とつい見ちゃいました(^^;


大竹選手と石井選手、なんかふわふわした組み合わせですね(^^)  全日本で顔合わせしてますが、インスタライブ、楽しむです(^^)


ついくだらない、と思いつつ見てしまった坂本監督にイタズラする高相選手。普段もいたずらっ子なんですかね(^^;

姫路のおしゃれ番長こと吉岡可奈選手。
来季は改めて期待です(^^)

若返りのトヨタ車体。
随分賑やかになりました。
来季は若い力で旋風を吹かせて欲しいです(^^)


すっかりKUROBEの顔となった浮島選手と島田選手。
金杉選手も合流し、賑やかになりそうです。



で、いきなり新コーナー

今日のピックアッププレイヤーは埼玉上尾メディックスの佐藤優花選手です。

20210911_231134


昨年は吉野選手の負傷を受け、急遽抜擢され、頑張りました。

やはり、ずっと気になっていた選手でした。

何しろ、チャレンジリーグでは伝説のエース。
数多くのタイトルホルダーとして突出した存在でしたので、トップリーグでどこまでやれるか、気になっていました。


打力は十分に通用しますが、元々はサーブレシーブもこなしていたので、こちらの上達とともに出番は増えそうです。

何よりも、佐藤選手の目処が立ったのはチームとして大きかったと思います。

佐藤選手も就実高校出身。
先輩には久光の石井優希選手。後輩にはかつてトヨタ自動車でチームメイトだった新井祥選手、東レアローズの小川愛里奈選手らがいます。

トヨタ車体の周田夏紀選手も今年ルーキーの後輩です。

埼玉上尾は昨年後半からうなぎ登りに調子を上げてきているので、来季も楽しみです。

そして、佐藤選手にはこれから一花も二花も咲かせて欲しいところ。

頑張って欲しいです(^^)