いよいよ東京オリンピックに向けての動きが顕著だ。

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は17日、各国オリンピック委員会(NOC)に対して大会概要を説明する「NOCビジット」を開き、日本の競技団体に初めて説明会を行った。場所は選手村整備地である東京・晴海埠頭。多くのクレーン車が工事を進める中、日本オリンピック委員会(JOC)や34の競技団体が説明を受けた。全日本女子バレーボールチームの中田久美監督もこれに参加した。

中田監督


JOC強化本部副本部長の高田裕司氏は「できれば日本選手に使いやすく、有利な形にしてほしい」と希望。
中田久美監督は「現役時代はできあがったところに入っていたが、監督として準備段階で説明が聞けて良かった」と述べた。

組織委によると「NOCビジット」は昨年11月から随時開催し、利用した国は米国、英国、フランス、オランダ、スウェーデン、カナダ、ブラジル、オーストラリア、ニュージーランドなどで、日本が20カ国目。約1週間に1度のペースで訪問予定があるという。

過去の大会でも選手村の居住区画について「食堂に近い」「バス停に近い」「静かな場所」などと各NOCで希望がさまざまあった。東京大会でも今後、その調整をしていく。

着々と外堀が埋まっていく中、まだまだ稼働は先の全日本女子バレーボールチーム。
毎日様々な記事を着手して思うことは、知名度というのは大切で、やはりスポーツは強くないとダメだと感じる限り。

ところで、気掛かりなことがいくつかあるのかだが、
次の全日本を担う長岡望悠選手の状態だ。

image


ファイナル6の最終戦、NECレッドロケッツとの一戦で膝を抱えてうずくまってしまった。

その後、オールスター戦は勿論、その他の公式行事にも一切参加していない。

その時の状態からして、軽いものではないことは容易に判断出来るが、その後の状態はどうなのだろう?

大変気掛かりです。

長岡選手には久光のエースとしてのみならず、全日本のエースとして活躍して貰わなくてはならない存在。

中田久美監督も、「私のバレーは長岡抜きには考えられない」と絶大な信頼を寄せるだけに気掛かりだ。

まだ先の話なので何とも言えないが、その分、他の選手にはチャンスが巡ってくるが、今年は江畑選手も迫田選手もいない。

生粋のオポジット不在、となると現在の全日本では同じサウスポーの堀川選手のみ。

image


昨年までとはかなり変わった形になりそうだ。


そしてもうひとつ、疑問がある。

どうしてバレーボールの世界は秘密主義というか、物事を内密にしたがるのだろうか?

今年、Vリーグ機構では移籍公示リストや追加登録選手、スタッフ一覧というものを提示してくれるようになった。

見る側はドキドキだが、この公示のお陰で移籍選手などの詳細が分かりやすくなった。

それは大変良いことだ。

だが、MLBでも故障者リストのようなものがあり、選手がどんな状態はなのか分かるようになっている。

image

※ダルビッシュ選手の復帰を願う地元ファン。



また、NPB(日本野球機構)では一軍登録公示や登録抹消選手を公示しており、現在、一軍にいる選手が誰なのかを分かるよう情報開示している。

image


バレーボールの場合、そうしたシステムがないから、いきなり選手がチームを離れても全く原因が分からず、殆どの場合、理由すら分からない。

主力選手の欠場は、成績を左右するから公表したくない気持ちは分かるし、戦略的なものを内密にするのは分かるはなしだが、何だかセコイな、と思わざるを得ない。

今後、変えていかなくてはならないのは、そうした部分ではないだろうか?

長岡選手の状態が分からず、気を揉んでいる方は沢山いるだろうし、他の選手でもそう。

今の日本、何でもかんでも白黒つけたがる傾向があるが、それとこれとは違う気がする。

出来ることなら、早急に改善してもらうのが好ましい。