元気があれば、何でも出来る
とは、かの有名なアントニオ猪木さんの言葉。

元気は回りにエネルギーを与え、チームをもり立てる。

最下位に沈んだ2015/16シーズンのVプレミアリーグ。

僅か一年で上尾メディックスは、再びVプレミアリーグのコートに帰ってくる。

元気ハツラツ、エネルギッシュなムードメーカー。

近藤志歩選手。

image


トレードマークは低い体制から天井に振り上げる弾丸ジャンプサーブ。

彼女は神奈川県の名門校・川崎橘高校出身。
先輩にはかつて上尾でともにサーブレシーブの軸として活躍した吉村志穂選手。

青山学院大学、そして東海大学と異なる進路へ進んだ二人は上尾メディックスで再会。

しかし、この数年で上尾メディックスは随分人も入れ替わった。
吉村選手もいなければ、土田選手も、関舞選手も、荒木絵理香選手もいない。

image


そんな中、今でも変わらず、近藤選手はチームを鼓舞し続けている。

バレーボールはチームスポーツだ。
外へ発散するエネルギーが強い選手は、チームにとっても重要。

同じパスヒッターの近江あかり選手。
彼女はコートで闘志を剥き出しにし、同時にムードメーカー。
存在感が物凄くある。

近藤選手はハッスルプレイで沸かせ、チームを鼓舞し、ダイナミックなサーブで上尾の反撃の狼煙を上げる。

特に昨年はカルデロン選手という突出したアタッカーがいて、その側面を固めるパスヒッターとして重要な役割を担った。

上尾の泣き所はサーブレシーブ。
かつてVプレミアリーグでも苦しんだこの側面を山岸選手とともに担う。

image


上尾は20勝1敗という好成績ながら、デンソーとのストレート負けが響き、僅差で準優勝となった。
しかし、その鬱憤は岡山シーガルズとのチャレンジマッチで晴らされる。

初戦を1-3で落とし、後がない中、上尾は起死回生のストレート勝ちで勝利を収める。
この試合で上尾は、カルデロン選手一本鎗の攻撃を反省し、松本、荒木、近藤選手へトスを散らし、的を絞らせずに勝利した。

image


もろ手をあげてのプレミア復帰を果たした近藤選手はオールスター戦にも出場。
デンソーと上尾の試合と揶揄されながら、満面の笑顔でこれに応えた。

image


その明るさが何よりの魅力。
来期、満を持してプレミアに復帰する中、切り込み隊長は彼女しかいない。

チームは新体制発表前。
若返りが進む中で、来季どんなラインナップで挑むのか、まだ分からない。

勿論、その先頭は決まっている。

来季再び、Vプレミアリーグのコートでブルーのユニフォームが席捲し、パッションが弾け飛ぶ。

image


コートを舞う近藤選手の勇姿とともに。