彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

2016年10月

正直、批判記事を書くのは好きではない。原則、選手や管理者側への批判は書かない。それを読むことにより、読み手側が不愉快になるからだ。何より、下世話なことにあまり興味がない。ただ、時には苦言を呈する必要もある。このまま放置しておいても何も変わらないと判断した
『バレーボール夜話 Vol.12 ~極端に遅い管理媒体と迅速な管理媒体~』の画像

近頃私たちは いい感じ 悪いわね ありがとね これからも よろしくね もぎたての果実の いいところ そういうことにしておけば これから先も またいい感じ もしも誰かが 不安になったら 助けて上げられなくはない 上手くいっても ダメになっても
『Vプレミアリーグ開幕スペシャル 〜これが私の生きる道〜』の画像

バレーボーラーは数多くの修羅場を潜っている。勝ち負けが掛かった場面。 勝負どころでのサーブレシーブ。 ここ一本のトス。 相手ブロックに付かれた時の二段トス。 そして、ブロックの隙間を掻い潜り、打ち抜く。 上手くいくことばかりじゃない。 数えきれないほどの失
『バレーボール夜話  Vol.11〜プレッシャーと価値〜』の画像

何だかんだで日本のプロスポーツの中で一番メジャーなのはプロ野球だ。 勿論、プロ野球ファンといっても同じではない。 12球団ある。 阪神ファンの集まりの中でうっかり巨人の話をしようものならば、たちまち居場所がなくなる 阪神ファンのたまり場の飲み屋さんやスポー
『ここが変だよ。女子バレーの世界。4th ~バレオタ~』の画像

やはり、この選手は世界の舞台が良く似合う。 舞台は2016世界クラブ選手権。 彼女は初戦、エジザシュバシュ・ヴィトラ戦、そして最終戦となったレクソナSesc戦で特に活躍。最終戦では久光のベストスコアラーとなった。 彼女は要所で活躍する。 昨年のVプレミアリーグ開
『月刊 新鍋理沙』の画像

長くもあり、みじかくもあった世界クラブ選手権もいよいよファイナル。 久光製薬スプリングスは今日、5ー6位決定戦でブラジルのレクソナSescと対戦する。 この後、間髪入れずVプレミアリーグの開幕戦が待っている。 ここを勝って開幕戦の弾みを付けたい。 FIVB世界ク
『FIVB世界クラブ選手権ファイナル/順位決定戦』の画像

バレーボーラーと言っても皆同じという訳ではない。 インタビュアーも思わず…。 三人は一体、何を見つけたのでしょうか…。 親子ほどの身長差も…。 まるで少女マンガから抜け出てきたような… 二人ともトルコリーグにいたんだ。凄いよね…。 なんじ
『大きなノッポのバレーボーラー』の画像

世界クラブ選手権もいよいよ佳境 セミファイナルラウンドには以下のチームが勝ち残った。 ・A組 エジザシュバシュ・ヴィトラ(トルコ) ポミ・カサルカマジョーレ(イタリア) ・B組 ヴォレロ・チューリヒ(スイス) ワクフバンク・イスタンブール(トルコ) 以上がベス
『世界クラブ選手権 セミファイナルラウンド/順位決定戦』の画像

出世試合と言うのがある。 所謂、ブレイクの時。 2013年のグラチャンは 多くの選手の分岐点となった。 まず、石井優希選手。 開幕戦のロシア戦でオポジットに抜擢。 試合は3ー1で勝利し、ベストスコアラーに。 石井選手は腰の故障で欠場の江畑選手の穴を埋める大活
『バレーボール夜話  Vol.10 〜ブレイクの時 2013年グラチャン〜』の画像

今日は中1日という形で休養の久光製薬スプリングス。この試合が全て終了してから、予選の最終順位と対戦相手が出揃う。嵐の前の静けさというやつだ。昨日はヴォレロ・チューリヒ(スイス)とワクフバンク・イスタンブール(トルコ)と、レクソナSesc(ブラジル) 2-3 エジザ
『FIVB世界クラブ選手権 第四戦』の画像

↑このページのトップヘ