彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

2016年10月

※下記は全てフィクションです。 「もっとお小遣い欲しいよー」 「しょうがない子だねえ」 (故いかりや長介さんがコントの締めに) 「ダメだこりゃ」(一同コケる) 「さっきだるまさんが転んだで動いたよ」 「えー、止まってたと思うんですけど」 「あた
『注文の多いバレーボーラー』の画像

「分かりやすさ」と「明確さ」は大事だ。 勿論、バレーボールでも重要。 そして 下記が大事なのである。 大義名分 例えば戦争は闇雲にやるものではない。 自分達の正統性を主張し、それを理由に 宣戦布告する。 大義名分のない戦闘行為は ただの殺戮や暴動でしかない。
『Weekly Volleyball 10/10 〜【side two】』の画像

日本人は球技が大好き。 野球、サッカー、バスケットボール、卓球、ゴルフ、そしてバレーボール。 このうちの過半数が瞬発力を要する。 子供のうちから慣らされていればともかく、大人になってから始めるのは至難の業。 日本ではバレーボールはママさんバレーが盛んだっ
『バレーボール夜話 Vol.5 〜ブローアップ〜』の画像

とにかく、何だかせわしない今のバレー界。 今週は人事を巡る大きな話題が立て続けに二つ起こった。 こうした最中、世間では、時代を先どった吟遊詩人、いやフォークシンガー、ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞。 彼の偉大なる才能を思えば、別段取り立てて凄い
『Weekly Volleyball 10/10~ 【Side one】』の画像

昔の読み物、雑誌や読み物なので「編集後記」というのがあります(今でもあるのかな)。 新聞で言う社説や、漫画雑誌などでは著者が最近の出来事、自分の作品のPR。編集者が裏話や失敗談を語る、アレです。 毎日あれやこれやとアップしてますが、取り合えず「彼女はバレ
『バレーボール夜話 Vol.4 番外編 ~編集後記~』の画像

どうもこのところ、バレー界がバタバタしている。 本来であれば、全日本女子バレーボールチームに関する話題はこのブログが管轄ではない。だが、あくまで「見通し」ということなので、ご了承頂きたい。 今朝、こんな記事が賑わした。 〜【バレー】中田久美氏、女子日本代
『「引退」と「就任」二つの「IF」。』の画像

写真を見た瞬間、“うわーっ”て思った。ワールドグランプリ2009。当時の登録メンバー。1栗原恵(24/パイオニア/WS) 2河合由貴(19/JT/S) 3竹下佳江(31/JT/S) 4井上香織(26/デンソー/MB)※全日本初選出 5森和代(32/シーガルズ/MB) 6佐野優子(29/久光
『バレーボール夜話 Vol.3 ~あの時君は、若かった。WGP2009~』の画像

女子バレーボールの世界は、ある意味一般人に近く、ある意味渡世離れしている。 その理由は色々あるのだか、概ね「大きい」ことに起因する。 日本の球技で、長身選手は概ねバレーボールとバスケットボールに二分される。 かつてツイートで「随分昔のことだが、新百合ヶ丘
『ここが変だよ。女子バレーの世界。3rd  〜心優しき現代版ガリバー旅行記〜』の画像

木村沙織選手の引退が取り沙汰されて 1日が経過した。 彼女の存在感の大きさを改めて実感する。 同時に芸能人の結婚と同じ扱いとなると 少々複雑。 厳しくもこれが今の バレーボールの扱いなのだ。 そんな日本バレーの最高峰はVリーグ。 全日本が頂上であるが、メンバ
『バレーボール夜話  Vol.2〜集団生活の良さ〜』の画像

昨日の夜、木村沙織選手のLINEブログにて 「ご報告」なるタイトルが掲げられた。 通常、こうしたタイトルをつける場合、「結婚」、「出産」、そして「引退」などが大半。 だから、即座に「まさか」と思ったが、その「まさか」だった…。 それでも、心のどこかで、ただの
『木村沙織選手の「ご報告」に寄せて』の画像

↑このページのトップヘ