週末のバレーボールがこれ1試合というのも異例だ。

昨日お伝えした通り、V-2男子は打ちきり。
男子のV-1ファイナルだけが行われる。

それも無観客試合。


オフシーズンがないと揶揄されるバレーボールも、こんな形で思いがけずオフとなる。
今月末の天皇杯・皇后杯の実施の是非も決まっていないが、とにかく今はことの成り行きを待つしかない。


IMG_20200229_065715

IMG_20200225_071915


今年優勝を争うのは、前年覇者にして二連覇中の大本命・パナソニックパンサーズ。
対するは新進気鋭の全日本エース・西田有志選手を擁するジェイテクトSTINGS。

清水選手vs西田選手の全日本新旧エース対決でもある。


かつてプロレスの世界に巌流島決戦というノーピープルマッチが行われたことがあったが、果たしてどちらに軍配が?


異例の形式で行われる2019/20 V-1男子ファイナル。
まもなくご開帳。



・2019/20 V-1男子ファイナル

パナソニックパンサーズ

IMG_20200229_065352


2-3
(25-17 22-25 22-25 28-26 10-15)

◯ジェイテクトSTINGS

IMG_20200229_065356


・パナソニックパンサーズのスターティングメンバー

レフト:ミハウ・クビアク選手、久原翼選手
ライト:清水邦広選手
ミドル:山内晶大選手、白澤健児選手
セッター:深津英臣選手
リベロ:永野健選手、伊賀亮平選手


・ジェイテクトSTINGSのスターティングメンバー

レフト:カジースキ・マティ選手、藤中優斗選手
ライト:西田有志選手
ミドル:金丸晃太選手、饒書涵選手
セッター:中根聡太選手
リベロ:本間隆太選手、袴谷亮介選手

・ベストスコアラー
西田有志選手(ジェイテクトSTINGS)

_20200229_231956

36得点

 

・最終結果

IMG_20200229_232138


優勝:ジェイテクトSTINGS
準優勝:パナソニックパンサーズ
3位:サントリーサンバーズ
4位:JTサンダーズ広島
5位:堺ブレイザーズ
6位:東レアローズ
7位:ウルフドッグス名古屋
8位:FC東京
9位:大分三好ヴァイセアドラー
10位:VC長野トライデンツ


_20200229_234407


・個人賞

MVP:西田有志選手(ジェイテクトSTINGS)

敢闘賞:清水邦広選手(パナソニックパンサーズ)

得点王:西田有志選手(ジェイテクトSTINGS)

スパイク賞:小野寺太志選手(JTサンダーズ広島)

ブロック賞:小野寺太志選手(JTサンダーズ広島)

サーブ賞:西田有志選手(ジェイテクトSTINGS)

サーブレシーブ賞:鶴田大樹選手(サントリーサンバーズ)

レシーブ賞::鶴田大樹選手(サントリーサンバーズ)


・ベスト6

西田有志選手(ジェイテクトSTINGS)

ミハウ・クビアク選手(パナソニックパンサーズ)

ドミトリー・ムセルスキー選手(サントリーサンバーズ)

饒書涵選手(ジェイテクトSTINGS)

小野寺太志選手(JTサンダーズ広島)

深津英臣選手(パナソニックパンサーズ)



・ベストリベロ

本間隆太選手(ジェイテクトSTINGS)


・新人王

藤中優斗選手(ジェイテクトSTINGS)



※結果は随時、更新いたします。