佐藤優花選手の移籍先が決まったことを既にお伝えしました。

d0e9fe7d


注目すべきは移籍チーム云々もありますが、一番楽しみにしているのは、V-1への参戦。

佐藤選手は既にチャレンジリーグで十二分過ぎるほどの実績を残しています。

やはり、見てみたかったのは、上のカテゴリーで通用するかどうか?

埼玉上尾はサイドアタッカーが沢山いるものの、これまでは得点力が外国人選手に依存しがち、そしてサーブレシーブがもうひとつ、という点。

佐藤選手は恐らくレフトでの起用になるとは思うものの、ここで外国人選手と攻撃の二枚看板になれるなら面白いです。

勿論、チーム内の競争にも勝ち抜かなくてはならないものの、これで上尾が活性化されれば、来季のV-1東は面白くなるかもしれません。

来季の活躍、期待しています。


さて、気になることがひとつ。

来季のV-Leagueの対戦カードは既に発表済み。
DAZNも表記されているのですが、正式にどのカードをどの規模で放送するのか、まだ明記されておりません。



そんな中、男子のアジアカップの放映が発表されました。

ダゾーンの公式ホームページへ⇒DAZN

これは有難いのですが、では9月に行われる女子のアジアカップは配信されるのだろうか、気になるところ。
 
恐らく、新設のV-league TVとの兼ね合いもあって未発表ですが、是非ともそちらもお願いしたいところ。

そして、V-leagueもこれまで通り、配信して貰いたいです。



余談ですが…。

恐らく、Vリーグ機構にはV-1とV-2の放映権を分けて、収益をあげたいという下心が見え隠れしているように思います。

だから現在、V-1の試合だけ一ヶ月後のオンデマンド配信と設定されているのでは?

中々家計が火の車から抜け出せないような…。








※2018/19 V-Ⅱ league
チーム別対戦カード(暫定)


■大野石油広島オイラーズ


eac0216e



11月

11/10 
広島:猫田記念体育館(ホーム
vsブレス浜松(15:00


11/11 
広島:猫田記念体育館(ホーム
vsJAぎふリオレーナ(14:00


11/17 
山形:酒田市国体記念体育館(アウェイ
vsプレステージ・インターナショナル アランマーレ(13:00)


11/18 
オフ


11/24
千葉:柏市中央体育館
vsトヨタ自動車ヴァルキューレ(13:00)


11/25
千葉:柏市中央体育館
vsGSS東京サンビームズ(12:00)




12月

12/1
長野:軽井沢風越公園総合体育館
vsヴィクトリーナ姫路(13:00)


12/2
オフ



12/8
広島:猫田記念体育館(ホーム
vs柏エンゼルクロス(14:00
※ワンマッチ興行


12/9
広島:猫田記念体育館(ホーム
vs群馬銀行グリーンウイングス(12:00
※ワンマッチ興行


ー・ー・ー・ー 2019年 ー・ー・ー・ー

1月

1/12
大阪:府民共済SUPERアリーナ(アウェイ
vs大阪スーペリアーズ(13:00)
※ワンマッチ興行


1/13 
オフ


1/19 
静岡:浜北総合体育館
vs柏エンゼルクロス(11:00) 


1/20 
静岡:浜北総合体育館(アウェイ
vsブレス浜松(14:00) 
※ワンマッチ興行


1/26
兵庫:姫路市立総合スポーツ会館
vsプレステージ・インターナショナル アランマーレ(13:00)


1/27
兵庫:姫路市立総合スポーツ会館
vs群馬銀行グリーンウイングス(12:00)



2月

2/2
広島:猫田記念体育館(ホーム
vsGSS東京サンビームズ(14:00
※ワンマッチ興行


2/3
オフ


2/9
オフ


2/10
岐阜:岐阜メモリアルセンター(アウェイ
vsJAぎふリオレーナ(13:00)
※ワンマッチ興行


2/16
千葉:柏市中央体育館
vs大阪スーペリアーズ(11:00)


2/17
千葉:柏市中央体育館
vsヴィクトリーナ姫路(10:00)



2/23
静岡:浜北総合体育館
vsトヨタ自動車ヴァルキューレ(15:00)


2/24
オフ


IMG_20180808_210615

V-2はややゆっくり目の11/10からのスタート。それも10チーム二回総当たりの対戦のため、試合のある時とない時がクッキリする。

一見すると連戦が少なく、楽に見える大野石油。ただし、長距離遠征が多いので、その点を配慮してのことと思われる。

また、帰途を配慮しての試合開始なども配慮されている。

開幕二連戦を地元広島で華々しく行い、翌週遠路はるばる山形。1日挟んで翌週は柏へ遠征二連戦。更に翌週は長野県と旅ガラス状態。年内はホーム二連戦で終了。

年明けは大阪で開幕を迎え、1日挟んで浜北から一気に5連戦。ただし、兵庫と比較的近くになる。ラストは地元広島でGSSを迎え打つ。

2日分のインターバルを挟み、JAぎふとの対戦から柏遠征で二連戦。最後は浜北でトヨタ自動車と対戦して全日程終了。

まず、試合そのものよりも遠征の長さが大変。公式戦では初顔合わせの群馬銀行、浜松、プレステージ、大阪、そして姫路となるが、元々大野石油はチャレンジリーグでも上位チーム。昨年は急ごしらえのチームでいささか厳しかったが、今年は二年目。この夏で体制を固めて、優勝目指して頑張って貰いたい。