彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

2016年10月

久光製薬スプリングスがバンコク・グラスを相手に、世界クラブ選手権で念願の初勝利を収めた。 仮にもバンコク・グラスは全日本女子バレーボールチームが手を焼いた、 タイの代表選手を多く抱えている。 それをここまで勝ち切るのだから、久光製薬スプリングスの面目躍如
『バレーボール夜話  Vol.9 〜勝利への切符〜』の画像

早々と予選ラウンドでセミファイナルラウンドの進出が閉ざされてしまった久光製薬スプリングス。 世の中、上には上があるということを再認識させられる大会となった。 現実は極めて厳しいが、今日の相手は勝てない相手ではない。 最も、近年日本の強力なライバルとして
『FIVB世界クラブ選手権 第三戦』の画像

~これ、どうやって倒すの?~ 何だか連日禅問答みたいになってきた。 余りの強さに開いた口が塞がらない。 勿論、連日世界のトップクラスをぶつけられる世界クラブ選手権の話だ。 懸命にディフェンスする久光製薬スプリングス。しかし高さに阻まれ得点できず、打っても
『バレーボール夜話 Vol.8〜成功と失敗〜』の画像

連日、世界のオールスターとの対戦となる世界クラブ選手権。久光製薬スプリングスはこれが予選ラウンド第二戦。 これでもか、これでもかとアタックを打ち続け、ネットを越えなかったりした。 それでもチームは諦めない。 懸命にボールを拾い続け、手替え足替え、様々な方
『FIVB世界クラブ選手権 第二戦』の画像

~あれは反則だよ~今日の世界クラブ選手権のワクフバンク・イスタンブール戦を見て思った。全日本と闘っても30点ぐらい取る選手がゴロゴロいる。 でも、よく考えると、あれがプロ。世界でも名腕のバレーボーラーが一同に介す。それも、リオデジャネイロオリンピックの金メダ
『バレーボール夜話 Vol.7   ~目の当たりにした世界の壁~』の画像

2015/16シーズンにおけるVプレミアリーグ・チャンピオンチーム、久光製薬スプリングスが世界列強のクラブチームに挑むFIVB世界クラブ選手権。 今年はマニラ(フィリピン)の地にて執り行われる。出場チームは以下の通り。 参加チームは全8組。4チームずつA組、B組に分か
『FIVB世界クラブ選手権第一戦』の画像

今日はVリーグ記者会見の日。池袋サンシャインシティ噴水広場にて「2016/17V・プレミアリーグ女子公開記者会見」を開催。既に世界クラブ選手権に向けて現地入りしている久光製薬スプリングスを除く7チームが会見に挑んだ。その久光製薬スプリングス。今日は前日記者会見に
『照れる替え歌。~なっちゃん~』の画像

今年の日立リヴァーレのテーマをつけるとしたら、ズバリ「チャレンジ」だ。 実はこのキーワード、JTマーヴェラスの吉原監督も同じ言葉を残している。 来季は昨年と2チーム入れ替わっている。 監督も2チーム入れ替わっている。 昨年までと同じではない。 日立リヴァ
『隔月刊 We ♥ Hitachi Rivale 【side B】』の画像

プロレスはショーである。 鍛え抜かれた体と技術で観衆を魅了する。 この場合のショーとは ただの見世物とは訳が違う。 どこまで本気でどこまでが手加減なのか分からない。 「これはマジ?」 観客にそう思わせた段階で レスラーは観客を掌に乗せている。 これぞプロフェ
『バレーボール夜話  Vol.6〜真似して欲しい、プロレスの要素〜』の画像

今季は真価が問われるシーズン。 ペイオもいない。 佐々木美麗選手もいない。 ムックさんもいない。 今年は昨年よりも群雄割拠。 欲しいのは昨年以上。 チーム悲願の優勝へ。 日立リヴァーレ。 そのこれまでの歩みを振り返る。 日立リヴァーレは、Vプレ
『隔月刊 We ♥ Hitachi Rivale 【side A】』の画像

↑このページのトップヘ