日本女子代表チームにおける長かったネーションズリーグが終わりました。 

何はともあれ、まずはお疲れ様でした。

ただ、この第五次ラウンドの3日間に関しては勝つべきところで勝てないということは、まだまだチームとして強くないというところを露呈しています。

特にサーブで崩される場面が多く、総合的にみてもあまり強くなっていない感じがします。

GalleryPic (70)


日本はこの数年、セカンドクラスの上というポジションで、ミドルの多様化やパイプを中心の組み立て、低くて速いテンポなど中田流スライドしたものの、強さそのものは現状維持というのが正確なところ。

特に日本はサーブレシーブが生命線でここが崩されると厳しいです。ディグはかなり鍛えこんでいますが、今にして思えば、サーブ、サーブレシーブ、ディグ、ミスを少なくの4つの世界一を掲げた眞鍋政義さんの指針が如何に正確で、分かりやすかったのかを思い知らされます。

正直、中田ジャパンは具体性に乏しく、明確な指針がないように映ります。(本当はあっても言わないだけかも知れませんか)

秋までに昨年同様、サーブレシーブやブロック、ディグは究極まで引き上げるでしょうが、昨年の世界選手権を踏まえると、やはりより具体的で効果的な戦術がないと厳しいでしょうね。

GalleryPic (63)


ネーションズリーグで注目の巻き返し、新戦力組で目立った選手は鍋谷友理枝選手。
完全に復調しました。

レフトでもライトでも行けますし、数少ないスピードタイプなので、展開を変えるにはもってこいの存在。持ち前のサーブもよくなってきましたので、後は怪我がないこと。

佐藤美弥選手は安定感は抜群ですが、後半に入ってから持ち味の速いトス回しにやや陰りが見えてきました。サーブレシーブが崩されていることも苦戦の要因ですが、相手もまた、慣れてくるということです。あと一歩決め手が欲しいところ。

芥川愛加選手は今回一番株を上げた選手のひとり。スピードも高く跳ぶこともできますし、能力的には奥村選手と遜色ありません。

渡邊選手は相手のクラスや大きさが上がってきてどうかな?という気がします。スピードは十分通用すると思いますが、気になるのはそこだけですね。

GalleryPic (34)


後半は出番がなかった長内美和子選手。
小柄ですがパンチ力があり、ジャンプサーブも魅力。ミスが少なくこれでサーブレシーブが新鍋選手級ならレギュラーで使いたい選手です。
温存なのかどうかは分かりませんが、これからの成長次第では、本当に日本の秘密兵器になるのかも知れません。

出番が少なかった中川美柚選手と今村優香選手。
ともに久光の選手ですが、今村選手はもう少し見てみたかったです。中川選手はまだ、ラリー中で安心してトスをあげられるような段階ではなかったような感じですね。
ただ、将来性は抜群なので大型パスヒッターとしてスケールの大きな選手になってほしいです。

ここに入澤まい選手たちが加わると楽しみです。 

関菜々巳選手は楽しみですね。

GalleryPic (18)


少し壁にあたりましたが、これからまだまだ伸びます。何よりも東レの躍進を担う期待のセッターですし、世界でも物怖じしないでいつも通りのプレイを心掛けていました。

V-leagueの至宝となる大物の予感があるので大事に育てたいところ。

男子でいう西田選手のような存在になるのかもしれませんね。

宮下遥選手にとっては辛い全日本となりました。
ただ、久々の全日本の感触を楽しんでいるようですが、根はかなりの負けず嫌いだそうなので、内心忸怩たる心持ちでしょう。

いずれまた、どこかでチャンスをあげて欲しいです。


次はアジア選手権が当面の目標となりますが、まずは疲れを取ってゆっくり休んでください。
お疲れ様でした。


さて、各チーム新体制発表が顕著です。

まずPFUブルーキャッツ。

IMG_20190620_203355


元FC東京監督(前GM)の坂本将康氏が新監督就任です。2006年から3年間JTマーヴェラスでコーチを務めた後、FC東京で9年間監督。昨シーズンはGMとしてシーズンを過ごしました。

広報を務めていた坂下麻衣子さんと、倉田真さんがコーチに就任しました。


また、デンソーエアリービーズの新体制が発表され、昨季限りで現役を退いた石田瑞穂さんがアドバイザリースタッフに就任。

IMG_20190620_203430


新キャプテンに鍋谷友理枝選手、副キャプテン(田原愛里選手がそれぞれ就任しています。

先日、トヨタ車体の新体制に竹田紗希さんが加わったことが発表されましたが、求心力の強いOGがチームに残るのは心強い限り。

来季のチーム作りに向けて頑張って欲しいです。

勢揃いしての初お目見えはサマーリーグが最初です。楽しみですね。