2018年の国際大会も残すところ二つになった。

今月末から開幕する女子の世界選手権。
そして、アジアカップ。

Final_6th-AVC-CUP-FOR-WOMEN


男子のアジアカップは既に閉幕しているので、残すところは女子。

今年はU-23と称して、各カテゴリーの代表選手がはば広く集められている。

IMG_20180916_140852


※詳細は「Weekly Volleyball アジアカップメンバー発表」参照⇒http://volleyballplayer.blog.jp/archives/33731505.html

※初日の結果は「Weekly Volleyball アジアカップ」参照⇒ http://volleyballplayer.blog.jp/archives/33909742.html

※二日目の結果は「Weekly Volleyball アジアカップ 2日目」参照⇒ http://volleyballplayer.blog.jp/archives/33926493.html

※三日目の結果は「Weekly Volleyball アジアカップ 2日目」参照⇒http://volleyballplayer.blog.jp/archives/33943718.html


日本はクォーターファイナルにて苦戦しながらもベトナムに勝利した。

この結果を受け、日本は1-4位戦に進出。チャイニーズタイペイと闘う。

このチャイニーズタイペイ、侮れない。
日本が敗れた韓国を破っているし、先日のベトナム同様、あまり各国力の差がない。

とにかく、ここで勝てればファイナル進出が決まる。一度は失った命、大事にしたい。

結果は出ていないが、日を追うごとに進化するヤングVリーガーを中心とした若き日の丸チームを応援したい。


・クォーターファイナルラウンド

※表記は現地時間。日本が2時間早い。

9月21日(金)

5-10位戦

9:00 〜 
カザフスタン🇰🇿
0-3
(16-25 14-25 15-25)
○ベトナム🇻🇳

シニアチームが世界選手権出場で元気のないカザフスタン。ベトナムにストレートで敗退。



11:00〜 

○イラン🇮🇷
3-1
(22-25 25-23 25-22 25-20)
オーストラリア🇦🇺

ここまで好調のイラン、オーストラリアを下す。


13:30 
フィリピン🇵🇭
1-3
(13-25 26-24 7-25 21-25)
○韓国🇰🇷

第二セットの接戦を制した韓国が勝利を飾る。




・1-4位戦

16:00〜 
○日本🇯🇵
3-1
(25-15 25-20 21-25 25-23)
チャイニーズタイペイ

・全日本女子バレーボールチームのスターティングメンバー

レフト:長内美和子選手、中川美袖選手
ライト:荒谷栞選手
センター:横田紗椰香選手、山田二千華選手
セッター:塩出仁美選手
リベロ:花井萌里選手

IMG_20180921_200047

第一セット主導権を握る日本、長内選手のレフトからの連続アタックなどで16-8とリード。チャイニーズタイペイは長内、山田選手を連続ブロックし10-16と追い上げる。一進一退から中川選手がレフトから連続アタックを決め、19-11でチャイニーズタイペイタイムアウト。更に中川選手がレフトから決め20-11とリードを広げる。チャイニーズタイペイはレフトから相手ブロックを打ち破るアタックなどで反撃するも、日本は横田選手のクイック、長内選手のブロックでセットポイント。最後は荒谷選手のライトからのアタックで決め25-15で日本が先制する。

IMG_20180921_200044


第二セット、日本は長内選手のレフトからのストレートなどで3-1とリード。チャイニーズタイペイは日本のサーブアウトから、レフトからのアタック、長内選手のレフトからのアタックをブロック、バックアタックなどで6-4と逆転。日本は長内選手のレフトからのアタックで切るも、山田選手のサーブアウトで7-5。日本は中川選手のレフトからのアタック、チャイニーズタイペイのタッチネットで7-7とするも、チャイニーズタイペイがレフトからブロックアウトを取り8-7とリード。
チャイニーズタイペイはバックアタックなどで10-7とリードを広げ、日本タイムアウト。日本は荒谷選手のレフトからのアタック、横田選手のブロックで10-11に追い上げる。
長内選手の相手ブロックを吹っ飛ばすブロックアウト、荒谷選手のライトからのブロックアウト、長内選手のレフトからのブロックアウト、チャイニーズタイペイのアタックアウトで14-13と逆転し、チャイニーズタイペイタイムアウト。長内選手のブロックアウトなどで、16-15で折り返す。
チャイニーズタイペイはレフトエースにボールを集め、ブロックアウトで追撃するも、日本は荒谷選手のライトからのブロックアウトで22-20としチャイニーズタイペイ二回目のタイムアウト。日本は長内選手のレフトからの3連続アタックで一気に勝負を決め25-20で日本が第二セットも連取する。

IMG_20180921_200040

後がないチャイニーズタイペイ、長内選手のアタックアウト、ブロックなどて5-0とリード。日本は荒谷選手のライトからの軟打やチャイニーズタイペイのアタックアウト、荒谷選手のブロックなどで4点を返し4-6でチャイニーズタイペイタイムアウト。日本は山田選手のクイックで5-6に追い上げるも、チャイニーズタイペイはクイックを交え8-5とリードする。
日本は荒谷選手のサービスエース、サーブで崩して山田選手のダイレクト、荒谷選手のサービスエース、中川選手のアタックで8-10と逆転。チャイニーズタイペイは20-18と再び逆転。日本は中川選手のライトからのアタック、チャイニーズタイペイのアタックアウトなどで20-22に迫るも、山田選手のクイックがブロックされ23-20。チャイニーズタイペイはレフトからのアタックで24-20とセットポイント。日本はチャイニーズタイペイのサーブアウトで1点を返すも、最後は長内選手のサーブアウトで21-25でチャイニーズタイペイが第三セットを奪い返す。

IMG_20180921_200225


第四セット、中川選手のサービスエースからスタート。チャイニーズタイペイはこのセットスタートから入った堀江選手のアタックをブロック、レフトからのアタック、堀江選手のアタックアウト、ライトからのアタックで4-1と逆転。日本は荒谷選手のライトからのアタックで切ると、チャイニーズタイペイはサービスエースで6-2。一進一退から中川選手のレフトからのアタックを決めるも、チャイニーズタイペイのレフトからのアタックで8-4と4点を追う。双方ブロードで点を取り合い、チャイニーズタイペイのアタックアウト、中川選手のレフトからのアタックでラリーを制し8-10。更に横田選手のダイレクト、途中出場の林選手のレフトからのアタックで11-11に追い付き、チャイニーズタイペイタイムアウト。日本は荒谷選手にボールを集め2本のアタックで攻めるも、チャイニーズタイペイはクイックを多用events、林、中川選手のレフトからのアタック、サービスエースで16-15とリードする。
山田選手のブロードで17-15とした日本。一進一退のまま22-20でチャイニーズタイペイタイムアウト。チャイニーズタイペイは林選手のアタックアウトなどで22-23に迫り、日本タイムアウト。日本は荒谷選手のライトからのアタックで24-22とマッチポイント。チャイニーズタイペイは荒谷選手のサーブアウト。チャイニーズタイペイは二枚換え。日本は山口選手のライトからのアタックて決め、25-23で取り、3-1で勝利。

決勝戦に駒を進めました。

日本は相手ブロックを利用したブロックアウトが冴え、長内、荒谷選手を中心に攻撃。一方、チャイニーズタイペイはレフトからの決定力が高く、ミドルを交えた攻撃もディグもよく、韓国を破っただけのことはあると納得しました。

これで日本は決勝戦に駒を進めます。
中国かタイのいずれかになりますが、タイとは一度手合わせをしているので、もしもう一度当たることになれば、今度は是非ともリベンジを果たし、表彰台の頂点に登って貰いたいと思います。

頑張れ、ニッポン!!!




18:30〜 
タイ🇹🇭
2-3
(18-25 21-25 27-25 25-22 10-15)
中国🇨🇳

第一、第二セットを先行した中国、タイは執念で第三、第四セットを連取しタイスコアへ持ち込むと、中国がタイを破り決勝進出。
高さは業に勝った。


以上の結果を持ちまして、
優勝決定戦は

日本🇯🇵
vs
中国🇨🇳

となりました。