百聞は一見にしかず。

サマーリーグの感想はそんな感じでした。

会場応援といっても全部の試合を見れる訳ではありませんが、各チームの感想について数回に分けて私見を述べたいと思います。

DSC09478

まず、昨日の続編となりますが、日立リヴァーレから。

日立は変革の時期に来ています。
昨季限りで栗原恵選手、佐藤あり紗選手、東原枝里選手がチームを離れています。

そんな中、今回は佐藤美弥選手が不在の中で下平夏奈選手と小野寺友香選手がセッターを任され、小野寺選手が上げきりました。

DSC09331

DSC09348

正直、佐藤選手と似ている必要はないと思います。セカンドセッターはタイプが違うからこそ展開を変えるのに役立ちますし、自分なりの考えをコートに反映させていくべきなのかな、と思います。

小野寺選手は今回上げきったことで自信に繋がると思います。そして、ゆくゆくは佐藤選手の速いトス回しを盗んでいけばいいのでは、と思います。

ひとつハードルを越えたと思います。
頑張って欲しいです。


そしてやはり、長内美和子選手と間橋香織選手は昨年の経験も踏まえ、一枚抜けている印象がありました。

DSC09312

今回参加したメンバーの中で、唯一サイドのレギュラーである長内選手の存在があればこそ、優勝出来たと思います。

チームの重責を担うエースですが、長内選手が楽に決められる状況を作るのも、チームとして求められる部分かとおもいます。

勿論、攻守の要としてサーブレシーブ、サーブと課題は多いのかもしれませんが、来季の飛躍に向けて頑張って欲しいです。


DSC09326


間橋選手はパンチ力ありますね。
随所で決定力の違いを見せていました。
昨年はライト、或いは長内選手の対角のレフトに入ることの多かった間橋選手。
次の目標はレギュラーでしょう。

長内選手同様、サーブレシーブの安定が近道と思われます。持ち前のアタックセンスを活かすためにも頑張って欲しいです。


DSC09473

芳賀選手はレギュラーを獲得し、副キャプテンとして臨んだ最初の大会で結果が出ました。今、チームはミドルが少ないので、不動の軸として頑張って貰いたいです。


そして、入澤まい選手。
高さのない日立が待ちに待った大型選手であり、日本人としてはトップクラスは身長を誇り今後の成長次第ではチームの救世主になるべき存在です。

DSC09341

デビュー戦も上々でしたが、高さとジャンプ力は魅力的。ブロックもクイックも大活躍でした。

将来的にはブロードもマスターして全日本、なんて青写真を描いてしまいます。

今回、試合出場こそありませんでしたが、大型アタッカーの巻口明日香選手ともども、チーム期待の大型選手、是非とも頑張って欲しいです。 


続いて、KUROBEアクアフェアリーズについて。

DSC09375

一言で言えば、強いです。
特に守備力の高さには定評があり、昨年はチャレンジリーグⅠで唯一、サーブレシーブ成功率が60%超え。ディグでのしぶとさも素晴らしく、今回の準優勝も頷けます。馬場選手の加入で守りがより強固になりました。

何よりも、バレーボールをよく知っているチーム、そんな印象があります。

攻守の要である和才選手も上手いのですが、攻撃面では平谷里奈選手と倉見夏乃選手が目立ちました。

DSC09372

KUROBEは元々、チャレンジリーグⅠとしては高さがあるほうで、倉見選手はチームで唯一の180cmオーバーとブロックにブロードに縦横無尽の活躍を見せていまして。

DSC09361

平谷選手が攻撃の要で、来季はフル回転での活躍が期待されます。

今回は12人とギリギリの人数ですが、キャプテンの丸山選手が奮闘していました。

IMG_20180706_220038


来季の開幕までになんらかの補強があると思いますが、待望のV-1参戦です。
その分ハードルは上がりますが、結果に貪欲に頑張って欲しいです。


そして、今回3位となったPFUブルーキャッツは興味深く見させて頂きました。

DSC09257


ライトのポジションに入った津賀菜緒選手が目立ちました。

DSC09293

今回はサーブレシーブにも加わっており、攻守の要として活躍していました。
元々決定力の高いサウスポーが武器の選手でサーブレシーブをこなすと出番が増えると思います。

江畑選手の二枚換えで起用されることが多いですが、PFUは吉安選手、宇田選手とサウスポーが多いチームですが、ここを上手く使えると来季面白い存在になるかもしれません。
頑張って欲しいです。

DSC09261

今回、有田選手が積極的に起用され、バックアタックにトライしてました。こちらもチーム期待の大型選手。ひとつの武器にしていきたいところ。

DSC09282

次のレギュラーを狙う秋山選手と堀口選手。攻撃面ではパンチ力あって魅力的な選手です。ピッチでも大きな声でチームを鼓舞していました。

DSC09267

また、今回は村上選手も活躍していました。
チーム期待の大型ミドルですが、昨季はもうひとつだったので、この夏で飛躍したいところ。頑張って貰いたいです。

DSC09497


今回、三橋選手もユニフォームに袖を通していましたが、まだ試合にはもう少しかかりそうです。怪我からの復帰が大変そうですが、キャプテンシーのある存在感の強い選手。
いずれまた、コートで元気な姿を見せて欲しいです。

戦力的にはかなり揃って来ています。
あとはチームとして勝ちきる力を蓄えることだけ。そんな気がします。
開幕までにどこまで上げてくるか、楽しみな存在です。


長すぎるため、今回はこのぐらいで、またお明日🙇