バレーボールって年間でオフシーズンがないので、国内外どこかしらで何らかの大会が行われています。

image


こんなスポーツあんまりないです。
プロ野球もWBCが行われるようになって、オフがなくなりましたが、あれも全員ではありません。

全日本みたいなもんですね。

で、9月のグラチャンが終わると、全日本の活動が終わります。

バレーボールの大まかなスケジュールは…

Vリーグ終了

全日本シーズンイン(9月ぐらいまで各種大会)

黒鷲旗

サマーリーグ/インターハイ

国体

Vリーグ

全日本インカレ

天皇杯

春高

(プレミア)ファイナル6

(プレミア)ファイナル3・ファイナル

全日本

image


こうして考えると、バレーボールのサイクルは山手線のように無限ループなんですが、この中にジュニアやユース、世界クラブ、アジアクラブ選手権が入り、各種大会が行われます。

今年のVリーグはチャレンジマッチがないので
ある意味つまらない部分もありますが、ちょっと想像しずらいです。

というのも、ホームアンドアウェイ形式を取り入れた大会スケジュールとなっており、東京近郊での試合が少ないため、NECのカードに人気が集中しそうです。

個人的な話で申し訳ありませんが、筆者は千葉なので、いけそうな大会をピックアップすると…。

image



・Vプレミア

10/28・29 ひたちなか市総合運動公園総合体育館

11/18・19 川崎とどろきアリーナ

12/2・3 日立市池の川さくらアリーナ

12/9・10 深谷市総合体育館(ビッグタートル)

1/13・14 サイデン化学アリーナ(さいたま市記念総合運動公園体育館)

1/20・21 大田区総合体育館

2/24・25 川崎市とどろきアリーナ

3/17or 18 東京体育館


これがチャレンジリーグⅠになると…。

・チャレンジリーグⅠ

なし


・チャレンジリーグⅡ

11/11・12 港区スポーツセンター

11/25・25 柏市中央体育館(ワンマッチ興行)
高崎市浜川体育館

2/3・4 ヤマト市民体育館前橋

2/10・11 江戸川区スポーツセンター

関東はあるにはあるものの、チャレンジリーグⅠはゼロで、地元柏はワンマッチ興行。
なんか極端…。

贔屓チームがハッキリしている人はともかく、ない場合は余程いいカードでない限り、二の足を踏んでしまうケースが増えるでしょう。

それに久光や東レなど関西系のチームの試合は来季を持って見られなくなってしまうんですね…。

ファイナル6に万が一出られなかったら、一年後です。

うーん…。

image



この形式になると色々なチームの試合を見るということが少なくなるので、そろそろ特定チームを応援すべきか、考え中。

その前にスーパーリーグのラインナップがどうなるか…。

さぁて、来季はどのカードを見に行くか?
思案中…。