さあて、これからどうなるバレー界。

バレーボールは全日本が頂点のピラミッドのようなもので、全日本の人事が最優先されます。
ボクシングでいうヘビー級のようなもので、他の階級に比べファイトマネーも注目度合いが違います。

全日本もシニアやジュニア、ユースなどに階級が分かれますが、シニアの注目度合いは群を抜いています。

やはりテレビオンエアされる分注目度合いが高く、選手の名前でコールされるのも全日本シニアならでは。

17505075_1215344245249818_5819363763371991343_o


有名な「きむーらさおり」コールも全日本名物。
さて、これからは誰のコールが中心となるでしょうか?

個人的には「ながおか」コールが好きですが、現在、下の名前でコールされているのは「さりな」コールの古賀選手と「え・り・か」でおなじみの荒木絵里香選手だったと思います。

特に古賀選手はこれからの全日本を担うエース候補なので大きく成長して貰いたいです。

17436200_1215334638584112_2760166162835394180_o


まだ、試合を見ていないので何ともいえませんが、現時点のベストメンバーを考えるとどうでしょうか?

こんな布陣が考えられます。

A:
古賀(石井)  荒木     長岡
宮下       岩坂     新鍋   リベロ:佐藤あ

B:
古賀       岩坂     長岡
宮下       松本     石井   リベロ:佐藤あ


A案がもっともオーソドックスなスタイルです。
今後、ミドルは高さと機動力の双方が求められるので、高さのある松本、岩坂、荒木選手と、機動力のある島村、奥村選手を使い分けることになるでしょう。

その人選が5月以降行われることになります。

201605090009-spnavi_2016050900034_view



新鍋選手を攻守の要におくと、対角は古賀、石井選手の併用となるか、或いはB案のように石井、古賀選手を同時にコートインというスタイルです。

B案は高さと攻撃力を活かす陣形で、180、187、179、177、188、180㎝と超高層シフトになり、リベロを除くと平均181㎝とかなり高めになります。

勿論、現時点での勝手な想像ですが、今年の全日本はこうした高さのあるシフトが可能となります。
さあて、今年はどうなることやら…。




Ⅴリーグが閉幕し、ストーブリーグが顕著になります。
この時期はどうしても引退に関するニュースが多く、辛いものがあります。

そんな中、プレステージ・インターナショナル アランマーレにより人事の発表がございました。


・内定選手

櫻井 樹里 (さくらい じゅり)
背番号:4
ポジション:ウィングスパウイカー
身長:168㎝
生年月日:1987年8月14日
出身地: 埼玉県川口市
出身校: 市立川越高校→平成国際大学
特徴: 攻守バランスのとれた選手
経歴:栗山米菓Befcoビービースターズ(廃部)→仙台ベルフィーユ→GSS東京サンビームズ

・桜井選手のコメント

この度、プレステージ・インターナショナルアランマーレに入団することになりました。このような環境でバレーボールができることがとても嬉しいです。ブランクはありますが、自分自身で限界を作らず、様々なことにチャレンジしていこうと思います。個人の目標としては身長が低いので、ジャンプ力を活かし、身長をカバーできるようなプレーを目指し、子供達や見ている人が「小さくても、バレーボールは出来るんだ」と感じていただけるような選手になりたいです。チャレンジⅠへの昇格を目指し、柔軟な対応力でチームの力となれるよう頑張ります。



伊藤セレナ選手と佐藤千咲選手が3/28付でチームを退団することになりました。
 
・伊藤セレナ選手のコメント

アランマーレの1期プレーヤーとして、この2年間自分なりに取り組んでまいりました。これまで長い時間をかけて得た知識、身に付けたものを試す場所でもあったアランマーレですが自分自身を見つめ直し、人としても成長し、さらにパワーアップするために退団を決意いたしました。酒田の皆様、またファンの皆様にはいつも力になるお言葉をかけていただきました。今は感謝の気持ちでいっぱいです。
2年間、「アランマーレの伊藤セレナ」を応援していただき、ありがとうございました。これからはアランマーレの飛躍を願い、皆様におかれましては、変わらぬ声援のほどをよろしくお願いいたします。

・佐藤千咲選手コメント

この度退団させていただくことになりました。1年間という短い時間ではありましたが、応援してくださり本当にありがとうございました。今後もアランマーレへのご声援をよろしくお願いいたします。


これから退団や移籍に関する話題が多くなりますが、伊藤選手と佐藤選手のこれからのご活躍をお祈りいたします。

また、Ⅴリーグ機構から移籍希望の発表がございました。


移籍希望


出来るだけ円満な形での退団、移籍が行われ、多くの選手の活躍の場が増えることを願っています。


-・-・-・-・-・-・-・--・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

フィリピンにはプロリーグがあり、フィリピンスーパーリーガと言います。
昨年の世界クラブ選手権にも地元チームとして出場していました。

現在、神戸親和女子大が3月30日、31日、4月1日に参戦するとのことです。
宮部藍梨選手が今年入学した大学で、トヨタ車体クインシーズの村永奈央選手の母校でもあります。
先日、大林素子さんが指導にお見えでした。

神戸親和大


神戸親和大②


pslinvitationalと対戦とのことで、昨年の世界クラブ選手権でも久光製薬スプリングスと対戦しています。
よい経験となるよう、健闘を期待しています。