嵐の中駆け抜けた6日間も、いよいよ最終日。

main

あれだけいたチームも最後は2チーム。

そう、今年のVプレミアリーグで優勝を争った2チームによる優勝決定戦となった。

久光製薬スプリングス
vs
JTマーヴェラス


勝つべくして勝ったかというと
必ずしもそうとは言えない。

特に昨日の岡山シーガルズとの
最終セット20点を超える激闘は
黒鷲旗史上に残る歴史的な名勝負となった。

殆ど差はなかったが
「岡山なめんなよ」という意地は見せて貰った。

もしかしたら、JTが勝ったのは
「プレミア準優勝なめんなよ」
それだけだったのかもしれない。

ただ、あそこまでいくと実際は紙一重。

この両チームは来季
同一リーグでの闘いが待っている。

根性比べといったところ。


では、改めて昨日の結果について…。


IMG_20180504_200638

デンソーエアリービーズ 
0-3
(23-25 22-25 21-25)
○久光製薬スプリングス



DcU10K7VwAAHXCC

岡山シーガルズ
2-3
(25-23 25-21 20-25 22-25 21-23)
○JTマーヴェラス
     



_20180407_183818
 

_20180505_065525



各チームの登録選手はこちらから→


※岡山シーガルズは宮下遥選手と田口絢佳選手の登録が変更されています。



説明するまでもなく、久光製薬スプリングスとJTマーヴェラスは2017/18Vプレミアリーグの優勝を争った両雄。

DSC02459


勿論、両チームともにフルメンバーではないが、今季の対戦成績を見てみる。

・レギュラーラウンド

○久光  
3-2 
(23-25 23-25 28-26 25-13 15-13)
JT


○久光
3-1
(24-26 25-22 25-16 25-23)
JT  


○久光
3-0
(25-18 25-22 25-21)
JT


・ファイナル6

DSC01897

久光
0-3
(22-25 20-25 17-25)
○JT


・ファイナル

DSC02304


○久光
3-0
(9-25 20-25 21-25)
JT

○久光
3-0
(14-25 21-25 20-25)
JT


久光製薬スプリングス:5勝1敗

今季優勝を争った両チーム。
公式戦で唯一土を付けたのはJT。
サーブの強化が顕著でストレート勝ちを収める。
名実ともにナンバーワン決定戦となったファイナルでは、ブロックとサーブの強化を果たした久光がキッチリとリベンジを果たし、ともにストレートで勝利し、日本一の栄冠を勝ち得ている。

_20180318_073625


返り討ちか?
リベンジか?

宿命のライバル対決、決勝戦。
龍虎再び、合いまみえる。



・第五日・決勝トーナメント準決勝



・今日の対戦カード

_20180430_125401

11:00〜 

女子決勝戦

 久光製薬スプリングス
0-3
(20-25 23-25 19-25)
○JTマーヴェラス 

※JTマーヴェラスが優勝

DSC_0112

 
DSC03518


・久光製薬スプリングスのスターティングメンバー

・レフト:今村優香選手、加藤光選手
・ライト:浮島杏加子選手
・センター:森谷史佳選手、金森晴香選手
・セッター:栄絵里香選手
・リベロ:田浦優歌選手


・JTマーヴェラスのスターティングメンバー

・レフト:橘井友香選手、林琴香選手
・ライト:金杉由香選手
・センター:小川杏奈選手、橋本梨沙選手
・セッター:田中美咲選手
・リベロ:小幡真子選手


DSC03458

DSC03423

13:30〜

男子決勝戦 

DSC_0114

DSC03546

DSC03536

○パナソニックパンサーズ
3-1
(25-19 25-22 25-27 26-24)
ジェイテクトSTINGS

DSC03672

DSC03674

※パナソニックパンサーズが優勝

※結果は随時、更新いたします。準決勝からチャレンジシステム導入のようです。

毎日放送のライブ配信があります。⇒黒鷲旗ライブ配信。



・表彰式

DSC03684

DSC03686

DSC03685

男子優勝:パナソニックパンサーズ 
男子準優勝:ジェイテクトSTINGS


DSC03687

DSC03688


女子優勝:JTマーヴェラス
女子準優勝:久光製薬スプリングス



若鷲賞(新人賞)

男子:西田有志選手(ジェイテクトSTINGS)
女子:林琴奈選手(JTマーヴェラス)

 
敢闘賞

男子:西田有志選手(ジェイテクトSTINGS)
女子:今村優香選手(久光製薬スプリングス)



黒鷲賞(最高殊勲選手)

男子:ミハウ・クビアク選手(パナソニックパンサーズ)
女子:金杉由香選手(JTマーヴェラス)



・ベスト6

男子

深津英臣選手(パナソニックパンサーズ)
大竹壱青選手(パナソニックパンサーズ)
ミハウ・クビアク選手(パナソニックパンサーズ)
山内晶大選手(パナソニックパンサーズ)
西田有志選手(ジェイテクトSTINGS)
浅野博亮選手(ジェイテクトSTINGS)
永野健選手(パナソニックパンサーズ)


女子

金杉由香選手(JTマーヴェラス)
田中美咲選手(JTマーヴェラス)
林琴奈選手(JTマーヴェラス)
小川杏奈選手(JTマーヴェラス)
今村優香選手(久光製薬スプリングス)
浮島杏加子選手(久光製薬スプリングス)
小幡真子選手(JTマーヴェラス)