今年は台風がこないまま梅雨明けとなりましたが、今頃になって台風が来ています。

台風5号が九州の西側を明日通過。
幸い、この台風は11日には日本海側で温帯低気圧に変わるとのことです。九州地方の方は暴風や高波には十分注意してください。


このところ、関東地方では梅雨明け以降は連日の猛暑日が続きます。この暑さのピークは明後日11日(火)まで続く見込みです。

コロナ対策でマスクが手放せない中の猛暑は危険ですので、なるべく不要な外出を避け、極力涼の取れる場所でお過ごし下さい。

 
と、まるで今日は天気予報のようなスタートとなりましたが、コロナの影響や猛暑で外出には何かと制限が多い中なので、ご自宅で過ごされる方も多かったのではないかと思います。


さて、この十数年で変わったと思うものが幾つかありますが、代表的なもののひとつに散髪があります。

original


自分たちの子供の頃は床屋でしたが、ある頃から急激に美容室が増え、同時に床屋のチェーン店も増えました。

特にこの床屋のチェーン店は当初はかなり画期的というか、それまではなかったものでした。

床屋と美容室との違いは、男性に限って言えば原則、髭剃りがあるか、ないかですが、このチェーン店の進出に伴い価格破壊が起こり、駅構内などで髪だけ切る格安のものも珍しくなくなりました。

そして、個人経営の床屋が大分減った気がします。昔は同級生のうちの何人かが家が床屋とか多く、この数年で個人経営のお店が激減しました。

古くからその土地に馴染みのある人にしてみれば、いきつけの店がなくなるのは寂しいことです。

地方に行くと、結構残っており、"ああ、まだ頑張っているんだな"と思う時があります。

今は帰省の時期ですが、今年は自粛ムードで自宅待機の方も少なくないかもしれません。


そこで今日はお題をひとつ。

題して、"2022年以降の全日本監督は?"


10c600bedc4f03b82737079f744f53e2fb9aec6a-thumb-autox420-204223


このブログは全日本が専門ではありませんが、正直気になります。

東京オリンピックでメダル獲得なら、中田久美監督が続投でしょうし、そうでないなら新監督誕生の可能性もあります。

バレーボールの試合が少ない時期だからこそ、今の時点でファンの方がどう思っているのか知りたいと思います。

内閣支持率みたいなものですので、どのみち、来年の結果次第で世論は大きく変わります。その推移を見届けるのも、また一考かと。


予定通りなら、あと二ヶ月でV-leagueが開幕しますが、全日本の動向はV-leagueの有り方そのものを大きく左右します。

そういう意味では興味深いアンケートです。
興味のある方はご協力下さい。

あとで見返してみて、"あの当時はこうだったか"と忘れた頃に思い出すのもいいかもしれませんね。




考えてみると…。

過去10年のV-league優勝監督は 

中田久美さん
山田晃豊さん
吉原知子さん
菅野幸一郎さん

この4名しかいません。

眞鍋政義さんはそれ以前で、相原昇さんは知っての通り、東九州龍谷高校の監督。

菅野さんは昨年優勝なら、再び全日本監督の機運が高まったかもしれませんが、昨季限りで監督を退いてしまい、機運が薄れました。

候補には入れませんでしたが、長らくアンダーカテゴリーを率い、今日の土台を築いた安保澄さんをいれても良かったかもしれませんね。