これは正直、長い間の疑問でした。


お答えくださった方の中に選手がどのぐらいいらっしゃるか分かりません。

ただ、これが本音ですよね。
ある意味安心しました。

久光を悪く言うつもりはありませんが、どうして毎年有力選手が久光に集まるのか、正直不思議に思っていました。

何故なら、行きはよいよい、帰りは怖い、だからです。


DSC05684


アスリートの夢としてはトップチームに行きたい!
それはわかります。

ただ、その反面、使って貰えない。
これは正直、しんどい筈です。

こういう側面を選手の皆様はどう受け止めているのか?

このアンケートは一つの目安です。


その昔、移籍同意書という、生類憐れみの令に匹敵する悪法があり、そのお陰でチーム間の移籍が滞り、拘束が厳しいため、移籍=引退、とは言わないにしても、相当な覚悟が必要でした。

アスリートの寿命を思えば一年間試合に出られないは致命傷です。中には全日本選手もいたこともあります。

だから、移籍が緩和された現代は、その反動がきて退団者が増えた気もします。


以前、V-league機構がハローワーク同様、移籍希望の斡旋やチームからの募集をひとまとめにして管理するべきかもしれない、という記事を書きましたが、やるべきことはまだまだ沢山あります。

有力新人選手の青田買いも、そろそろ歯止めを掛けたほうがいいと思います。

そうでないと、お金のあるチーム=強いになってしまうからです。

せめてV-1チームだけでもドラフト会議みたいなものがあってもよい気がします。



さて、少々辛めの意見を申し上げたところで、今日のこれからを考えるの5回目は、その昨年5位のデンソーエアリービーズです。

IMG_20190615_214142

正直、来季のデンソーは期待反面、不安反面。
そのいずれもです。

何しろ、チームの精神的支柱というべき石田瑞穂選手をはじめ、鈴木、中川、山田選手と言ったベテラン・中堅選手がゴソッと抜けてしまったからです。

ただ、田代佳奈美選手が入ったことで、鍋谷友理枝選手をはじめとするニューコンビがみられる楽しみもあります。
 
反面、田原愛里選手と早坂梢依選手がどういう遣われ方となるか、それも気になります。


鍋谷        ジャック               中元(東谷、佐野)
田代(田原)    野村(大竹)       坂本(工藤、朝日)
小口、石橋


ライトは候補が沢山います。
この三名から誰が抜け出すか?
特にサーブレシーブとの兼ね合いが重要になってきます。
坂本選手が復帰するので、工藤選手はお尻に火がつくでしょう。サーブレシーブを買われる朝日選手。後半課題の打力があがり頑張りました。
兵頭選手も割って入ります。
こうしてみると層が厚くなってきました。

中々本調子にならない大竹選手。
来年は再びレギュラー争いに割って入りたいところ。


8a28225b


正直、大竹選手が復調すると野村選手をレフトに回せます。サーブレシーブも出来て、ミドルでもサイドでもこなせ、サーブも良い変幻自在の使い方も出来る選手なので、大事に使いたい選手です。

で、前述のセッターです。
田代選手は全日本の中心選手なので基本スタメンで使うでしょう。そのための獲得だと思います。

ただ、デンソーの持ち味はスピードで、田原選手と鍋谷選手の高速コンビが売りでした。田代選手が加わってバレーボールの質が変わりそうです。


そんな来季のデンソーエアリービーズの対戦日程です。


2019年

10月

10/12 
西尾市総合体育館:
久光製薬スプリングスホーム
10/13
西尾市総合体育館:
岡山シーガルズ(ホーム

10/19 
カルッツかわさき:
NECレッドロケッツ(アウェイ
10/20
オフ

10/26
宝来屋郡山総合体育館:
ヴィクトリーナ姫路(ホーム
10/27
宝来屋郡山総合体育館:
日立リヴァーレ(ホーム



11月

11/2 
オフ
11/3
水島緑地福田公園体育館:
岡山シーガルズ(アウェイ

11/9 
神戸総合運動公園体育館:
ヴィクトリーナ姫路
11/10
神戸総合運動公園体育館:
久光製薬スプリングス(ホーム

11/16
日立市池の川さくらアリーナ:
日立リヴァーレ(アウェイ
11/17
日立市池の川さくらアリーナ:
NECレッドロケッツ

11/23
川崎市とどろきアリーナ:
KUROBEアクアフェアリーズ(交流戦
11/24
川崎市とどろきアリーナ:
JTマーヴェラス(交流戦

11/30
宝来屋郡山総合体育館:
トヨタ車体クインシーズ(交流戦ホーム




12月

12/1 
宝来屋郡山総合体育館:
埼玉上尾メディックス(交流戦ホーム

12/7
金沢市総合体育館:
PFUブルーキャッツ(交流戦アウェイ
12/8 
金沢市総合体育館:
東レアローズ(交流戦

12/14
アダストリアみとアリーナ:
ヴィクトリーナ姫路
12/15
アダストリアみとアリーナ:
久光製薬スプリングス

12/21
ジップアリーナ岡山:
NECレッドロケッツ
12/22
ジップアリーナ岡山:
岡山シーガルズアウェイ

12/28
ひたちなか総合運動公園総合体育館:
日立リヴァーレアウェイ

12/29
オフ


ホームゲームが多いデンソー。
特に開幕戦はホームで久光を迎え撃つ。
大きな獲物です。張り切って参りましょう。 
特に前半のホームが多く、昨年二連敗の岡山とも序盤でホームで対戦。残りはアウェイ。

尚、デンソーは年末一足早いオフ。
気持ち早い年の瀬を楽しむもよし。


IMG_20190615_221849


尚、今年のファイナルは国立代々木競技場 第一体育館と都心に帰ってきた。
こちらも楽しみ。