この度の集中豪雨の余波は、まだ留まるところを知らず、広島や岡山では流木などによる洪水の被害が続出しています。

また、台風8号が宮古島を直撃。
幸いなことに中国方向に進路を進めるということで二次災害は避けられそうです。

ただし、まだ岡山では河川氾濫の脅威に晒されている他、奈良県や山形県でも記録的な集中豪雨を記録。
明日は西日本で35℃と激しい猛暑か襲い、関東甲信、東北南部を中心に突発的な天気急変があるとのことです。

広島と岡山の復旧は熾烈を極めそうで、しばらくは日本列島、特に西日本では落ち着かない日々か続くと思いますが、極力無理は避け、水分補給と熱中症対策をされ、対応に当たって下さい。

岡山シーガルズと大野石油広島オイラーズは大変ですが、自チームの保持と復旧はもとより、ボランティアとしての需要もあるかと思います。

地域密着が叫ばれる中、ここは試練だと思い、乗り越えて貰いたいと思います。


さて、サマーリーグ東部大会に寄せてを連載させて頂きましたが、今日が最終日です。

それ以外にも伝えることが多々ありますが、粛々と進めさせて頂きたいと思います。


まず、GSS東京サンビームズ。
背番号が入れ替わっていました。

DSC09437


DSC09420

色摩選手が5番。
今やエースなので、この背番号は納得。

勝見選手ともどもGSSを引っ張る選手です。

チームのコンビの要は百瀬選手。
高さこそないものの、ミドルの柱。

DSC09395

昨季は故障で泣かされた秋満選手。
久々にプレイする姿を見ました。

大きな声でチームを鼓舞し、持ち前の瞬発力も健在。スローモーな張選手とは対照的。

DSC09402

大きさはあるものの、やはり緩慢さがあり、速いトス回しだとブロックが追い付かない場面が多々ありました。

とはいえ、あの2mの高さは大きな武器でV-2では脅威でしょう。
 
DSC09417

昨年後半の勢いを持続して、頑張って欲しいです。



続いては、地元の後押し、全日本並み(?)の大声援を背に闘ったプレステージ・インターナショナル アランマーレ。

DSC09285

チャレンジリーグⅡ創設期を思えば感慨深いものがあります。

当時は小柄な選手が多く、佐藤綾選手がワンマンエースでした。そこに松尾由紀子選手が入り、戸田選手の高さと守っては森選手がコートを死守。ようやく体制が固まったかと思えば、佐藤綾選手の突然の引退。

当初はどうなることかと思いましたが、江川選手がエースとして柱になりました。

DSC09304

パンチ力はV-2随一。サウスポーから繰り出す強烈なアタックとジャンプサーブが武器。

レギュラーセッターは田村選手。
森選手がキャプテン。

DSC09289

ピッチも明るく、元気よく。
しっかり体制を作ってきました。

ただ、高さがないのは泣き所で、江川選手がブロックで掴まり始めるとしんどくなります。

DSC09285

効果的だったのは二枚換え。
松尾選手と丹野選手を投入。
ブロックアウトで流れをきり、
更にワンポイントブロッカーに戸田選手を投入。サーブで攻めて、クイックを決めるなり、ベテランの投入で流れを変えるバレーボールがしっかり出来ていました。

チームはしっかり機能しているので、プラスアルファを用意できれば、来季も良いバレーが出来るのではないか、と思います。
頑張って欲しいです。


最期は、群馬銀行グリーンウイングス。

DSC09503_1

こちらも昨季限りで、磯野、谷内、柿沼選手と主力が抜けて、大きく入れ替わり。

キャプテンの三好選手がリベロを勉めていました。

DSC09397

セッターは引き続き栗田選手。

長身の鈴木選手と安福選手がミドル。

DSC09501

で、愛宕選手が同時にコートイン…?
そうです、今大会はレフトで出場。
サーブレシーブもこなしてました。

DSC09504

チーム待望の大型アタッカー誕生というところ。元々チャレンジリーグⅡ屈指の高さを誇るチーム。田中選手ともども楽しみです。

ライトにはサウスポーの寺坂茜選手。

で、気になったことがひとつ。
熊本より加入した斉藤千佳選手の登録が「ミドルブロッカー」

で、ミドルをやるのかと思えば、アタック練習はライトのみでした。

DSC09507

試合では二枚換えで慣れているライトに入っていましたので、まずはそこからスタート。
サーブレシーブもこなすと出番が増えると思います。

頑張って欲しいです。



DSC_0193


全部の試合は見れませんでしたが、見れば見るほどわかることも多々あり、非常に興味深かったサマーリーグ東部大会。

新リーグまでに各チームがどう仕上げてくるか、開幕が楽しみです。



フォレストリーヴズ熊本が再始動に向けて動き始めました。

まず、手始めにトライアウトを実施するとのことです。

IMG_20180710_213718

IMG_20180710_213721
IMG_20180710_213724
IMG_20180710_213726

IMG_20180710_213739
IMG_20180710_213741

正直、中々大変だと思います。
仙台も復活に向けて動いていますが、今のところ朗報はありません。

現在、各チームは地域密着として都道府県のバックアップを受けています。やはり「熊本」を冠にする以上、熊本の自治体、願わくば県のバックアップを受けられる体制作りが必要かと思います。

困難は多いかもしれませんが、頑張って欲しいです。