今月8月21日(月)から28日(月)まで実施される、学生版オリンピックとして親しまれるユニバーシアード競技大会の出場メンバーが発表されました。

li_1488382042-151651248


ユニバーシアード(Universiade)とは、国際大学スポーツ連盟(略称 FISU)が主催する総合競技大会。全世界の学生たちが集まり、一般に「学生のためのオリンピック」といわれています。

日本は前回大会となる2015年にて三位決定戦でブラジルを破り銅メダルを獲得。今回もメダル獲得の期待が高まっています。

第29回ユニバーシアード競技大会(2017/台北) 女子バレーボール競技 全日本メンバー ←からJUMP



前回のユニバーシアードの銅メダルメンバーである小田桃香選手、今村優香選手、村永奈央選手、井上愛里沙選手、山内美咲選手、小島満菜美選手が参加。
形式的には前哨戦となるVTVカップ出場メンバーがそのまま出場する形となります。




CIpr0w3VEAA510o


※写真は前回の28回代表メンバー。


・開催期間
2017年8月21日(月)~8月28日(月)

・開催地
台北(チャイニーズタイペイ)

①: National Taiwan University Sports Center
②: Army Academy R.O.C Gymnasium
③: National Taiwan Normal University Main Campus Gymnasium
④: National Tsing Hua University Gymnasium
⑤: Chinese Culture University Gymnasium

試合会場は男女共通

・参加チーム
A組
チャイニーズタイペイ、コロンビア、チェコ、フランス

B組
アルゼンチン、カナダ、スイス、ウクライナ

C組
日本、ラトビア、タイ、アメリカ

D組
ブラジル、フィンランド、メキシコ、ロシア

・資格
①1989年1月1日から1999年12月31日までに生まれた選手
②大学/大学院に在学中、もしくは今年/前年に卒業した選手
 (日本の大学・大学院の場合は文部科学省管轄に限る)

・競技方法
・出場16チームがA、B、C、D組に4チームずつ分かれ、予選リーグ戦(1回総当り戦)を行う。
・各組の上位2チーム(計8チーム)がクウォーターファイナルラウンド(1-8位)・下位2チーム(計8チーム)が同ラウンド(9-16位)に回る。
・クウォーターファイナルラウンドの結果をもとにセミファイナルラウンド、ファイナルラウンドを行って1位から16位までの順位を決定する。

・順位決定方法
①勝点(※)
②2チーム以上が同じ勝点で並んだ場合、順位決定の優先順位は下記の通り
 (1)勝敗数
 (2)セット率(セット率=総得セット/総失セット)
 (3)得点率(得点率=総得点/総失点)

※1試合で与えられる勝点について
 セットカウント3-0または、3-1で試合が終了した場合: 勝者に3ポイント、敗者に0ポイント<
 セットカウント3-2で試合が終了した場合: 勝者に2ポイント、敗者に1ポイント


大会日程 ←こちらからJUMP

日本はC組で参加。
初戦は8月21日(月)15:00(現地時間)にてアメリカと対戦します。



今回のメンバーはうち7名がVリーグの精鋭陣。
まさにベスメンでの参加で、今回もメダル獲得への期待が膨らみます。

尚、ユニバーシアード大会については、当ブログでフォローさせて頂きますのでご了承下さい。