どうしてバレーボールの世界はすんなり決まることが少なく、間延びすることが多いのだろうか?

先日の会場問題にしろ、プロリーグ化しろ、そうである。

201510190401001-2


image



昨日、Vリーグ機構より

バレーボール界の更なる発展を目指して、2016年9月にVリーグの将来構想案である、『スーパーリーグ構想』を発表し、この構想に基づきVリーグ参加チームと議論を行い、複数のチームから『スーパーリーグ』に対する賛同と参加意向の表明があった。
そんな中、V・プレミアリーグ所属の男女全チームと一部V・チャレンジリーグのチームより、「スーパーリーグが国内のトップリーグと呼べるに相応しい競技レベルを保ちつつ、Vリーグ全体ひいては日本のバレーボール界をより一層活性化させるためには、プレミアリーグが分裂することなく、一体となって新リーグに移行できるように取り組むべき」という主旨の申し出を受けた。
本件に際し、Vリーグ機構、参加チーム/企業とも十分に認識。Vリーグ機構と参加チームが改めて課題と目標を共有した上で、当初の構想が示す一律的な運営ではなく、多様性を認め、各チーム/企業が対応しうることを前提とした議論を、『スーパーリーグ構想』の名の下で、2017年4月末を目処に2018/19シーズンからスタートする新たなリーグ構想を継続して議論することとなった。

との見解が示された。

この2つの問題、結論から言うと「お金」である。

先日ようやく終息へ向かった有明アリーナの問題にしても、各地方自治体から資金供出に対する不満の声が寄せられている。

特にプロリーグ化に関しては急進的過ぎた。

各チーム並びに母体となる各企業の資金面も含めた準備が間に合わないのである。

原案で提示された条件を満たすのに間に合わない。

各チーム側の論理も一理ある。
スーバーリーグがVプレミア、チャレンジリーグⅠ、Ⅱの寄せ集めになってしまえば、実力的に格差か有りすぎる。

結局、資金力の高いチームだけが強くなり、お金のないチームとの格差が歴然となる。

それでは見る側の気持ちが削がれ、かえって前よりも酷くなる、とこういう訳だ。

難しいのはここだ。

ただ、別の視点から見ると、全チームがそのままスーパーリーグに昇格してしまっては、プロ化が実現しただけで、それまで以前と何も変わらないことを意味している。

それでは話題性に乏しく、競争意識も芽生えない。それではプロリーグ化にした意味が失われる。


現実的な話をしよう。

Vリーグは現在、「10強」である。

image


Vプレミアリーグの8チームに加え、チャレンジリーグⅠの上尾メディックス、そしてデンソーエアリービーズ。

この10チームが力的に抜きん出ている。

スーパーリーグの当初の構想では、東西6チーム、計12チームを予定していた。

もし、Vプレミアリーグの各チームの要望通りになるのだとしたら、上記10チーム+2チームなのでは?

だとしたら、残りはどこだ?

JAぎふ、KUROBE、ブレス浜松、GSS…。

あと1つ、姫路ヴィクトリーナ。

もっとも姫路はまだ、準加盟も済んでいなければ、具体的なチーム単位の活動も行っていない。いきなりプロリーグという訳にはいかない。

もっとも、各チームの主力級が姫路に集まるなら話は別だが…。


以下は話半分で聞いて貰いたい。

もし、姫路ヴィクトリーナのエースが木村沙織選手だったら…。

logo_pc


proxy


image


監督が竹下さんでエースが木村沙織選手なら、眞鍋ジャパンそのものではないか。

ふと、そんなことが頭をよぎった。

もしここに荒木絵里香選手や迫田さおり選手、江畑幸子選手がきたり、全日本の主力級が集まったら…。

何しろ、森永乳業の全面的なバックアップも受けてるし、全日本を世界の檜舞台に押し上げた監督、OG選手が集結している。

何よりも彼女たちはバリューも経験もある。

こんなチームが実現したら、誰もが試合を見に行きたいに決まっている。

久光と闘う試合など、全日本紅白戦さながらの試合になる。

あくまでふと思った想像だが、プロリーグともなれば、選手の移籍はこれまでと違いかなり自由になる。

昨日までチームメイトも、明日からは敵。
なんてこともありえる。

あっても不思議のない話だが…。