ようやく卓上バレーボールともお別れだ。

明日からは、春高とV-leagueの同時開戦。
慌ただしく、2019年のバレーボールが一斉スタートする。

バレー界は明日が2019年シーズンの始まりとなる。

・V-league

20190102_232057


V-1

1月5日(土)

western conference

西1位.久光製薬スプリングス
7勝1敗 勝ち点22
team-logo

vs

西5位.岡山シーガルズ 
2勝7敗 勝ち点8
team-logo (4)



交流戦

西4位.東レアローズ 
4勝4敗 勝ち点11
team-logo (3)

vs 

東4位.埼玉上尾メディックス 
4勝5敗 勝ち点12
team-logo (7)



東5位.KUROBEアクアフェアリーズ 
2勝8敗 勝ち点7
team-logo (10)

vs

西2位.JTマーヴェラス 
7勝2敗 勝ち点21
team-logo (1)




1月6日(日)

交流戦

西1位.久光製薬スプリングス
7勝1敗 勝ち点22
team-logo

vs

東6位.PFUブルーキャッツ 
10敗 勝ち点2
team-logo (9)



交流戦
  
東5位.KUROBEアクアフェアリーズ 
2勝8敗 勝ち点7
team-logo (10)


vs

東4位.埼玉上尾メディックス 
4勝5敗 勝ち点12
team-logo (7)





・春高バレー2019

20190102_231955


1月5日(土)
トーナメント一回戦

10:15 
松山東雲(愛媛)ー八王子実践(東京) 
岐阜済美(岐阜)ー札幌大谷(北海道) 
福井工大福井(福井)ー和歌山信愛(和歌山) 

11:05 
三浦学苑(神奈川)ー誠英(山口) 
奈良文化(奈良)ー米沢中央(山形) 
九州文化学園(長崎)ー高知中央(高知) 

12:25 
川崎橘(神奈川)ー札幌山の手(北海道) 
金沢商(石川)ー誠信(愛知) 
盛岡誠桜(岩手)ー岩美(鳥取) 

13:15 
市立船橋(千葉)ー古川学園(宮城) 
富山第一(富山)ー就実(岡山) 
大社(島根)ー文京学院大女(東京) 

14:35 
国学院栃木(栃木)ー青森西(青森) 
都市大塩尻(長野)ー日ノ本(兵庫) 

15:25 
富士見(静岡)ー西原(沖縄) 
郡山女大付(福島)ー四天王寺(大阪)

16:45 
佐賀清和(佐賀)ー西邑楽(群馬) 
秋田北(秋田)ー市立沼田(広島)

17:35 
細田学園(埼玉)ー富岡東(徳島) 
三重(三重)ー高松南(香川)



1月6日(日)
トーナメント二回戦


9:30 
(21){三浦学苑ー誠英の勝者}ー鹿児島南 
(22){福井工大福井ー和歌山信愛}ー延岡学園 

10:20
(23){奈良文化ー米沢中央}ー{松山東雲ー八王子実践} 
(24)日本航空ー{岐阜済美ー札幌大谷} 

11:40
(25){九州文化学園ー高知中央}ー京都橘 
(26){大社ー文京学院大女}ー{金沢商ー誠信} 

12:30
(27)東九州龍谷ー{国学院栃木ー青森西} 
(28){都市大塩尻ー日ノ本}ー鎮西 

13:50
(29)大成女ー{盛岡誠桜ー岩美} 
(30)長岡商ー{川崎橘ー札幌山の手} 

14:40
(31){郡山女大付ー四天王寺}ー下北沢成徳 
(32)近江兄弟社ー{市立船橋ー古川学園} 

16:00
(33){富山第一ー就実}ー福工大城東
(34)金蘭会ー{細田学園ー富岡東} 

16:50
(35){富士見ー西原}ー{秋田北ー市立沼田} 
(36){三重ー高松南}ー{佐賀清和ー西邑楽}


V-leagueはV-1の東西全11チームのうち、久光製薬、JT、東レ、岡山、埼玉上尾、KUROBE、PFUの7チームが先頭を切って始動。久光製薬、埼玉上尾、KUROBEの3チームは連戦スタート。
KUROBEは年始開幕戦をホームゲームで迎える。

DSC02836


春高は明日土曜日が一回戦。ここが最初のふるい落とし。翌日二回戦からはシード校が登場。

IMG_20181215_212007

昨年までと違うのは、一回戦、二回戦ともに連戦形式ではなく、1日一回戦。7日(祝)だけ三回戦と準々決勝を消化し、週中のインターバルを経て、来週12日(土)が準決勝二試合、最後は13日(日)に決勝戦を行う。

この12日(土)〜13日(日)でV-2の年始開幕戦が行われ、V-1も全チームがレギュラーラウンドに突入する。

ここまでが年始バレーボールの開幕となる。

春高終幕前後には、各校の有力選手の進路が明らかとなり、今月中に内定選手のデビューも見られることとなるだろう。

1月は慌ただしい。

DSC01882

しかも、V-leagueのレギュラーラウンドが終わるのが2月末。だから、例年よりもV-leagueシーズンを長く感じるだろう。

何しろオールスターも4月なので、当分全日本シーズンはこない。V-leagueファンにとっては間隔も空くチームもあるので、ゆったりするチームとタイトなチームに分かれるので、各チームのファンのスタンスも異なるものとなる。

入れ替え戦のシステムとか不明な点も多いので、これから時期に判明していくだろうが、とにかく新しいV-leagueが一巡してみないことには、今季が成功か失敗か、まだ判断出来ない。

プレイそのものの充実あってこそのサービス。
年始早々から熱い闘いを繰り広げて貰いたい。

用意はいいか?
明日からが忙しくなる。