彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

2016年11月

冷や汗をかいた。 自分のことでもないのに 一瞬固まった。 2016/17 Vプレミアリーグ開幕戦 PFUブルーキャッツvs東レアローズとの試合でのことだ。 試合中転倒したその選手は動かない。 プレイが終わった後、心配した木村沙織選手や迫田さおり選手が駆け寄り、その選手
『月刊 江畑幸子』の画像

正直、何でもかんでもカタカタを付けたがる、日本の舶来コンプレックスが好きではない。 近頃では「ヌーハラ」とか言う言葉が飛び出し、なんだそれ? と思った。 「セクハラ」からはじまり、「パワハラ」。 まあ、この辺りまではいいとして 「マタハラ」とかどんどん増え
『バレーボール夜話 Vol.36 世代交代』の画像

早いもので、Vプレミアリーグはファーストレグが終了した。 チャレンジリーグⅠは、デンソーvs上尾の全勝対決は息詰まる死闘の末、デンソーに軍配。 ファーストレグは今週末の4試合で終了する。 チャレンジリーグⅡは、ブレス浜松とトヨタ自動車ヴァルキューレ。2チームが
『Weekly volleyball 11/21〜① Vプレミアリーグ編』の画像

すんごいものを見た。連日JTの話題で申し訳ないが「なんだこのチームは、ただものじゃない」そう思わざるを得なかった。もちろん、今日の日立戦だ。正直なところ、第一セットこそJTが先制したものの。日立のほうが優勢で、この試合は日立が勝つだろう。そんな風に見ていた
『バレーボール夜話  Vol.35  〜すんごい試合〜』の画像

記事が長くなりすぎたので、二つに分割します。 ■今日の試合 ・Vプレミアリーグ 7位.東レアローズ 1勝5敗 (勝ち点4(-)) 0-3(20-25 17-25 20-25) 4位.NECレッドロケッツ 3勝3敗 (勝ち点9(-)) ・東レアローズのスターティングメンバー ・サイド:木村沙織選
『Weekly volleyball Vリーグ第四週二日目/9人制選手権②』の画像

久光、日立が1敗を守り デンソー、上尾が全勝を守る そして、GSSが全勝を守る。 ここで各リーグの状況を整理してみる。 ■ Vプレミアリーグ 1位.久光製薬スプリングス 5勝1敗 (勝ち点15(↑)) 2位.日立リヴァーレ 5勝1敗 (勝ち点14(↑)) 3位.J
『Weekly volleyball Vリーグ第四週二日目/9人制選手権①』の画像

バレーボールって、何でこんなに面白いんだろう。 そう思った。 バレーブログをやり始めて、足掛け3年。 誰に言われるまでもなく、勝手にやり始めて。 知らないうちに、変な義務感に駆られて。 誰も望んではいないのに 勝手にやり始めたものが 知らないうちに重荷になって
『バレーボール夜話  番外編  〜バレーボール徒然草〜』の画像

関東地方は生憎の雨。 肌寒い天気の中、会場に足を運ばれるファンの試合は方々は大変ですが、いよいよVプレミアリーグはファーストレグ最終週。 そして、今日はチャレンジリーグⅠ、Ⅱ。そして全日本9人制バレーボール大会と大わらわ。 さあ、行ってみようか。 ■V
『Weekly volleyball Vリーグ第四週初日/9人制選手権』の画像

どうなんだろう、プロリーグ?当初の期限である11月末が迫ってきて、様々な話が錯綜している。正直、中田久美監督の就任問題の時と一緒で、形になるまでは様々な話が飛び交うだろう。昨日、新リーグ「スーパーリーグ構想」の参加表明締め切りについて、1ヶ月延長されること
『バレーボール夜話 Vol.34 最終的にプロリーグへ進むチームは?』の画像

世界的にも世代交代が進むバレー界。 これらを世界の主要選手を含め世代別に分けるとどうなるか、検証してみる。 特に今回はU-29、29歳以下25歳までを対象にしてみる。 ・1987年生まれ 印田愛選手(29)JTマーヴェラス 4月3日生まれ タイーザ・メネシス選手(29)ブ
『ザ・同世代② (U-29)』の画像

↑このページのトップヘ