彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

2016年10月

昔は石焼きいもやとうもろこしの屋台や軽トラが来ると、妙に嬉しかったりした。 特にこれが来ると、冬の風物詩だった。 ファーストフードという言葉が珍しくなくなったが、日本にもファーストフードはある。 石焼きいも然り、とうもろこし然り、屋台のおでんやラーメン、
『バレーボール夜話  Vol.17 ~懐かしい風情~』の画像

さすがに珍しい現地観戦となったので、本当に夜話となってしまいました(笑) 年間に両手で余るぐらいしか観戦しないのでご勘弁を。 たった3試合、されど3試合。 色々なことがありました。 やはり直接見ると気づくことが沢山あります。 まず、東レvsPFU。 木村美里選
『バレーボール夜話  Vol.16〜復活と心配〜』の画像

久光製薬スプリングスが白星発進した初日。 今日は3位以下のチームがすべて出揃う。 本格開戦だ。 本当の意味で今日を終えて開幕戦となる。 来年3月までの長い船旅の始まりだ。 それも、この船旅は長くて短い。 世界一周旅行が出来るぐらいの期間。 果たして優雅な道中と
『weekly volleyball増刊〜  〜Vプレミアリーグ・チャレンジリーグⅠ開幕戦②〜』の画像

まず、一試合を消化したVプレミアリーグ、そしてチャレンジリーグ。 実際、Vプレミアリーグは昨年首位の久光製薬スプリングスと2位の日立リヴァーレとの頂上決戦のみの一試合。 あれだけでは何とも言えない、というのが正直なところ。 ただ、変化があったのも事実。 例
『バレーボール夜話  Vol.15 〜まず一試合‼〜』の画像

さあ、いくさが始まる。 今日を境に、Vプレミアリーグ全8チーム。 そして、チャレンジリーグⅠ全8チームが 全国津々浦々でしのぎを削る。 仕上がりの早いチームも 遅いチームもある。 取り合えず、現時点の優劣が決まる。 果たして、そのまま行くか そうではないか
『weekly volleyball増刊〜  〜Vプレミアリーグ・チャレンジリーグⅠ開幕①〜』の画像

↑このページのトップヘ