彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

2017年05月

ゴルフの宮里藍選手の引退が取り沙汰される中 オリンピックのメダリストである迫田さおり選手の引退は、バレー欄にわずかに掲載される程度です。 残念ながら、これがバレーボールの現状。 とはいえ、多少は明るい話題もあった。 日本バレーボール協会は30日、東京都内で
『バレーボール夜話 Vol.222 外国人選手へのオマージュ』の画像

V:リーグよりスーパーリーグの全容について、一応の見解が発表された。 これによると、現行のVリーグは2018/19シーズンより下記のように移行する。 既に伝えられている通り、トップリーグS1リーグは全12チーム。 カンファレンス制に基づき、東西6チームずつに分
『Weekly Volleyball増刊 特集:スーパーリーグ①』の画像

いやー、一瞬冷や汗かいた。 中大路選手のサーブがアウトとなり、さすがにこれまでかと思ったが、さすがは久光。百戦錬磨。 カザフスタンとのスリリングな大接戦を制し、見事に決勝進出を決めた。 相手はU-23アジア選手権と同じタイとの一戦。 加藤選手とアチャラポーン選
『Weekly Volleyball アジアクラブ選手権 決勝戦』の画像

何だか、今になって悲しくなってきました。 この前は騒ぎが大きくなりすぎて、悲しむ暇もなかった、それが本音です。 正直、退団の話など、嬉しい筈もありません。 ましてや、贔屓の選手が辞められて、嬉しい筈がありません。 勿論、迫田選手の勇退です。 ただ、迫田選
『バレーボール夜話 Vol.221 ありがとうございました。』の画像

大変悲しいお知らせです。 東レアローズの迫田さおり選手が勇退を決意されたとのことが、正式にチームの方から発表されました。 今年の黒鷲旗大会ではサーブレシーブにも挑み、新しい試みを見せていただけに、この知らせはショックでした。 迫田さおり選手のコメント
『〜リオの勇姿、永遠なれ〜 迫田さおり選手勇退、中道瞳選手退団へ。』の画像

とにもかくにも、ベスト4。 今日、日本の久光製薬スプリングスはAltay(カザフスタン)と対戦する。タイともフルセットの接戦を演じており、これまでの相手と違い高さがあるので要注意。 いよいよ勝負は大詰め。 準決勝。 ※大会概要はこちらからJUMP ※大会日程はこ
『Weekly Volleyball アジアクラブ選手権 準決勝』の画像

日本を覆う情勢が剣呑な中、現在の日本というのは、とかくネガティブな話題が多く、いささか神経過敏になりがち。正直、いつミサイルが飛んでくるかもわからないのに、悠長にバレーボールの話をしていてよいのだろうかと思うことが多くなった。 正直、明るい内容にしたいも
『バレーボール夜話 Vol.220 世界の、日本のどこかで』の画像

佐藤琢磨選手、インディ500優勝おめでとうございます。 日本人としては勿論初。 これで日本は世界三大レースと言われるモナコグランプリ、ル・マン24時間、インディ500のうち、二つ目の勝利を成し遂げたことになります。 F1からインディに転戦して、はや8年目、40歳を迎え
『Weekly Volleyball アジアクラブ選手権 準々決勝』の画像

やっぱり、全日本が始まるとバレー界が別物になります。 毎年そうですが、この時期になると急にアクセスが増えます。 嬉しい反面、過激な人も増えるので、それもバレー熱とは解釈してますが、一過性という側面は否めません。 だから、極めて一過性になりがちな「全日本
『バレーボール夜話 Vol.219 1/730』の画像

全日本女子バレーボールチームの活動が明確化し、これ以降は、バレー界が「全日本」と「全国のバレー界」に枝分かれします。 Vリーグはこれから来季に向けた新体制作り、そして引退、退団、移籍、新外国人選手の獲得も含め、これより人事の話題が多くなります。 そして、
『Weekly Volleyball アジアクラブ選手権とこれからのバレーボール日程』の画像

↑このページのトップヘ