先のチャレンジマッチにて、PFUブルーキャッツとの対戦を制し、わずか一年にてVプレミアリーグ復帰を果たしたデンソーエアリービーズ。

image


現在のVリーグは10強と言われる。
Vプレミアリーグの8チームに加え、チャレンジリーグⅠの上位2チーム。

厳密に言えば、今季のVプレミアリーグの上位6チームが日本のベスト6を形成したが、来季のことは分からない。

来季は木村沙織選手が引退し、その穴を埋められるか、東レアローズ。

また、松田監督の退任で今後がどうなる、日立リヴァーレ。

そこに割って入る以上、優勝を狙うぐらいの意気込みがないと勝ち残れない。

それは今年のPFUブルーキャッツが返り討ちに遭った事実からも明白。

勿論、デンソーにはそれを跳ね返すだけの算段もある。それを踏まえての来季である。

では、今季のデンソーエアリービーズの闘いぶりを振り返ってみる。


16641000_1175848335866076_2908338909256803587_n



■2016/17 チャレンジリーグⅠ
デンソーエアリービーズ成績

21勝2敗(チャレンジマッチ含む)

・対戦成績
上尾メディックス 1勝2敗
フォレストリーヴズ熊本 3勝
仙台ベルフィーユ 3勝
KUROBEアクアフェアリーズ 3勝
大野石油広島オイラーズ 3勝
JAぎふリオレーナ 3勝
柏エンゼルクロス 3勝
PFUブルーキャッツ 2勝*

*はチャレンジマッチ。


image




・主な個人ランキング* ベスト10圏内を記載

・アタック決定率

2位.クリスティアネ・フュルスト選手 52.2%

4位.大竹里歩選手 47.7%

6位.石井里沙選手 47.4%

7位.鍋谷友理枝選手 45.9%

10位.堀江彩選手 41.2%


image




・総得点

10位.クリスティアネ・フュルスト選手 272



・ブロック決定本数

1位.クリスティアネ・フュルスト選手 70


・サーブ効果率

2位.クリスティアネ・フュルスト選手 19.1%

3位.堀江彩選手 17.1%

5位.大竹里歩選手 15.4%

8位.鍋谷友理枝選手 13.4%


・サーブレシーブ成功率

6位.石田瑞穂選手 67.3%

7位.鍋谷友理枝選手 65.2%


・サーブ得点

2位.クリスティアネ・フュルスト選手 21

4位.堀江彩選手 16

6位.大竹里歩選手 12




■戦力分析 *以下は特集:チャレンジマッチから引用。


・攻撃力 ★★★★☆
・ブロック力★★★★☆
・サーブ力★★★★★
・サーブレシーブ★★★★★

総合評価 4.5

※チャレンジリーグⅠ・レギュラーラウンドの成績による。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

以上が今季のデンソーの大まかな戦力分析である。

やはりドイツ代表フュルスト選手が攻撃面の軸であり、ブロック、サーブでもチームの柱となっている。

image


来季もデンソーでプレイするかどうか不明だが、現在のVリーグでは外国人ミドルがトレンド。コンビに磨きが掛かれば、来季も軸として活躍するだろう。

また、サーブレシーブ成功率について石田選手と鍋谷選手が要なのは明白だが、それは中盤以降の話。

image


前半戦は若手中心の選手起用で、主力抜きの試合も多かった。特に田原愛里選手をメインセッターに据え、工藤嶺選手を積極起用。堀江彩選手のブレイクなど、若返りの一年でもあった。
後半になって小口選手や故障していた選手も復帰。有望選手を多く抱え、選手層が大幅に拡大。

image


デンソー



かなり楽しみなチームである。


・課題

総得点ランキングにフュルスト選手しかいないのは、殆どの試合、最小得点で勝利しているのでさして気にする必要はない。

image


強いて言えば、前述のサーブレシーブ。
近年、Vプレミアリーグではサーブレシーブの良くないチームが下位に低迷している。
今季よりも相手が格段に強くなるのでサーブレシーブの更なる強化は必須。
後は高速コンビ、ミドルブロッカーの得点力が鍵を握る。その点で言えばフュルスト、大竹選手のセンター線は日本屈指の強力ライン。

あとはサイドアタッカーの充実と、近年重要視されているサーブの強化が鍵を握るだろう。


・キープレイヤー

坂本奈々香選手、中元南選手

image


今季出遅れた坂本選手は既に全日本にも選ばれ、最高到達点3m04cmと高い跳躍力を誇る。Team coreの一員として東京オリンピックでの活躍も期待される逸材。

中元選手は春高にて「柏井の南ちゃん」として脚光を浴びたエース候補。こちらも最高到達点3m5cmと高い身体能力を誇る。試合出場も少しずつ実現し、故障からの完全復活が待たれる。


果たしてデンソーが、来季どのような試合を見せてくれるか? それによりVプレミアリーグの様相もかなり違ったものになってくる筈である。

ともあれ、先ずは黒鷲旗に向けて全力投球。
白と赤のユニフォームがコートを席巻する日は近い。