ようやく、とんぼ返りで戻ってきました。

帰りの新幹線のビックリしたこと…。

コンセントは使えず、おかげでスマホは電池切れ。車内で通話する女性はいるわ、外国人は喫煙してるわ、日本はここまで治外法権になっちまったのか…と呆れていたら、今時喫煙OKの新幹線なんてあるんですね。

驚き…(*_*)

まあ、喫煙車両というものが未だにあるということは了承しましたが、電車の中で商談電話はやめましょうね。

これでは、女性の社会進出も眉唾になってしまいます。最低限のエチケットぐらい守れないと笑われます。

そんなことはさておき…。

JTやりましたね。
優勝おめでとうございます。

DSC03521

この試合は色々な思いでみていました。

まず、昨日の岡山戦でも思いましたが、金杉選手いなくなってしまうんですよね…。

複雑でした。

JTも田中瑞稀選手を使いませんでしたが、まだ状態が良くないみたいですね。

小川選手が手負いで奮闘し、見事ストレートでの勝利を勝ち取りました。

DSC03423 

DSC03458

ただ、久光はあくまで今大会を調整の遅れていた選手と若手を鍛える舞台と割りきっていたようです。

それは今日、最後まで長岡、野本選手を使わなかったことです。

DSC03432

DSC03434

目先の勝ちに拘るなら、長岡、野本選手を投入してでも勝ちに行った筈です。それをしなかったのは、久光はひとつ上のステージを歩んでいる、そんな印象がありました。

JTは優勝を手にする光景を見つつ、やはり来季もこの両チームがリードし、久光が頭ひとつリードしていくのかな、そんな印象すらありました。

ただ、久光に二回土を付けたのはJTだけです。そこは胸を張っていいと思います。

DSC03687

改めておめでとうございます。


昨年同様、男子の決勝戦も見てきましたが、やはり男子のほうが熱気が凄いですね。

なんというか、選手とスタンドが一体になって応援する感覚は女子にはないものです。

なにより、男子のほうが客入りが良かったです。

で、試合のほうはパナソニックパンサーズが3-1で優勝を飾りました。

DSC03546


おめでとうございます。

ただ、この試合で最も印象に残ったのはスーパー高卒ルーキー・西田選手ですね。

IMG_20180504_192847

小柄ですがサウスポーを生かしたパンチあるアタックもよく、駆け引きも上手いです。

若鷲賞と敢闘賞の二冠を達成しましたが、順当な結果と思います。

これから楽しみな選手です。

これからしばらく、Vリーグは完全オフとなり、天皇杯・皇后杯の都道府県ラウンドなどが始まります。

そして、いよいよ全日本シーズンに突入します。

DSC03504


今年は移籍希望の選手も多いので、人事を巡る話題が多くなると思いますが、まずは、長かったシーズンも一区切りです。
 
全チームの皆さま、まずはお疲れ様でした。
そして、また元気な姿を見れることを心からお待ちしております。